文化

暗闇に差し込む光を伝える 鈴木元彦さん(美術家)

暗闇に差し込む光を伝える クリスチャン美術家・鈴木元彦さん

日本全国の教会建築がカラーで味わえる『日本の最も美しい教会』(エクスナレッジ)。その撮影をした鈴木元彦さん(35)が若きクリスチャン美術家だと聞き、彼が生まれ育った日本基督教団東京信愛教会(東京都新宿区)を訪ねた。

2017年02月28日11時11分

悲劇のクリスチャン詩人・尹東柱生誕100年の追悼集会が立教大で開催 

悲劇のクリスチャン詩人・尹東柱 立教大で生誕100年追悼集会

戦時下の日本に留学し、27歳で獄死したクリスチャンの韓国人詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ)。彼を追悼する集い「詩人尹東柱とともに2017」(主催:詩人尹東柱を記念する立教の会)が19日、立教学院諸聖徒礼拝堂(東京都豊島区)で開催された。

2017年02月24日17時05分

「被災した漁師たちの現実を伝えたい」 ドキュメンタリー映画「新地町の漁師たち」山田徹監督インタビュー

「被災した漁師たちの現実を伝えたい」 ドキュメンタリー映画「新地町の漁師たち」山田徹監督インタビュー

3月に公開される映画「新地町の漁師たち」は山田徹さんの初監督作品。第3回グリーンイメージ国際環境映像祭でグランプリを受賞している。福島県新地町の漁師たちを2011年6月から14年11月まで3年半にわたって撮影した記録映画だ。

2017年02月23日14時15分

「宗教映画祭」に過去最多の2千人 「大いなる沈黙へ」上映や橋爪大三郎氏のトークイベントも

「宗教映画祭」に過去最多の2千人 「大いなる沈黙へ」上映や橋爪大三郎氏のトークイベントも

日本大学芸術学部映画学科映像表現・理論コースのゼミ生が主催・運営する「信じる人をみる宗教映画祭」が、東京・渋谷のユーロスペースで開催された。1週間の開催期間中に、主催者の予想をはるかに上回る延べ約2千人が来場。過去6回の映画祭の中で最高動員を記録した。

2017年02月21日20時59分

「寅さんは愛に根ざして真理を語る」 横浜YWCAで関田寛雄牧師が講演

「寅さんは愛に根ざして真理を語る」 横浜YWCAで関田寛雄牧師が講演

映画「男はつらいよ」シリーズの主人公・寅さんこと車寅次郎の大ファンである関田寛雄牧師(日本基督教団神奈川教区巡回教師)が10日、横浜YWCA(横浜市中区)のキリスト教講座で「寅さんとキリスト教―喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい」と題して講演を行った。

2017年02月21日18時37分

東京都美術館

聖書のエピソードなどが色彩豊かに 「ティツィアーノとヴェネツィア派展」東京都美術館で開催中

「ティツィアーノとヴェネツィア派展」が上野の東京都美術館で開催中だ。日本とイタリアの国交樹立150周年を記念して、ティッツァーノをはじめとするヴェネツィア派を代表する画家たちの作品約70点が展示されている。4月2日まで。

2017年02月19日7時33分

『キリスト教と戦争』著者・石川明人氏インタビュー(3)キリスト教徒の研究者として戦争を考える

戦争という舞台を十分に見つめれば、人間の本性の良い面と悪い面が両方見つけられる。そういう意味では、宗教学として宗教そのものを探求するよりは、戦争を通して人間を見つめるほうが結果として宗教学になっているような気がするんです。

2017年02月16日19時30分

『キリスト教と戦争』著者・石川明人氏インタビュー(2)日本のキリスト教会と戦争

『キリスト教と戦争』著者・石川明人氏インタビュー(2)日本のキリスト教会と戦争

これは私の印象ですが、「キリスト教が日本国憲法9条を支持している」のではなく、「憲法9条が日本のキリスト教に影響を与えた」のではないかと思ってるんです。

2017年02月16日19時29分

『キリスト教と戦争』著者・石川明人氏(桃山学院大准教授)インタビュー(1)

『キリスト教と戦争』著者・石川明人氏(桃山学院大准教授)インタビュー(1)

著者の石川明人氏は、これまで従軍チャプレンなどを扱った『戦場の宗教、軍人の信仰』など、キリスト教と戦争をテーマに数冊の本を出版してきた。このテーマにおいては数少ないというより、ほとんど日本で唯一の研究者だ。

2017年02月16日19時28分

芥川賞作家・青来有一さんインタビュー(3)長崎を書き続ける

芥川賞作家・青来有一さんインタビュー(3)長崎を書き続ける

長崎市職員として働き始めてから小説を書き始めました。私はデビューしたときから物語の面白さ、ストーリーテーリングを期待されていました。審査委員の石原慎太郎さんにもそう評価していただいたんです。

2017年02月13日18時23分

芥川賞作家・青来有一さんインタビュー(2)如己堂で遊んだ少年時代 

芥川賞作家・青来有一さんインタビュー(2)如己堂で遊んだ少年時代 

子どもの頃から本を読むのは好きでした。家の近くに、原爆投下後、長崎大学医学部の医師として救護活動に当たったことで知られる永井隆博士が晩年住んでいた如己堂(にょこどう)があって、その図書室に本を読みに行っていました。

2017年02月13日18時22分

長崎に生まれ長崎を書き続ける 芥川賞作家・青来有一さんインタビュー(1) 

長崎に生まれ長崎を書き続ける 芥川賞作家・青来有一さんインタビュー(1) 

青来有一さんは、1958年長崎生まれ。長崎市役所に勤務する傍ら小説を書き始め、1995年に『ジェロニモの十字架』で文学界新人賞受賞、2001年に『聖水』で芥川賞を受賞、さらに2007年に『爆心』で伊藤整文学賞、谷崎潤一郎賞を受賞した。

2017年02月13日18時21分

映画「沈黙」はクリスチャンにとってどんな意味を持つのか

「沈黙」はキリスト教的にどんな意味を持つのか 関西圏中心に講演会・ディスカッション開催へ

マーティン・スコセッシ監督の「沈黙-サイレンス-」が公開され、間もなく1カ月がたとうとしている。この映画だけでなく、原作の遠藤周作も含めた物語としての「沈黙」をさまざまな角度から解説し、理解を深めようという企画が、関西圏を中心に行われる。

2017年02月13日15時01分

三浦綾子原作映画「母―小林多喜二の母の物語」公開初日 塩谷瞬さんら舞台あいさつ

三浦綾子原作映画「母―小林多喜二の母の物語」公開初日 塩谷瞬さんら舞台あいさつ

三浦綾子の小説『母』を映画化した「母―小林多喜二の母の物語」が10日、いよいよ公開初日を迎えた。多喜二役の塩谷瞬さんをはじめ、宮本百合子役のクリスチャン落語家、露のききょうさんらが東京都墨田区の江戸東京博物館ホールで行われた舞台あいさつに立った。

2017年02月11日7時52分

『沈黙 -サイレンス-』 映画deディスカッション =4日 中央区佃(ラウザさん宅)

在日外国人や若者が見た「沈黙」 「沈黙―サイレンス」映画deディスカッション

映画「沈黙」が公開されて2週間が過ぎた。すでに多くの人が鑑賞し、各教会でもさまざまな意見が交わされているだろう。巨匠マーティン・スコセッシ監督が日本宣教の歴史の一部を描いたことで、反響も大きく、新聞、雑誌、テレビなどのメディアでは多くの感想が紹介されている。

2017年02月06日19時02分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング