トピックス 米大統領選  宗教改革500年  環境問題  マザー・テレサ  沖縄  戦後71年  日本聖公会京都事件  

百人一読―偉人と聖書の出会いから(18)田口壮 篠原元

2016年11月29日07時59分 コラムニスト : 篠原元 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:篠原元
+百人一読―偉人と聖書の出会いから(18)田口壮 篠原元
田口壮
- 広告 -

田口壮

プロ野球選手として、日本のオリックスや、メジャーリーグで活躍した田口壮さん。2016年のシーズンからは、オリックスの二軍監督を務めています。

田口さんが、このように語っています。「聖書のことばは、自分にとって助けになります」(『100人の聖書』38ページ参照)

皆さんの周りには、いろいろな問題で困っている人が、たくさんいませんか? そして、皆さん自身も、いろいろな問題で困っていると思います。それは、私も同じです。それが、人間の定めですね。

ある人は、就職のことで困っています。ある人は、交際の問題で困っています。ある人は、どうしてもやめられない習慣のことで困っています。人は、困ってしまう存在です。困ってこそ、人ですね。困るのが当然と考えるのが、一番の解決ですね。それが、人間ですから。

しかし、困ったときにこそ、助けもあるものです。私の父である、篠原隆牧師は、困っている人にはこう言います。「聖書に、○○と書いてある。だから、○○しなさい」。私も、実際そのようにします。聖書に書いてあるように、単純にそうします。

そうすると、どんな問題で困っていようが、どんな人間関係で困っていようが、徐々に徐々に(時には一発で)、「よくなる」ことを体験します。要するに、困っているときに、助けられるということです。

まさしく助けは、聖書にあると実感します。人の声、人の意見を聞いても、さらに落ち込んでしまいますね。困っている現状や現実を見ていたら、もっと困ったことになります。

助けは、聖書にありますね。今日から、「助けてくれる」1冊として、人生の処方箋、困ったときの必読書として、聖書を開いていきませんか?

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
篠原元著『100人の聖書

『100人の聖書』

本書を推薦します!
「他の追随を許さない数と挿話」
――奥山実牧師(宣教師訓練センター[MTC]所長)
「牧師の説教などに引用できて便利」
――中野雄一郎牧師(マウント・オリーブ・ミニストリーズ)
「聖書に生きた偉人たちの画廊」
――峯野龍弘牧師(ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会)

ご注文は、全国の書店・キリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

篠原元

篠原元(しのはら・げん)

1991年7月、東京都生まれ。JTJ宣教神学校・牧師志願科卒業、アンテオケ国際宣教神学校卒業、同神学院中退。現在、炎リバイバル教会事務局局長、伝道師として篠原隆牧師に師事中。著書に『100人の聖書』(発行:イーグレープ)。

炎リバイバル教会ホームページ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:篠原元

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング