トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

神学・教育

どんな翻訳になるのですか?-日本聖書協会が聖書事業懇談会を横浜で開催 

どんな翻訳になるのですか? 日本聖書協会が横浜で聖書事業懇談会開催

日本聖書協会(東京都中央区)は11日、一般読者に向けた新翻訳事業の報告と意見交換を目的とした聖書事業懇談会を、「どんな翻訳になるのですか? ―新しい聖書の特徴―」と題して、メルパルク横浜(横浜市中区)で開催した。

2016年03月24日20時04分

原発・原爆から見たエネルギー・環境問題とキリスト教の役割 関東学院大で「環境神学」シンポジウム開催

原発・原爆から見たエネルギー・環境問題とキリスト教の役割 関東学院大で「環境神学」シンポジウム開催

関東学院大学キリスト教と文化研究所は19日、東日本大震災からどのように回復、再生すべきか、どのような社会システムを構築したらよいのかを基本的に考え直し、キリスト教の役割をあらためて考えようと、公開シンポジウムを開催した。

2016年03月24日12時28分

白百合女子大、調布市と災害時における協力体制に関する覚書を締結

白百合女子大、調布市と災害時における協力体制に関する覚書を締結

白百合女子大学(東京都調布市)は2日、調布市と災害時における協力体制に関する覚書を締結した。締結式は、7日に同大学長の山内宏太朗氏と調布市長の長友貴樹氏が出席して調布市役所で行われた。今後は、災害時における市民の安全確保に向け、相互に連携と協力を図っていくという。

2016年03月22日16時10分

復興支援活動の軌跡 立教大コミュニティ福祉学部、震災5年誌を刊行

復興支援活動の軌跡 立教大コミュニティ福祉学部、震災5年誌を刊行

立教大学コミュニティ福祉学部(埼玉県新座市)は11日、震災5年誌『復興支援ってなんだろう? 人とコミュニティによりそった5年間』を出版した。5年間の復興支援活動の軌跡をまとめたもので、各拠点における支援活動の紹介などが、写真も含め240ページにわたり紹介されている。

2016年03月22日15時57分

同志社大、「バスの駅」設置 地域貢献の観点から

同志社大、「バスの駅」設置 地域貢献の観点から

同志社大学(京都市上京区)はこのほど、烏丸今出川東行バス停の混雑を緩和するため、同大大学院の門前に「バスの駅」を設置することを決定した。京都市交通局の担当者が22日、看板とベンチを設置する。

2016年03月22日7時22分

聖学院大、「人文学部児童学科」「心理福祉学部心理福祉学科」を来年4月に開設へ

聖学院大こども心理学科1期生が卒業 地域貢献や心のケア実践を目指す

聖学院大学(埼玉県上尾市)は19日、同大チャペルにおいて卒業式を行う。今年度の学部の卒業生は445人で、5年前の大震災をきっかけに設置された人間福祉学部こども心理学科第1期生も卒業を迎え、卒業後は、地域貢献や心のケア実践を目指す。

2016年03月18日17時09分

音楽で地域とつながる 宮城学院女子大、音楽リエゾンセンターを4月開設

音楽で地域とつながる 宮城学院女子大、音楽リエゾンセンターを4月開設

キリスト教主義の宮城学院女子大学(仙台市青葉区)は4月、音楽による地域社会との連携を主な目的とした「音楽リエゾンセンター」を開設する。同大が16日に記者会見を開き、概要を明らかにした。

2016年03月18日16時40分

聖路加国際大新理事長に糸魚川順氏 新学長は現理事長の福井氏

聖路加国際大新理事長に糸魚川順氏 新学長に現理事長の福井氏

学校法人聖路加国際大学は14日、福井次矢(つぐや)理事長の退任と聖路加国際大学の井部俊子学長の任期満了に伴い、4月1日付で理事の糸魚川(いといがわ)順氏が新理事長に、現理事長の福井氏が聖路加国際大学の新学長に就任すると発表した。

2016年03月17日19時09分

全国初、グラウンドに企業名「関東学院アストロフィールド」

全国初、グラウンドに企業名「関東学院アストロフィールド」

関東学院大学は、人工芝の製造、施工などを行う株式会社アストロが、同大の体育会クラブに所属する学生への奨学金支援を決定したことを受け、横浜・金沢八景キャンパスのグラウンドを「関東学院アストロフィールド」と命名することを発表した。

2016年03月17日17時15分

津田塾大新学長に高橋裕子氏

津田塾大新学長に高橋裕子氏

津田塾大学(東京都小平市)は10日、國枝マリ学長の退任に伴い、次期学長に同大学芸学部英文科教授の高橋裕子氏が4月1日付で就任すると発表した。任期は4年。同大の学長選考委員会が10日、高橋氏を次期学長候補者として決定し、理事会に推薦した。

2016年03月17日15時47分

NTJ新約聖書注解に先駆け『新約聖書解釈の手引き』刊行 著者が集まりシンポ「新約聖書の読み方」開催

NTJ新約聖書注解に先駆け『新約聖書解釈の手引き』刊行 著者が集まりシンポ「新約聖書の読み方」開催

「VTJ旧約聖書注解」「NTJ新約聖書注解」シリーズに先駆けて刊行された『新約聖書解釈の手引き』。その内容を具体的に解説するシンポジウム「新約聖書の読み方」が5日、日本聖書神学校で開催された。

2016年03月16日16時32分

明治学院大、キリスト教系高校との教育連携を強化

明治学院大、キリスト教系高校との教育連携を強化

明治学院大学(東京都港区)は3日、キリスト教主義教育を掲げる共愛学園高校(群馬県前橋市)、静岡英和女学院高校(静岡県静岡市)、アレセイア湘南高校(神奈川県茅ケ崎市)の3校と教育事業に関する連携協定を結んだ。

2016年03月12日20時18分

立教大学、2017年度入学試験よりWeb出願・入学手続きを開始

「私たちは忘れない」震災5年で立教大総長

立教大学の吉岡知哉総長は11日、東日本大震災から5年を迎えるに当たり「私たちは忘れない-5年目の3・11に-」と題した声明を同大のホームページに公開し、「私たちは2011年3月11日の出来事を忘れることはない」と強調した。

2016年03月11日20時29分

青山学院院長、韓国基督教学校聯盟第53回総会に出席

韓国基督教学校聯盟第53回総会が1月7日から9日まで、韓国の大田(テジョン)市で開催され、日本からはキリスト教学校教育同盟総務・国際交流担当常任理事を務める青山学院の梅津順一院長が出席した。

2016年03月10日23時09分

バッハの「原マタイ受難曲」を学術的見地から徹底解明に挑戦 成立の謎に迫る

バッハの「原マタイ受難曲」を学術的見地から徹底解明に挑戦 成立の謎に迫る

明治学院大学キリスト教研究所が主催する公開研究会が2月20日、同大で開催された。音楽家の江端伸昭氏と同研究所協力研究員で明治学院歴史資料館研究調査員の加藤拓未氏が、バッハの代表作「マタイ受難曲」について学術的見地から徹底的な解明に挑戦した。

2016年03月10日21時27分

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング