いつも夢を見続けているだろうか 再び夢を見るための5つの聖書箇所

2017年10月1日16時04分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+いつも夢を見続けているだろうか 再び夢を見るための5つの聖書箇所とは
(写真:Pixabay)
- 広告 -

子どもたちに、大きくなったら何になりたいかを尋ねると、医者や、科学者、体操選手、バレリーナ、プロのバスケットボール選手など、実にさまざまな答えが返ってくることに驚く。子どもが夢を持つ。それはごく自然なことだ。もし夢見ることをしない子どもがいたら、何か問題があるかもしれない。

あなたは幼い頃、いつか空の星に手が届くことを夢見ていたのを覚えているだろうか? あるいは、いつか国のリーダーになりたいと思っていたことはあっただろうか? 神は私たちに、神の創造性の断片をくださっている。結局のところ、計りしれない創造性に富む私たちの創造主が、私たちを見てお喜びになられることは、私たちが何が良いことで、正しいことであるかを想像したり、夢見たりする能力を十分に活用するのをご覧になる時だ。また神は、私たちが主に向かい、大きな高みに行こうとするのを喜んで助けてくださるのだ。

もしあなたが、すでに夢見ることをやめてしまっているなら、喜びにあふれた人生を生きる気力を失っている可能性がある。聖書では、主からの幻・ビジョン、主からの明確な方向性がそこにないとき、人々は滅びると言われている(箴言29:18)。私たちは人生が「風を追うような」ものになるとき、生きる情熱を失うのだ(コヘレト1:14)。

あなたはもう、夢を見る力がどこかに行ってしまっただろうか? ここでは、子どもの時のように、再び夢を見ることの助けとなる、5つの聖書箇所を紹介しよう。

<エレミヤ29章11節>
わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。

<エフェソの信徒への手紙2章10節>
なぜなら、わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。わたしたちは、その善い業を行って歩むのです。

<コリントの信徒への手紙一2章9、10節>
しかし、このことは、「目が見もせず、耳が聞きもせず、人の心に思い浮かびもしなかったことを、神は御自分を愛する者たちに準備された」と書いてあるとおりです。わたしたちには、神が“霊”によってそのことを明らかに示してくださいました。“霊”は一切のことを、神の深みさえも究めます。

<マタイによる福音書19章13、14節>
そのとき、イエスに手を置いて祈っていただくために、人々が子供たちを連れて来た。弟子たちはこの人々を叱った。しかし、イエスは言われた。「子供たちを来させなさい。わたしのところに来るのを妨げてはならない。天の国はこのような者たちのものである。」

<創世記15章5~6節>
主は彼(アブラム)を外に連れ出して言われた。「天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみるがよい。」そして言われた。「あなたの子孫はこのようになる。」アブラムは主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング