トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

ボコ・ハラム

過激派民族のイスラム教徒400人以上がイエス受け入れる ナイジェリア

過激派民族のイスラム教徒400人以上がイエス受け入れる ナイジェリア

ナイジェリアでは近年、イスラム教徒を主とする遊牧民「フラニ族」の残虐行為が増加し、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」よりも懸念されている。しかし、そのフラニ族でこれまでに、400人以上がキリスト教に改宗し、さらに7人が按手を受けたという。

2017年05月15日23時56分

ボコ・ハラム、82人の女子生徒を解放 拘束中の戦闘員と引き換え

ボコ・ハラム、82人の女子生徒を解放 拘束中の戦闘員と引き換え

ナイジェリア大統領府は7日、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」との交渉が成功し、拉致されていた女子生徒276人のうち82人が解放されたと発表した。生徒のほとんどはキリスト教徒で、北東部のボルノ州チボクで3年前、ボコ・ハラムに拉致されていた。

2017年05月08日23時46分

イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」、10万人殺害か 地元州知事が発表

イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」、10万人殺害か 地元州知事が発表

信じ難い数字だが、ナイジェリアを中心に活動するイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」によって殺害された人数は、これまでに推定で10万人に上るという。さらに、ボコ・ハラムによって避難を余儀なくされ、国内避難民となった人は200万人を超えるという。

2017年02月24日22時54分

ボコ・ハラム、自爆テロで乳児利用か ナイジェリア当局が警告

ボコ・ハラム、自爆テロで乳児利用か ナイジェリア当局が警告

ナイジェリア当局は、同国のイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」が民間人に対する自爆テロで乳児を使い始めており、女の戦闘員らが発見されることを避けるために乳児を抱くなどして利用していると警告した。

2017年01月30日23時33分

2016年に殺害されたキリスト教徒は9万人、6分に1人の割合

2016年に殺害されたキリスト教徒は9万人、6分に1人の割合

著名なイタリア人社会学者で著作家のマッシモ・イントロビーニェ氏によると、キリスト教徒は2016年に9万人余りが殺害され、世界で最も迫害されている宗教グループであることが分かった。平均6分に1人が死亡していることになるという。

2017年01月04日22時23分

飢餓の危機に瀕するナイジェリア 行き場のない子どもたち

オープン・ドアーズ「世界の教会は自己中心的、迫害されている兄弟姉妹に助けの手を」

オープン・ドアーズは、世界で最も危険な地域にいるキリスト教徒たちの闘いを調査し、13日の「迫害下の教会のために祈る国際祈祷日」のために準備を進めている。一方、全世界の教会は自己中心的だとし、世界中の兄弟姉妹を助けるために手を差し伸べる必要があると警告した。

2016年11月08日15時12分

ボコ・ハラム, チボク, ナイジェリア

帰りたがらないチボクの少女たち、解放後に待ち受ける社会的レッテル

イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」が2014年4月、ナイジェリアの女子学校を襲撃し、女子生徒276人を拉致した事件で、拉致された少女たちのうち、100人以上が過激思想に染められたり、解放後に直面するであろう社会的なレッテルを恐れたりして、帰りたがらないでいるという。

2016年10月25日16時40分

ボコ・ハラムから解放の女子生徒らが家族と再会

ナイジェリア北東部チボクの学校から2014年にイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」により拉致された女子生徒200人以上のうち、解放された21人が16日、家族と再会した。

2016年10月17日23時57分

信仰の自由:世界人口の75パーセントが制限受ける 米国務省が報告書

信仰の自由:世界人口の75パーセントが制限受ける 米国務省が報告書

米国務省が10日に発表した「信仰の自由に関する国際報告書」(2015年版)によると、世界の約4分の1の国々(世界人口の約75パーセントに相当)において、政府の政策や、個人および団体、または社会的集団による敵対行為によって、「信仰の自由が抑制されている」という。

2016年08月15日17時17分

ナイジェリアでキリスト教徒へ対する継続的な虐殺増大

ナイジェリアでキリスト教徒へ対する継続的な虐殺増大

最近の発表によると、ナイジェリアで今年、イスラム教徒によって殺害されたキリスト教徒の数が、昨年を通して殺された数に早くも到達しそうな勢いだ。ナイジェリア系米国人キリスト教連合は、「残忍な」殺人行為を強く非難し、犯人たちの責任が追及されることを要求している。

2016年08月03日13時14分

飢餓の危機に瀕するナイジェリア 行き場のない子どもたち

飢餓の危機に瀕するナイジェリア 行き場のない子どもたち

ナイジェリア北東部で、何十万人もの子どもたちが飢餓に直面している。イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」による残虐な行為によるものだ。現地の援助機関は、すぐに助けることができなければ、多くの子どもたちが死んでしまうと伝えている。

2016年08月02日10時23分

EUが宗教・信仰の自由に関する報告書を発表、キリスト教徒へ対する世界規模の迫害示す

EUが宗教・信仰の自由に関する報告書を発表、キリスト教徒へ対する世界規模の迫害示す

キリスト教徒と他宗教の人々への人権侵害の数々が、欧州連合(EU)の最新報告書「世界の宗教・信仰の自由の状況に関する年次報告書2015」の中で明らかにされた。同報告書は、世界的規模の迫害を終結させるために、政治的、財政的力を行使することをEUに求めている。

2016年07月07日15時15分

ナイジェリアで4千人以上のキリスト教徒を殺害した過激派組織「ボコ・ハラム」に教会が一致して対抗

ボコ・ハラムに誘拐されたチボクの少女2人救出「もう211回の奇跡を望むだけ」

ナイジェリアのチボクで女子生徒276人が誘拐されてから2年以上が経過し、いまだ211人が拘束されていると見られている。今月、少女2人が発見されたことで、残りの少女救出への希望も大きくなった。

2016年05月25日22時49分

「誘拐されたチボクの少女たちの多くは生存している」 脱出者が明かす

ボコ・ハラムに拉致されたチボクの女子生徒をナイジェリアで発見

行方不明のチボクの少女の1人がナイジェリアで発見されたとBBCが報じた。その女子生徒アミーナ・アリさんは17日、カメルーン国境に近いサンビサ・フォレストで自警団に発見された。

2016年05月21日16時27分

ボコ・ハラム, チボク, ナイジェリア

ボコ・ハラムによるナイジェリア生徒誘拐事件から2年 女子生徒家族らの苦悶

ナイジェリアのチボクでイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」によって誘拐された女子生徒の家族が、事件発生から2年を経てなお苦しんでいる。47人は脱出に成功したが、228人がいまだ人質となっていると見られている。

2016年04月14日12時58分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング