国連総会、次期事務総長にグテーレス氏を任命

2016年10月17日23時46分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

【CJC】国連総会は13日、元ポルトガル首相のアントニオ・グテーレス氏を次期第9代事務総長に任命した。

同氏は、潘基文(パン・ギムン)事務総長の後任として2017年1月に就任する。任期は5年。

ジュネーブに本部を置く国連難民高等弁務官事務所のメリッサ・フレミング報道官はグテーレス氏の正式な任命を受け、ツイッターで「新国連事務総長グテーレス氏こそが、ほとんど不可能な職務への適任者だ」と期待を述べた。

同地の仏語日刊紙「トリビューン・ド・ジュネーブ」は、「国連の仕組みと移民問題に関するグテーレス氏の完璧な知識が有利に働いた」と述べ、同氏の元首相としての経歴が重要視され、国連難民高等弁務官としての実務が評価されたとしている。

グテーレス氏はポルトガルの首都リスボン生まれ。67歳。1995年から2002年までポルトガル首相。2005年から15年には国連難民高等弁務官に就任し、世界各地で難民問題に取り組んだ。英語、フランス語、スペイン語など4カ国語に堪能。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング