日本「宗教はおおむね自由」 米国務省07年次報告

2007年10月11日16時49分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

 駐日米大使館はこのほど、先月14日に米国務省から発表された「世界各国の宗教の自由に関する2007年版年次報告書」の日本に関する部分の邦訳文書を公式サイトで発表した。発表によれば、今回の報告の対象となった期間、昨年7月から今年6月までで、日本は「宗教はおおむね自由」との評価を受けた。



 同報告は米国務省の国際宗教自由委員会(USCIRF)が毎年9月中旬に発表するもので、信教の自由が著しく損なわれてい国は「特に懸念される国」に指定され、経済制裁などを科す際の根拠とされることがある。



 発表によれば、昨年同様に「日本国憲法は信仰(信教)の自由を定めており、政府は実際に、この権利をおおむね尊重した」と、憲法、政府の対応にそれなりの評価が与えられた。一方、信仰・信条の実践による社会的な虐待、差別に関して昨年は、統一協会、エホバの証人で一部の報告が出されたが、今年は「報告されていない」となった。



 報告書内では、文化庁が発表した05年の統計結果が紹介されており、それによると、日本は総人口が1億2800万であるにも関わらず、各宗教団体から報告されている信者数は2億1100万人と、総人口の約2倍にまで上った。これは昨年と同様の傾向であり、仏教と神道の両方の儀式を実践するというように、日本国民の多くが複数の宗教を信仰しているという結果になる。



 また、宗教別の信者数は、神道1億700万人、仏教9100万人、キリスト教300万人、イスラム教12万人、その他1000万人という統計がだされた。さらに、イスラム教徒12万人の内、10パーセントは日本人とされていることや、ユダヤ教徒は2000人であるという結果が紹介された。創価学会は800万人の信者数を報告しているという。



 さらに、05年12月までに日本国内には22万3871の宗教団体があるとされ、そのうち8割以上の18万2796団体が宗教法人として政府に認証されているという。



 一方、同報告書によって「特に懸念される国」に指定された国は今年、北朝鮮や中国、ミャンマー、イランなど8ヶ国に上った。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング