教会の情報発信のお手伝いを ホームページ制作の「ブレッドフィッシュ」

2015年4月8日19時01分 記者 : 竹村恭一 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+教会の情報発信のお手伝いを ホームページ制作の「ブレッドフィッシュ」
ホームページ制作事業「ブレッドフィッシュ(BREADFISH)」責任者の丸山泰地さん。多くの企業のウェブサイト構築を手掛けた丸山さんは、教会のホームページを制作するだけではなく、どのように活用するかまで提案している。
- 広告 -

情報化社会といわれて久しい現代。日常の至るところにまで「情報化」は浸透している。学校では、氾濫する情報を適切に扱うための授業もあるほどだ。この情報化社会にあって、教会は情報をどのように発信し、活用すべきか? 5年前に教会向けのホームページ制作事業「ブレッドフィッシュ(BREADFISH)」を立ち上げた丸山泰地さんは、これまで100社近くの企業ウェブサイトを手掛けてきたこの道のエキスパート。教会のホームページを制作するだけではなく、どのように活用するかまで提案している。

プログラマーとしてキャリアをスタートした丸山さんは、「現代の教会は、情報発信に課題を抱えているところが多い。そういう教会のサポートをしたい」と、事業を立ち上げた理由を語る。クリスチャンになったのは12年前。三浦綾子の伝記小説『夕あり朝あり』との出会いがきっかけだった。この小説の主人公、日本初のドライクリーニング会社「白洋舎」の創業者である五十嵐健治氏の生き方に感銘を受け、信仰を持つことを決めたという。そして、「自分に与えられた賜物を使って教会の役に立ちたい」と祈り、2010年にブレッドフィッシュを創業した。

最初は、起業することの経済的不安と、教会のサポートをうたいながら制作費をもらうことへの抵抗を感じ、葛藤があったという。しかし、この働きを「慈善活動ではなく“ビジネス”としてやっていこう」と決断した理由について、「タダでやってしまったら『無料だから仕方ない』と、(自身・クライアント共に)必ず甘えが出てきてしまうと思うのです。ホームページ制作は時間も労力も使うものですし、見てもらえなければ意味がない。見てもらうためには、相手のニーズに適っていることとクオリティーの高さは重要。それらを提供しようとしたら報酬は必要」と話す。

しかし、目的は事業の拡大ではなく、あくまでも教会のサポート。ひな型を利用して価格を抑えて制作する「シンプルプラン」は、小規模な教会でも手の届く価格で、制作スピードも速く、最低限のお金と時間でホームページを立ち上げられる。一方、教会のオリジナリティーを出し、細部にまでこだわりたい教会には、完全オーダーメイドの「クオリティープラン」を用意している。

デザインなどの分野では、未信者のクリエイターを起用していることも特徴の一つだという。「信仰に対する知識と理解、それと未信者の方々の視点の両方を持ち合わせないと、教会が伝えたいことを本当に伝えることは難しい」と丸山さん。また、「未信者の方に(仕事を)お願いすることによって、一つの伝道のきっかけになれば」と話す。

教会の情報発信のお手伝いを ホームページ制作の「ブレッドフィッシュ」
ブレッドフィッシュが手掛けたウェブサイト。低予算ながら、シンプルで見やすく、クオリティの高いウェブサイトを提供している。

現在、教会も資金が潤沢なところばかりではない。ブレッドフィッシュでは、一般企業の案件もこなしつつ、月約3件のペースで教会からの依頼を受けている。

「情報発信の重要性は企業も教会も同じ。ですから、教会に対しては営業というよりは、必要性を広める啓蒙活動のような側面もあります」と丸山さんは話す。基本的な考え方は「見る人の立場に立って伝える」ことだと言う。

「私たちが伝えるべき相手は、イエス・キリストのことを知らない多くの人たち。その人たちの立場や気持ちを考えることなく、自分たちの言いたいことだけを伝えてしまいがち。だから、単にウェブサイトを制作するというよりは、『情報コンサルタント』のように、どうすれば良いかをプロとして提案し、自分のできることをして、共に教会を築いていくような活動をしていきたい」とビジョンを明かしてくれた。

現在、丸山さんは、キリスト新聞のコーナー「スキルアップ講座 教会の情報発信術」で、教会に役立つIT情報を分かりやすく伝える活動もしている。教会が福音を「伝える」お手伝いをする丸山さんにとって、プロとしての知識を生かし、教会に必要な情報を自ら「伝える」こともまた丸山さんの大切な働きだ。

◼︎ ブレッドフィッシュ(BREADFISH)のウェブサイト

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング