バルセロナ市、サグラダ・ファミリア教会に建設業許可証取得を要請?

2016年10月12日11時35分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+サグラダ・ファミリア教会
現在も建設中のサグラダ・ファミリア教会=2009年(写真:Bernard Gagnon)
- 広告 -

【CJC】スペインのメデイア「ラ・バングアルディア」によると、アダ・コラウ市長率いるバルセロナ市役所は近く、サグラダ・ファミリア教会と話し合いをし、建設業許可証をどのように取得できるか解決策を模索する意向。

サグラダ・ファミリア教会は現在まで、電気、水道、ガス代を支払っていたものの、バルセロナ市に対する税金を納めたことがない。

1882年3月19日に着工後、134年間も建設業許可を申請していなかったという。これまで、バルセロナ市長がサグラダ・ファミリア教会に要請してこなかったため。

建設業許可証を取得した場合、建築物の予算の3・35パーセントが税金として徴収される予定。

サグラダ・ファミリア教会の建設予算は年間約2500万ユーロ(約28億6千万円)で、単純に計算すると、年間約84万ユーロ(約9600万円)が徴収されることになる。

ただ、サグラダ・ファミリア教会が世界遺産に登録されていることから、最大95パーセント減額される可能性はある。

サグラダ・ファミリア教会の報道担当によると、この地域にはその昔、サンマルティ市があり、設計者のアントニ・ガウディは1885年に建設許可証を取得していた。しかしその後、97年に同市はバルセロナ市に併合され、その際、建築基準に適合しなかったとか。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング