死者1万人か バングラデシュのサイクロン、救援活動も難航

2007年11月20日05時46分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+サイクロンの被害で全壊した家屋=17日、首都ダッカから南西約340キロに位置するベーカーガンジで(ロイター)

 91年に約14万人の死者を出したものと同規模とみられるサイクロン「シドル(目)」が15日、バングラデシュ南部の沿岸部を直撃した。地元メディアは18日、「死者が全国で約3000人に達した」と報じたが、同国赤新月社は同日、死者が1万人に達する恐れがあると発表。国際キリスト教NGOのワールドビジョンなど救援団体が被災地に向かったが、悪天候や道路が寸断されているために現場に近づけず、作業は難航している。



 AP通信が政府の集計として伝えたところでは、今回のサイクロンで77万戸以上の家屋が被害を受け、被災者は270万人以上に達した。被災地では、通信手段が使用できない上に、交通網が寸断された地域もあり、被害状況の把握も困難な状況だという。



 国連は約700万ドル、米国は約210万ドルの支援を発表。日本赤十字社も約2000万円を支援、被災地の国際赤十字チームに職員1人を派遣した。



 サイクロンは15日夜、強風域が国土全体を飲み込むようにバングラデシュを直撃。秒速60メートル以上の暴風や5メートル以上の高波が住民を襲った。特に被害の大きかった南西部の三角州や沿岸地域では、食糧どころか避難場所も不足しており、さらなる支援が求められている。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング