トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

沖縄

戦死者の上に軍事基地を作ることは冒とく 具志堅隆松さんが明治学院大で講演 

戦死者の上に軍事基地を作ることは冒とく 具志堅隆松さんが明治学院大で講演

公開講演会「戦没者遺骨収集と辺野古新基地建設問題」(明治学院大学キリスト教研究所主催)が12日、同大(東京都港区)で開催された。学内外から約50人が集まり、遺骨収集の現実と、そこから見えてくる沖縄戦の悲劇や基地問題について共に考えた。

2017年05月16日18時25分

国吉守

次世代宣教を担う牧師たちへの提言 那覇バプテスト教会名誉牧師 国吉守

日本は、1931年に満州事変を起こし、戦火はさらに広がり、1937年には日中戦争となり、1941年にはアジア太平洋戦争に突入し、ドイツ、イタリアと三国同盟を結び、アメリカ、イギリス、フランス等の連合軍を相手の対戦に突入したのです。

2017年04月20日14時18分

山城博治さんの釈放求め、宗教者が共同声明 牧師やキリスト教団体も賛同

山城博治さんの釈放求め、宗教者が共同声明 牧師やキリスト教団体も賛同

沖縄の辺野古・高江の米軍新基地建設をめぐり、反対運動をしていた山城博治さんが昨年10月、公務執行妨害と傷害の容疑で逮捕された。4カ月以上がたった現在も勾留が続いており、「沖縄平和運動センター議長 山城博治さんの即時釈放を求める」宗教者共同声明が発表された。

2017年03月06日15時42分

山城博治さんらの逮捕・勾留に抗議、釈放を要求 バプ連理事会が声明

日本バプテスト連盟理事会は、沖縄の米軍基地反対運動のリーダーとして活動していた沖縄平和運動センターの山城博治(ひろじ)議長(64)らが昨年10月に逮捕され、現在も勾留が続いていることに対して抗議する声明(9日付)を発表した。

2017年02月17日12時54分

宮村武夫

「今こそ声を上げなかったら・・・」 宮村武夫

本紙ですでに2回寄稿してくださっている日出忠英さん。彼の2回目の寄稿のタイトルは「今こそ声を上げなかったら、いつ声を上げるのでしょう」でした。そして今回、まさに日出さんは声を上げたのです。どんな声かといえば、実に感銘深い文章です。

2017年01月27日15時29分

【寄稿】命どぅ宝、沖縄の祈り、沖縄のたたかい 平良修

【寄稿】命どぅ宝、沖縄の祈り、沖縄のたたかい 平良修

2016年7月22日(金)午前9時半から11時半まで、沖縄の佐喜眞美術館において、石川福音教会(重元清牧師)主催による教会創立50周年記念集会「沖縄(ウチナー)と大和(ヤマト)―その溝に立ち―」が開かれた。

2016年11月01日19時57分

沖縄ヘリパッド移設工事抗議で日本基督教団の牧師逮捕に対し日本基督教団関東教区が抗議声明

沖縄ヘリパッド移設工事抗議の牧師逮捕をめぐり、日本基督教団関東教区が抗議声明

米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯の移設工事への反対運動をめぐり、吉田慈(しげる)牧師が沖縄県警に傷害と公務執行妨害の疑いで逮捕された状況について、日本基督教団関東教区は「不当逮捕に抗議し、二人の即時釈放を求めます」との声明文を発表した。

2016年10月27日17時39分

正平協、28日から「沖縄を知り、祈り、行動する 伊佐育子さんスピーキングツアー 東村高江は、今」開催へ

日本カトリック正義と平和協議会は、沖縄東村高江の米軍ヘリパッド新設工事の現状について現地住民の声に耳を傾けるため、高江住民でカトリック那覇教区信徒の伊佐育子さん(ヘリパッドいらない住民の会)を招き、東京と仙台でスピーキングツアーを行う。

2016年10月24日17時58分

沖縄・高江ヘリパッド建設反対派の牧師逮捕

沖縄・高江ヘリパッド建設反対派の牧師逮捕

米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯の移設工事に反対する吉田慈牧師(日本基督教団林間つきみ野教会)が20日、沖縄県警に傷害と公務執行妨害の疑いで逮捕された。吉田牧師は、船舶の免許を取得し、辺野古での海上抗議行動に月に1度参加していた。

2016年10月21日0時28分

愛を届ける場所に 「子どもカフェ沖縄」 不思議と集まる支援の手

愛を届ける場所に 「子どもフードバンク沖縄」 不思議と集まる支援の手

今年1月、沖縄市にある商店街の一角にオープンした「子どもカフェ沖縄」。子どもの貧困率がトップクラスの沖縄で、自分に何ができるかを祈り求め、フードバンクと子どもカフェをオープンした砂川和美さんに話を聞いた。

2016年10月09日22時55分

辺野古移設撤回など求める全国統一署名、「基地のない沖縄を目指す宗教者の集い」も呼び掛け

辺野古移設撤回など求める全国統一署名、「基地のない沖縄を目指す宗教者の集い」も呼び掛け

仏教者や日本カトリック正義と平和協議会などが2011年に結成した「基地のない沖縄を目指す宗教者の集い」(東京都練馬区)は、「沖縄県民の民意尊重と、基地の押しつけ撤回を求める全国統一署名」の取り扱い団体として、署名を呼び掛けている。

2016年10月06日23時28分

戦後71年:沖縄戦を語り継ぐ 恒久平和を求める沖縄の心「命どぅ宝」

戦後71年:沖縄戦を語り継ぐ 恒久平和を求める沖縄の心「命どぅ宝」

沖縄戦で5人の家族を失った石原絹子牧師。「沖縄戦を知る語り部として、何か形に残しておきたい」と昨年、『沖縄戦を語り継ぐ―地獄から魂の叫び―』を出版した。「あの悲惨な戦争を再び繰り返してはならない」――石原牧師に話を聞いた。

2016年08月22日19時44分

特別鼎談:平良修氏・佐喜眞道夫氏・宮村武夫氏 「沖縄と大和―その溝に立ち―」(2)

特別鼎談:平良修氏・佐喜眞道夫氏・宮村武夫氏 「沖縄と大和―その溝に立ち―」(2)

7月22日に沖縄県宜野湾市の佐喜眞美術館で行われた特別鼎談。沖縄戦について、基地問題について「聖書をメガネに」語ったクリスチャントゥデイ編集長の宮村武夫氏。ウチナンチュ牧師の平良修氏は、沖縄戦についての真剣な学習の必要性を訴えた。

2016年08月08日19時23分

特別鼎談 平良修氏・佐喜眞道夫氏・宮村武夫氏 「沖縄と大和―その溝に立ち―」(1)

特別鼎談:平良修氏・佐喜眞道夫氏・宮村武夫氏 「沖縄と大和―その溝に立ち―」(1)

沖縄県宜野湾市にある佐喜眞美術館で7月22日、石川福音教会(重元清牧師)の設立50周年を記念したシンポジウム「沖縄と大和―その溝に立ち―」(クリスチャントゥデイ後援)が開催され、平良修氏、佐喜眞道夫氏、宮村武夫氏が登壇した。

2016年08月06日22時48分

戦後71年:日本ナザレン教団那覇教会 「日本の教団」として沖縄の地に立って

戦後71年:日本ナザレン教団那覇教会 「日本の教団」として沖縄の地に立って

58年前に宣教を開始した日本ナザレン教団那覇教会。米軍統治下にあった沖縄の地において「沖縄の社会における教会を建て上げる」ことを掲げ、開拓された。48年もの間この教会に仕え、沖縄宣教に従事している齋藤清次牧師に話を聞いた。

2016年08月03日12時18分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング