癒やしの神、やり直しの神 進藤龍也・「罪人の友」主イエス・キリスト教会牧師

2017年1月1日17時18分 執筆者 : 進藤龍也 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+癒やしの神、やり直しの神 進藤龍也・「罪人の友」主イエス・キリスト教会牧師
「罪人の友」主イエス・キリスト教会の進藤龍也牧師
- 広告 -

癒やしの神、やり直しの神
進藤龍也・「罪人の友」主イエス・キリスト教会牧師

新年明けましておめでとうございます。

以前、エステサロンのような美容系企業のCMで、美人社長がその美貌を映し出し、「私が証拠です!」と豪語しているのを見たことがあります。

私たちクリスチャンもこのように、イエス様に愛されている「証拠」として、「私がその証拠です!」と豪語すべきだと、私は思うのです。

2016年は、薬物犯罪に関するニュースが大きく世の中を騒がしました。初犯、再犯、さらには薬物中毒が疑われる有名人のニュースも飛び込んできました。インターネットを中心に、世間では既に彼らが「社会復帰不可能」であるかのようなたたかれ方をしているのも目にしました。

しかし、2千年前にさかのぼり、イエス様が人として暮らされていた時代を考えてみてください。彼の周りには、いつも「再生不能」あるいは「白眼視された」人々がいました。やり直せる見込みもなく、やり直せる場も与えられることなんて想像もできなかった人たちが、キリストの愛を受けて「やり直した」ばかりか、多くの人に「やり直した影響」を与えたのでした。聖書には、その史実がしっかりと記されているのです。

私は、「命の恩人」であるイエス様に会いに行く喜びで礼拝をささげています。イエス様は、礼拝者を決してお見捨てにならず、私たちを孤児にすることはしないと約束しておられます。

昨日も今日も永遠に変わることのない神は、「今日」も同じ救いの神、癒やしの神、やり直しの神なのです。

私、進藤龍也を含め、イエス様を救い主として受け入れたクリスチャンは、神が生きている「証拠」だと信じています。

新しい年も、皆様の上に天からの豊かな油注ぎがありますよう祈ります。

■ 関連記事:刑務所伝道シリーズ番外編:元売人が見るASKA薬物事件

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング