キリスト教葬儀から日本宣教を考える「ライフワークス社」

2016年6月24日18時19分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
キリスト教葬儀から日本宣教を考える「ライフワークス社」

今年で創立10周年を迎えた「株式会社 創世 ライフワークス社」。キリスト教の葬儀を専門とする葬儀会社だ。「私たちは、いわゆる『葬儀屋』ではない。葬儀を通して、神様の栄光を現す葬儀を目指す『フューネラルミニストリー』だと思い、仕えている」と同社のスタッフは話す。

同社では、「葬儀は礼拝である」ことを基本に、その場を整える。「キリスト教式結婚式が市民権を得て久しいが、葬儀の場もまた、福音伝道の場として用いられている」という。

キリスト教葬儀から日本宣教を考える「ライフワークス社」
野田和裕社長

野田和裕社長は、自身の証(あか)しを同社のホームページに記している。クリスチャンホームで育った野田氏は、15歳で受洗の恵みにあずかった。その後、さまざまな経験を積む中で、神に救われた喜びを体験した。

その喜びを1人でも多くの人に伝えたいと東京基督教大学神学部で学ぶも、牧師としての明確な召命は与えられなかった。東京都内のキリスト教専門の葬儀会社で3年間働き、その後、独立。葬儀が信仰を、希望を、愛を、生きるということを覚える場であることを目指したいと、ライフワークス社を設立し、本社を大阪府豊中市に構えた。2014年からは、東京支社をオープンした。

葬儀を手掛ける中で、日本人は仏式の葬儀が圧倒的に多いため、「キリスト教式の葬儀は、非常に新鮮。牧師の話は分かりやすかった」などの声を聞くことも多いという。クリスチャン女性の葬儀では、喪主となる夫が信者でない場合も多くある。

キリスト教葬儀から日本宣教を考える「ライフワークス社」

ある女性の葬儀で、生前から妻が教会に行くことをあまり良く思っていなかった夫は、野田氏らが葬儀の準備をしているのを見て「葬儀屋まで、クリスチャンか!」と心の中で思っていたと後になって聞かされた。

しかし、妻が生前に用意していた夫への手紙の中で「お父さん、今、あなたは、教会の一番前の席に座っているでしょうね。私は、ずっとその席にお父さんが座って、神様を礼拝することを祈っていたのよ」と葬儀の中で読まれると、夫は涙を流していたという。

葬儀の後、この教会に「ご主人は、その後、どうされましたか?」と聞くと、「妻が信じていた神様を知りたい」と教会へ足を運ぶようになったという。「1人の死は決して無駄ではなく、こうして信仰が引き継がれていく。そのお手伝いを、私たちは祈りつつ進めている」とスタッフは話した。

キリスト教葬儀から日本宣教を考える「ライフワークス社」

7月9日には、お茶の水クリスチャン・センターで、同社主催の「クリスチャンのための終活集中ゼミ」の第3回が行われる。全3回で行われている同ゼミは、第1回に東京基督教大学の大和昌平教授、第2回には、同大学の稲垣久和教授を迎え、クリスチャンがこの世の務めを全うし、天に向かうことを考える貴重な講演となった。

第3回は、さまざまな死と直面してきた野田氏が「最高のエンディングプラン達成法」とのテーマで講演する。葬儀に関わる手続き、お金の話など、一生のうちに何度も関わることのない葬儀の「手引き」ともなるべき実践的なゼミとなりそうだ。

「株式会社 創世 ライフワークス社」ホームページ

ライフワークス社では現在、葬儀関連業務全般を担う総合職を募集している。募集内容は次の通り。

● 募集人員 ●
・若干名

● 応募条件 ●
① 年齢不問
② 経験不問
③ 要普通免許
④ 要パソコン知識
⑤ 勤務地:関東近郊
⑥ 週3~5日勤務活動可能な方
⑦ 週18~30時間ぐらい

● 弊社が望むスタッフとは ●
① 何事においてもヤル気のある人
② 愛ある行動・思いやりある行動が実践できる人
③ 諦めない、最後までやり遂げる、ガッツのある人
④ クリエイティブな発想をカタチに、行動に、実践に移せる人
⑤ キリスト教的信仰意識も大切ですが、一社会人として責任ある行動が取れる人

そんな、本気でヤル気のある人大募集です!
まずは、お気軽に電話、またはメールにてご連絡ください!
ライフワークス社でご一緒に熱意溢れる仕事をしませんか?

● 問い合わせ ●
株式会社 創世 ライフワークス社
東京支社 事業部 人事課
電話:03・3773・0392
ファックス:03・3773・3920
問い合わせフォーム

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング