トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

関西学院大学

関西学院大、淀川キリスト教病院と包括連携協定 大阪梅田キャンパスで調印式

関西学院大、淀川キリスト教病院と包括連携協定 大阪梅田キャンパスで調印式

関西学院大学(兵庫県西宮市)は23日、宗教法人在日本南プレスビテリアンミッション淀川キリスト教病院と包括的な連携協定に関する協定を締結し、大阪梅田キャンパスで調印式が行われた。淀川キリスト教病院が大学と協定を締結するのは2例目となる。

2017年01月27日13時13分

関西学院大、日本学生支援機構と協定締結 基金活用しミャンマーの留学生受け入れ 

関西学院大、日本学生支援機構と協定締結 基金活用しミャンマーの留学生受け入れ 

関西学院大学(兵庫県西宮市)は12月、日本学生支援機構大阪日本語教育センターとミャンマーからの留学生を対象とした推薦入学に関する協定を締結したことを発表した。

2017年01月11日0時33分

関西学院大が代表として取り組む事業計画、文部科学省「大学入学者選抜改革推進委託事業」に選定

関西学院大が代表として取り組む事業計画、文部科学省「大学入学者選抜改革推進委託事業」に選定

関西学院大学(兵庫県西宮市)は2日、代表大学として他7大学と連携して取り組む事業計画が、所要の審査の結果、2016年度文部科学省「大学入学者選抜改革推進委託事業」に選定されたことを発表した。

2016年09月05日15時27分

関西学院大、国連開発計画と包括協定 グローバル人材の育成目指す

関西学院大、国連開発計画と包括協定 グローバル人材の育成目指す

関西学院大学(兵庫県西宮市)と国連開発計画(UNDP)は5月24日、ステーションコンファレンス東京(東京都千代田区)で包括協定を締結したことを発表した。今後は相互に連携しながら、国際社会で活躍できる人材の育成に取り組んでいく。

2016年06月01日20時05分

関西学院 2017年「国連・外交コース」開設 世界の公共分野で活躍するグローバルリーダーを育成

関西学院大、2017年「国連・外交コース」開設 世界の公共分野で活躍するグローバルリーダーを育成

日本の国家的目標である「邦人国際機関職員の拡大」に貢献するために、「国連・国際機関へのゲートウェイ創設」を構想する関西学院大学(兵庫県西宮市)は、2017年4月に大学院副専攻「国連・外交コース」を新設する。

2016年04月25日17時05分

関西学院大と兵庫県西脇市が協定 4月から連携授業も

関西学院大と兵庫県西脇市が協定 4月から連携授業も

関西学院大学(兵庫県西宮市)と兵庫県西脇市は2日、活力ある地域社会の形成と、大学の教育や研究への協力を目的とした包括的な連携協定を締結した。同市役所で行われた締結式には、同大の研究推進社会連携機構長を務める柳屋孝安副学長と、同市の片山象三市長が出席した。

2016年03月07日15時48分

アン・マシュウ・ヨウネス氏

「自殺における宗教者の役割と可能性」 関学神学部で講演会

関西学院大学(兵庫県西宮市)で9月25日、同大神学部などの主催で「アメリカにおける自死予防・介入・ケア~地域のゲートキーパーとしての宗教者の役割と可能性~」と題した講演会が開かれた。

2015年10月21日23時12分

安保法案採決抗議でオール関学緊急集会 法学部教授やシールズ関西の学生がメッセージ 元学長も

安保法案採決に抗議でオール関学緊急集会 法学部教授やシールズ関西の学生がメッセージ 元学長も

関西学院大学の有志が主催する「安保法案の強行採決に抗議するオール関学緊急集会」が1日、同大で行われ、約170人が参加した。同大教授の柳井健一氏や学生グループ「SEALDs(シールズ)」のメンバーが語り、同大元学長の武田健氏も声を上げた。

2015年10月03日10時34分

西南・青学有志の会、安保法に抗議声明 関学有志は10月1日に緊急集会

「安保法案に反対する西南学院有志の会」は24日に改称し、同法に対する抗議声明を発表。「平和と自由のための青山学院大学有志の会」も新たな抗議声明を発表した。一方、「安保関連法案に反対する関西学院大学有志」は10月1日に同大学で緊急集会を開く。

2015年09月25日16時37分

関西学院で組織神学者・栗林輝夫氏を偲ぶ会 神学のテーマとして差別や原発問題問い続けた業績振り返る

関西学院で組織神学者・栗林輝夫氏を偲ぶ会 神学のテーマとして差別や原発問題問い続けた業績振り返る

今年5月に死去した組織神学者の栗林輝夫氏(関西学院大学法学部教授・宗教主事)を偲ぶ会が23日、関西学院会館「光の間」(兵庫県西宮市)で開催された。同大キリスト教と文化研究センター主催、同大神学部・宗教主事会共催で行われ、約150人が出席した。

2015年09月24日18時55分

エキュメニカル・ネットワーク第1回協議会(2):教会はヘイトスピーチに向き合っているか? 国境・教派超えるエキュメニカル運動

エキュメニカル・ネットワーク第1回協議会(2):教会はヘイトスピーチに向き合っているか? 国境・教派超えるエキュメニカル運動

聖公会生野センター総主事の呉光現(オ・クァンヒョン)氏は、「キリスト者として生きるということ=ヘイトスピーチに向かって」と題して講演し、近年激化している人種差別デモやヘイトスピーチの現状について語った。

2015年08月27日23時22分

キリスト教主義を含む80大学有志が記者会見で結集 安保法案の廃案求め

キリスト教主義を含む80大学有志が共同記者会見 安保法案廃案求め

「安全保障関連法案に反対する学者の会」の呼び掛けで、キリスト教主義大学を含む、安保関連法案に反対する80大学の有志が26日、ガーデンシティ永田町(東京都千代田区)で共同の記者会見を行った。

2015年08月27日2時05分

続く安保法案反対声明 清泉女子大、関西学院大などの有志も発表 シンポや共同行動も

続く安保法案反対声明 清泉女子大、関西学院大などの有志も発表 シンポや共同行動も

安全保障関連法案に反対するキリスト教主義大学有志の声明が続いている。キリスト教主義の4大学を含む被災三県の大学教員有志の会や、清泉女子大学、関西学院大学の有志が安保法案に反対する声明を発表。シンポジウムや共同行動も予定されている。

2015年08月13日16時29分

関学大産業研究所と兵庫県が調査研究で協定締結

関学大産業研究所と兵庫県が調査研究で協定締結

関西学院大学産業研究所と兵庫県が、調査研究に関する協力協定を締結した。締結式が15日に行われ、同研究所所長の髙林喜久生・同大経済学部教授と、西上三鶴・県政策創生部長が出席した。今後、定期的に地域景気指標を作成し公開していくという。

2015年07月28日17時13分

「原発問題を神学のテーマとして取り組まなければ」と教室で仰っていた栗林輝夫先生

「原発問題を神学のテーマとして取り組まなければ」と教室で仰っていた栗林輝夫先生

関西学院大学法学部教授(宗教主事)でキリスト教と文化研究センター長の栗林輝夫先生が5月14日、67歳で亡くなられた。栗林先生は解放の神学を専門とされていたが、同時に日本を代表する組織神学者でもあった。

2015年05月31日17時09分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング