関西学院大、国連開発計画と包括協定 グローバル人材の育成目指す

2016年6月1日20時05分 記者 : 坂本直子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:関西学院大学
+関西学院大、国連開発計画と包括協定 グローバル人材の育成目指す
調印式で握手を交わす国連開発計画(UNDP)駐日代表の近藤哲生氏(写真中央左)と、関西学院大学学長の村田治氏(同右)=5月24日、ステーションコンファレンス東京(東京都千代田区)で
- 広告 -

関西学院大学(兵庫県西宮市)と国連開発計画(UNDP)は5月24日、ステーションコンファレンス東京(東京都千代田区)で包括協定を締結したことを発表した。「Mastery for Service(奉仕のための練達)」をスクールモットーとする同大と、開発を通してより良い世界を構築するための支援を行うUNDPが相互に連携しながら、国際社会で活躍できる人材の育成に取り組んでいく。

UNDPは、貧困削減、民主的ガバナンスの確立、エネルギーと環境問題、紛争や災害などの危機予防・復興、エイズ対策の5分野に活動の重点を置き、主に開発途上国に対してさまざまな支援を行う国際機関。UNDPと国内の大学との同様の協定は5例目で、関西の私立大学では今回が初めてとなる。

同大とUNDPは、1997年から実施している「国連セミナー」や、2004年から始まった「国連ユースボランティア」を通し、これまで良好な関係を築いてきた。同大では、「今回の協定締結により、双方の連携がより一層深まることが期待される」と話す。また、同大では、17年度に大学院副専攻「国連・外交コース」も新設し、国連・国際機関職員、外交官、国際NGO職員など「世界の公共分野で活躍するグローバルリーダー」を育成することを目指している。ここでもUNDPとのつながりが期待される。

今後は、UNDP駐日代表事務所やその他関連事務所における学生のインターンシップ、講演、セミナー、イベント、共同研究、人的交流、情報資料の相互提供などを実施していく予定だという。

調印式で同大学長の村田治氏は、「これまで関西学院大学は、国連ユースボランティアに83人の学生を送り出してきた。今後もUNDPと協力し、大きな志を持った国連職員や国際公共団体の職員を輩出できるようにしたい」と話した。一方、UNDP駐日代表の近藤哲生氏は、「インターンシップなどを通じ、学生が国連と接する機会や現場で業務を体験する機会を提供していくことで、国連職員を志す学生が増えることを期待したい」と語った。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:関西学院大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング