トピックス 米大統領選  宗教改革500年  環境問題  マザー・テレサ  沖縄  戦後71年  日本聖公会京都事件  

人間の価値は、何で決まるの? 菅野直基

2016年11月23日07時18分 コラムニスト : 菅野直基 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:菅野直基

私たちは、無意識の中で、ある特定の人を「すごい!」と思っていることはないでしょうか? その人が著名であったり、地位があったり、学歴があったり、財産を持っていたり、名声を得ていることが理由かもしれません。

こういう人たちは、他の人たちが持っていないものを持っていることは確かです。しかし、それだから優れていると言えるでしょうか? それは、うわべだけの違いで優劣を付けていることにすぎず、その人を特別視するにはあやふやな価値基準です。

「人はうわべを見るが、主は心を見る」(Ⅰサムエル16:7)

人のうわべだけで優劣を付けるのは、口や鼻や耳や目が大きいということで「立派な人」だと決め付けているようなものです。

人の価値は、人を造られた創造者だけが決めることができます。人を造られた神は、人の価値をどう見ておられるでしょうか?

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」(イザヤ書43章4節)

創造者である神の目には、人は高価で尊く映っています。あなたに対しても同じです。

神の目に高価で尊く映っていることを知ったら、自分に対して、神の目を通して見るようになり、もう自分の価値を人と比較して低いと感じる必要はなくなります。

他の人に対しても、神の目に高価で尊く映っている人として見るようになり、他者が素晴らしく見えるようになり、人をうわべだけで判断することがなくなります。

人は、みんな違いますが、みんな違った素晴らしさがあります。人に優劣を付ける偏見から解放されて、人を高価で尊い存在として関わっていけたらいいですね。それが人を愛することにつながっていくはずです。

多くの人は、自分と人を比較して、劣等感か優越感を持っています。正しい尺度ではありません。顔を例に取るならば、口も鼻も耳も目もみんな違うけれど、みんな素晴らしいのです。人も同じです。

自分が持っていないものを持っている人を見ても、劣等感やねたみを感じる必要はありません。素直に素晴らしさを認めて、称賛したらいいのです。同時に、その人が持っていないものを自分が持っていることを認めて、感謝したらいいのです。

人と人の違いは、比較するためのものではなく、互いに調和して助け合い、補い合い、さらには、学び合うためにあります。互いに成長し合い、互いに高め合っていけたらとても素晴らしいと思いませんか。

私もあなたも、共に素晴らしい存在です。素晴らしい者同士、力を合わせて、素晴らしい社会、素晴らしい世の中、素晴らしい世界を作っていきたいですね。

菅野直基

菅野直基(かんの・なおき)

1971年東京都生まれ。新宿福興教会牧師。子ども公園伝道、路傍伝道、ホームレス救済伝道、買売春レスキュー・ミッション等、地域に根ざした宣教活動や、海外や国内での巡回伝道、各種聖会での讃美リードや奏楽、日本の津々浦々での冠婚葬祭の司式等、幅広く奉仕している。日本民族総福音化運動協議会理事。

■ 外部リンク:

新宿福興教会ホームページ (メッセージをくだされば、皆さんの近くの教会を紹介致します)

菅野直基牧師のフェイスブック

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:菅野直基

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング