トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

ノルウェー国教会、2017年から非国教会化 独立法人に

2016年12月31日00時49分 翻訳者 : 岡本告 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ノルウェー教会
ノルウェー北部の都市トロムソにあるトロムソダーレン教会。「北極教会」の名で親しまれている(写真:Henrik)
- 広告 -

国家と共に500年近く歩んできたノルウェー国教会(ルター派)が、2017年1月1日から独立法人となり、正式に国と分離する。非国教会化に伴い、同教会の監督や牧師ら聖職者1250人は公務員ではなくなり、教会も政府の機関ではなくなる。

ノルウェー国教会全国協議会のイェンス・ペッテル・ヨンセン事務局長は、ノルウェーのダグサビセン紙に対して、「私たちは、宗教改革以降、教会の最大の組織的変化に直面しています」と述べた。

しかし、教会と国家の分離が不十分だと主張する声もある。憲法改正により、憲法上の同教会に対する記述では、「国家の公的宗教」という表現が削除された。しかし、新しい記述は、「ノルウェー教会、すなわち、ルーテル福音教会は、ノルウェーの国民的教会であり続け、そのような存在として国家によって支えられる」となっている。

ノルウェー・ヒューマニスト協会のクリスティン・マイル事務局長は同紙に対し、「憲法で、ノルウェー教会はノルウェーの国民的教会であり、そして国家によって支えられるべきであると述べられている限り、私たちはなお国教会を持つのです」と述べた。

マイル氏は、新しい記述は、以前のものよりもいっそう悪く、国家を単に特定の宗教ではなく、特定の教派に結び付けていると語った。

ノルウェー国民の多くは、ノルウェー国教会に対して親近感を持っているとされているが、国民の教会出席率はわずか約5パーセントで、世界でも最も低い教会出席率の国に分類されている。今年8月には、インターネット上で教会籍の登録や取り消しを可能にしたところ、約4万人が退会する事態となった。

ノルウェーでは、教会の会員数に従って、運営のための費用が国から割り振られるため、教会が会員数を誇張することを助長してしまっている。11月には、同国のカトリック教会が、カトリック信徒が多い国からの移民の名前を許可なく使用し、会員としていたことが発覚。カトリック教会は罰金を科せられ、不正に得た額を払い戻すように命じられた。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング