トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

JTJ宣教神学校 義とする務めにたって 26人の新たな旅立ち

信徒の顔が喜びにあふれるように JTJ宣教神学校で卒業式 26人の新たな旅立ち

JTJ宣教神学校(東京都台東区)の第25回卒業・修了式が20日、YMCAアジア青少年センター(東京都千代田区)で行われた。神学部23人、生涯学習部3人の計26人が同校での学びを終え、新たな働きの場へと旅立つ。

2017年03月26日6時56分

神学書を読む(11)島田裕巳・和田秀樹著『宗教と精神科は現代の病を救えるのか?』

神学書を読む(11)島田裕巳・和田秀樹著『宗教と精神科は現代の病を救えるのか?』

タイトルからして刺激的である。宗教の目的、そして精神科の目的。これらに共通するのは、苦しんでいたり悩んでいたりする人間を「救い」へと導くことである。

2017年03月25日19時40分

宮村武夫

聖書をメガネに 故・高本康生いのちのことば社出版部長の忘れがたい思い出 宮村武夫

今回、『新実用聖書注解』リニューアル版出版を伝え聞き、『実用聖書注解』出版の過程で経験した故・高本康生いのちのことば社出版部長の思い出が鮮明になり、今の生き方に勇気と励ましを与えてくれています。

2017年03月25日19時24分

カレブの会

この時聖書を開いた(31)主と「同行二人」で歩む 藤田達雄

東京オリンピックと新幹線の開業が重なった1964年の翌年に大学を卒業し、電子機器メーカーの海外事業部門で40年間勤めましたが、私にとって「生きる」とは「自己実現」の欲求を満たすことでありました。

2017年03月25日19時05分

津田塾大、千駄ヶ谷に新校舎完成 竣工式に120人 定礎箱には聖書

津田塾大、千駄ヶ谷に新校舎完成 竣工式に120人 定礎箱には聖書

女子大初となる総合政策学部がこの春に開設される津田塾大学の千駄ヶ谷キャンパス(東京都渋谷区)で24日、同学部のために建設されていた新校舎の竣工式が行われた。新校舎の大講義室で行われた竣工式には、大学や工事関係者ら約120人が参列した。

2017年03月25日18時47分

北朝鮮の反キリスト教宣伝映像か 子を殺す西洋人風神父の映像がネットに

北朝鮮の反キリスト教宣伝映像か 子を殺す西洋人風神父の映像がネットに

北朝鮮のテレビ番組の一部とみられる映像が最近、ネット上で公開された。映像は1時間余りの長さで、中には反キリスト教を宣伝する内容のものも含まれている。ハッカーたちが、北朝鮮で放送されているテレビ番組を入手したものだという。

2017年03月25日13時07分

「神様、罪人のわたしを憐れんでください」 自民党の石破茂元幹事長があいさつ 第17回国家晩餐祈祷会(1)

自民党の石破茂元幹事長があいさつ 第17回国家晩餐祈祷会(1)

第17回国家晩餐祈祷会が24日夜、京王プラザホテル(東京都新宿区)のコンコードの間で開かれた。国会議員や財界人のほか、さまざまな教派の教職者や信徒およそ400人が集まり、世界と日本の平和のため、また政治や経済、教育などについて祈りをささげた。

2017年03月25日10時41分

聖書さながらの事態が今も 万代栄嗣氏インド野外伝道集会レポート

聖書さながらの事態が今も 万代栄嗣氏インド野外伝道集会レポート

万代栄嗣氏(松山福音センター主任牧師)が2月23~26日の4日間、インドで野外伝道集会を開いた。23、24日に約1500人、25日に約1800人、最終日の26日は約2千人が集まった。

2017年03月24日15時39分

エルサレム近郊で1400年前の青銅貨発見 迫害逃れたキリスト教徒の遺物か

エルサレム近郊で1400年前の青銅貨発見 迫害逃れたキリスト教徒の遺物か

約1400年前の青銅貨が、エルサレムへ向かう幹線道路の拡張工事に伴い見つかった遺跡の発掘現場で発見された。硬貨は当時、意図的に隠されていたとみられ、考古学者らは、侵略してきたペルシャ軍を逃れたキリスト教徒のものであったと考えている。

2017年03月24日15時37分

日本からシリア難民の子らに手紙と支援物資を クラウドファウンディング開始

シリア難民の子らに手紙と支援物資を クラウドファウンディング開始

東日本大震災が発生した4日後、シリアでは内戦が勃発した。米国、ロシアなどの大国を巻き込み、さらにはイスラム過激派などの台頭により現在も悪化の一途を辿っている。故郷を追われた人々は難民となり、6年たった今も不自由な暮らしを強いられている。

2017年03月24日14時28分

講師

聖書の新翻訳は従来訳とどう変わるのか 日本聖書協会が埼玉で聖書事業懇談会開催

日本聖書協会(東京都中央区)は9日、新翻訳事業の報告と意見交換を目的とした聖書事業懇談会「どんな翻訳になるのですか? ―新しい聖書の特徴」をTKP大宮ビジネスセンター(さいたま市大宮区)で開催した。

2017年03月24日11時18分

ミュリエル・ハンソン

蜜と塩―聖書が生きる生活エッセイ(33)しばし黙考、そして実行 ミュリエル・ハンソン

親として、いろいろな苦しみ、緊張はありますが、昨晩はこれ以上の苦しみはないと思うほどの痛みに晒(さら)されました。子どものピアノ発表会でのことです。

2017年03月24日7時52分

穂森幸一

平安のある家庭 穂森幸一(80)

英語の home(ホーム)という言葉の語源は、「暖炉のあるところ」という意味があるという話を聞いたことがあります。暖炉で薪(まき)を燃やし、炎を見つめていると心が落ち着いてくるような気持ちです。

2017年03月24日7時31分

早川須賀子

はやねえの詩(106)重さ

人との出会いに、人との交わりに、語られる言葉に、届いてくる言葉に重さの違いを感じる。軽い言葉、上辺の言葉、心ない言葉、ズシリとこたえる言葉、重い言葉、光が照らされ、多くのことに「ああ、そうか」と気付きを与えてくれる言葉、見えなかった道を示してくれる言葉。

2017年03月24日7時19分

スーダン聖公会、独立した新「管区」へ 世界で39番目

スーダン聖公会、独立した新「管区」へ 世界で39番目

聖公会の世界的共同体であるアングリカン・コミュニオン(全世界聖公会)は、スーダン聖公会がこの夏、独立した「管区」となることを発表した。スーダン聖公会はこれまで、「南スーダンおよびスーダン聖公会管区」の内部管区だった。

2017年03月23日22時10分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング