トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

和泉糸子の記事一覧

和泉糸子

<あとがき>童話「星のかけら」連載を終えて 和泉糸子

もともと、本を読むのが苦手な孫のため、9歳の誕生日のプレゼントとして書き始めた童話です。最初の読者は家族だけでした。教会が遠くて、親も働いていてなかなか出席しにくい。教会学校の生徒も少なくなり、現実の教会では独りぼっちに近い。そういう子どもは孫だけではないでしょう。

2017年01月25日22時02分

和泉糸子

【童話】星のかけら(17・最終回)そして再会 和泉糸子

ノードは一人ぼっちの生活になれてしまいました。「私は生きている。アルム、ミムラ、生きているのか。返事をしてくれ」

2016年12月21日7時02分

和泉糸子

【童話】星のかけら(16)アドベンチャーに出発・その2 和泉糸子

翌日、カンサイさんと那美(なみ)さんは小人の3人組を連れておチカさんの所に行きました。民宿のおじさんが3人組を鉱山資料館(こうざんしりょうかん)に連れて行ってくれると約束してくれたので、別行動を取ることになりました。

2016年12月14日2時38分

和泉糸子

【童話】星のかけら(15)アドベンチャーに出発・その1 和泉糸子

夏休みになりました。3人組はアドベンチャーに出発しました。カンサイさんの教会で、ツリーハウスで一泊(ぱく)子どもキャンプが開かれるのに参加するため、都留(つる)を目指して特急かいじに無事乗車しました。

2016年12月06日20時00分

和泉糸子

【童話】星のかけら(14)アルムのなやみ・その3 和泉糸子

「常雄さんは私の親友です。だれも友達のいなかった私にとって、あの人はかけがえのない大事な人でした。それに、仲間のところに行けたのもあの人のおかげです。この家で子ども時代のぼくたちは兄弟みたいにしてすごしました」

2016年11月29日17時17分

和泉糸子

【童話】星のかけら(13)アルムのなやみ・その2 和泉糸子

ユキトはパソコンを開きました。誕生日のお祝いに中古のノートパソコンをもらってから、調べ物をするときはいつも自分のパソコンを使うことができるので、調べるのもうまくなっていました。

2016年11月22日22時43分

和泉糸子

【童話】星のかけら(12)アルムのなやみ・その1 和泉糸子

ああ、たいくつだなあ、テレビの録画したのを見ようかなと思っていたら、「ユキト、聞こえるかい、アルムだよ」という声がしました。「そばにだれかいる?」

2016年11月15日19時03分

和泉糸子

【童話】星のかけら(11)メルヘン美術館 和泉糸子

「月山満」という名前をパソコンに打ちこんだユキトは「メルヘンの画家・・・小人のいる庭」という言葉を見つけました。「月山満メルヘン美術館」という言葉も見つけました。パソコンの画面を印刷してもらうと、「あら、教会の近くなのね」とママが言いました。

2016年11月08日17時42分

和泉糸子

【童話】星のかけら(10)月山さんのプレゼント・その3 和泉糸子

3人組はこのノートをログハウスに持ち帰り、本だなから辞書を出して来て、一所けん命に読みました。むずかしい字も多く、何と書いてあるのか分からないような大人の字だったので、苦労して読みました。

2016年11月01日21時28分

和泉糸子

【童話】星のかけら(9)月山さんのプレゼント・その2 和泉糸子

3人はあきらめて、元の場所にもどり、机の上のノートを開きました。「このノートに書かれていることは本当のことだと思う人には本当のことです。でも、ただのお話だと思う人には、ただのお話になるかもしれません」と、1ページ目に書かれていました。

2016年10月25日16時43分

和泉糸子

【童話】星のかけら(8)月山さんのプレゼント・その1 和泉糸子

春休みになりました。もうすぐ4年生になると思うと、シュンスケは大人になるような気がしました。ワクワクするような、それでいてちょっとこまった感じもしていました。

2016年10月18日12時05分

和泉糸子

【童話】星のかけら(7)クリスマス・その3 和泉糸子

クリスマスイブの夕べになりました。少し暗くなると、外の大きな木につけたイルミネーションがキラキラかがやき出しました。昼の間お日さまの光をためたライトは、あたりが暗くなるとひとりでに光り出すのだそうです。

2016年10月11日11時54分

和泉糸子

【童話】星のかけら(6)クリスマス・その2 和泉糸子

「月山さん、塔の鐘がこわれてしまったので、取りかえたいのですが、手伝ってくれますか」。背の高い月山さんは、教会の塔のてっぺんに新しい鐘をつるしました。建築技師(けんちくぎし)の月山さんが、知り合いに頼んで作ってもらった鐘です。

2016年10月04日16時52分

和泉糸子

【童話】星のかけら(5)クリスマス・その1 和泉糸子

クリスマスが近づきました。ケンタはお父さんから月山さんがレインボー・ホームに入ったことを聞きました。ケンタのお父さんはこのホームでお年よりのお世話をする仕事をしています。

2016年09月27日16時12分

和泉糸子

【童話】星のかけら(4)冒険のはじまり・その4 和泉糸子

「あっ、イースターの卵だよ。教会のお庭にかくして卵さがしをやったのに、1つも見つからなかったんだ」「こんなところにあったなんて」。シュンスケとケンタは口ぐちに言いました。

2016年09月20日17時55分

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング