トピックス 米大統領選  宗教改革500年  環境問題  マザー・テレサ  沖縄  戦後71年  日本聖公会京都事件  

麻薬取引公然非難のアルゼンチンの神父、殺害される 異動保留中に

2016年10月12日11時08分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

【CJC】麻薬取引を公然と非難していたフアン・エラルド・ビローチェ神父の遺体が5日、アルゼンチン北部サンミゲル・デ・トゥクマンの司祭館で発見された。カトリック・ワールド・ニュースが報じた。

麻薬取引の非難以後、度重なる脅迫に命の危険を感じた神父は転任を志願。受け入れられたが、「ノベナ」(9日間の連続祈祷)を全うしたいと異動を留保していた。

トゥクマン大司教区は、「事実が敏速に明らかになることを望み、司法の動きに信頼している。私たちに関係することには全て協力する」とする声明を発表した。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング