トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(30)『せかいのはじまり』 高津恵子

2017年1月6日17時11分 コラムニスト : 高津恵子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:高津恵子

信州からこんにちは! ちいさな絵本やノエルです。新しい年の初めにお送りする絵本は・・・

むかし、むかし、かみさまが、せかいのすべてのものをおつくりになりました

「ひかりよ、あれ。」かみさまが そうおっしゃると、まっくらやみが、とつぜんあかるくなりました。かみさまがひかりをおつくりになったとき、このせかいがはじまったのです。(巻末より)

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(30)『せかいのはじまり』 高津恵子

せかいのはじまり』(いのちのことば社)

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(30)『せかいのはじまり』 高津恵子

いっしょによんでみよう せかいのはじまりのおはなし』(いのちのことば社)

動物の鳴き声を一緒に言ってみるなど、子どもたちがお話の中に入り込める絵本です。

*

絵本について、絵本翻訳・ノンフィクション作家の柳田邦男氏は、『大人が絵本に涙する時』の中で「人生後半になってひとりで読んでみると、絵本には何万語を費やす小説に劣らない心に染みる語りかけがあることに気づいたのだ。そして、絵本は文字の重要なジャンルではないか、いや正確に言えば、絵本とは、簡潔に洗練された言葉と象徴的な絵と音読する肉声とが一体となって物語の時空を生み出す独特の表現のジャンルではないかと思うようになった」と述懐されている。

外界は何もかもが凍てつく寒さ、でも凍った土の下からは春の準備がそろそろと始まっているのですね。

神さま、美しい季節と自然、ひかりの世界をありがとうございます。

ちいさな絵本や日記とにゃんずたち(30)『せかいのはじまり』 高津恵子
初夢は何かな? はるとなつ

<<前回へ     次回へ>>

高津恵子

高津恵子

高津恵子(たかつ・けいこ)

上田女子短期大学卒業、2007年JTJ宣教神学校神学部卒業。実家のホテルで20年勤務した後、保育園勤務。佐久市社会福祉協議会ボランティアスタッフ。「ブレッシング・ホームチャーチ」メンバー。10年から絵本屋「ノエル(NOEL)」を始める。1999年受洗。著書に、最新刊「心に寄り添うおとなの絵本(小さな絵本屋さんが綴った12のメッセージ)」がある。

ご注文は、全国のキリスト教書店、 Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

「ノエル」のブログ
【高津恵子著書】(Amazon)
【高津恵子著書】(イーグレープ)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:高津恵子

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング