京都府:バザールカフェで会津放射能情報センター代表の片岡輝美さんが講演 1月7日

2017年1月5日19時53分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+京都府:バザールカフェで会津放射能情報センター代表の片岡輝美さんが講演 1月7日
- 広告 -

京都市のバザールカフェで1月7日(土)、放射能から子どものいのちを守る会・会津放射能情報センター代表の片岡輝美さんによる公開講演会「今、原発について話そう」が開催される。

放射能から子どものいのちを守る会・会津放射能情報センター(ホームページはこちら)は、2011年の東京電力福島第一原発事故後、設立され、放射線量の測定・発信など、子どもたちを放射能から守る活動や、安心して暮らせる地域づくりのための活動を行っている。

■ 関連記事:【インタビュー】「現実と希望の狭間で」 会津放射能情報センター代表・片岡輝美さん

片岡さんは日本基督教団の信徒で、福島県の約200人の親子が子どもの人権回復を求めて福島地裁に提訴した「子ども被曝裁判の会」の共同代表も務めている。

講演は無料で申し込み不要。講演後に交流会も行われる。交流会は食べ放題・飲み放題で1500円。詳細はバザールカフェのホームページ

日時:1月7日午後2時(交流会は午後5時から8時)
場所:バザールカフェ 京都市神恐懼岡松町258
京都市営地下鉄「今出川」駅から徒歩1分 同志社大学からすぐ
電話:075・411・2379
メール:kyoto.bazaarcafe@gmail.com

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング