トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(19)キリスト教葬儀を通して1 広田信也

全国の未信者や教会に集っていない信者から寄せられるキリスト教葬儀の依頼に対し、多くの牧師先生方に協力をいただきながら葬儀司式に対応する働きを進めてきた。約1年半の試行期間の中で、さまざまなご遺族から依頼をいただき、葬儀を通して学んだことを簡単に整理してみたい。

2017年05月03日6時59分

後藤牧人

日本宣教論(38)日本有罪論の根拠 後藤牧人

もちろん、簡単な方法があって、1928年のケロッグ=ブリアン条約(パリ不戦条約)以後の全ての植民地獲得戦争は罪であるとし、それ以前は無罪とするのである。

2017年05月03日6時46分

菅野直基

教会の意味は? 菅野直基

一般に「教会」と聞いてイメージするのは、看板のついた「教会堂」のことだろうと思います。でも、「教会」とは「教会堂」ではなく、「神に召された人の集まり」のことを指します。

2017年05月03日6時37分

この人に聞く(33)松代象山地下壕で朝鮮人労働者が亡くなるのを見た 野沢貞雄さん

この人に聞く(33)松代象山地下壕で朝鮮人労働者が亡くなるのを見た 野沢貞雄さん

のどかな田園風景が広がる長野県松代町。この地には、決して忘れてはいけない戦争の悲しい爪痕が残されている。松代象山地下壕だ。72年前、この工事現場に動員されたという野沢貞雄(さだお)さんから貴重な証言を聞いた。

2017年05月03日5時56分

「わたしたちの負い目を赦してください」 ドイツ教会、ナミビアの大虐殺を謝罪

「わたしたちの負い目を赦してください」 ドイツ教会、ナミビアの大虐殺を謝罪

ドイツ福音主義教会が、アフリカ南部の国ナミビアで20世紀初頭、当時のドイツ帝国が行ったジェノサイド(大虐殺)について謝罪した。聖職者が直接虐殺行為を呼び掛けたことはなかったとしつつも、植民地支配を神学的に正当化することで、加担したと指摘している。

2017年05月02日22時02分

「中国は大リバイバルのただ中」 ピューリッツァー賞受賞ジャーナリスト

「中国は大リバイバルのただ中」 ピューリッツァー賞受賞ジャーナリスト

中国は「世界的な霊的大リバイバル」のただ中にある――。米ウォール・ストリート・ジャーナル紙の北京特派員時代に、ピューリッツァー賞を受賞したイアン・ジョンソン氏(54)が最近、新刊を出版し、中国のキリスト教会が社会に大きな影響を与えていると述べている。

2017年05月02日18時26分

音楽を断念した3日後、牧師バンドの道が開けた 牧師ROCKS結成4周年記念ライブ開催へ

音楽を断念した3日後、牧師バンドの道が開けた 牧師ROCKS結成4周年記念ライブ開催へ

牧師ROCKSも結成4年目を迎え、それを記念するライブが5月18日、四谷アウトブレイク(東京都新宿区)で行われる。ファン層は幅広く、年齢、宗教、男女の枠を超え、多くの人々が彼らのライブに訪れる。

2017年05月02日15時55分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(50)なぜ福音が届きにくくなったのか 渡辺俊彦

ずいぶん前から「最近は昔のように福音が届かなくなった」という言葉をよく耳にします。そのため、多くの牧師や教会は「なぜだろう」と悶々(もんもん)とする日々を過ごしています。

2017年05月02日14時13分

百人一読―偉人と聖書の出会いから(40)レーナ・マリア 篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから(40)レーナ・マリア 篠原元

スウェーデン出身の有名なゴスペルシンガーであられるレーナ・マリアさんは、こう語っています。「・・・すべて神さまが与えてくださることがわかったので、まさに『乏しいことはない』のです」

2017年05月02日6時52分

神学書を読む(15)来住英俊著『キリスト教は役に立つか』

神学書を読む(15)来住英俊著『キリスト教は役に立つか』

ストレートなタイトルである。テレビドラマの影響か、「~役に立つ」はちょっとした流行語なのかもしれない。本書は、キリスト教的世界観をカトリック的視点から、誰でも理解できるように解説してくれている。組織神学的トピックスがほぼ網羅されているのも秀逸である。

2017年05月01日18時52分

イ・ヨンフン

まことの喜び(37)神様を喜ばせた従順 イ・ヨンフン

イエス様の一生は、苦難の一生でした。生まれた時はヘロデ王が殺そうとしたので、エジプトに2年間ほど身を隠さなければなりませんでした。その後ナザレに来て、父親ヨセフを手伝って大工の仕事を学びました。

2017年05月01日8時02分

万代栄嗣

癒やしの恵みを制限しない 万代栄嗣

主の癒やしを語るとき、単に病気が治るとか、痛みがなくなるということだけで終わりません。イエスが、死そのものを取り扱われ、死人さえ生き返り、癒やされるという記事が、特に福音書の中に幾つも書かれていることを忘れてはいけません。

2017年05月01日7時42分

カトリック赤堤教会でシリア支援トークショーとチャリティーコンサート開催

カトリック赤堤教会でシリア支援トークショーとチャリティーコンサート開催

内戦が続くシリアに思いを寄せようと、「戦争・平和・音楽を考える会」主催によるチャリティーコンサートが4月8日、カトリック赤堤教会(東京都世田谷区)で開催された。また、内戦前の日常を知るシリア人2人によるトークショーもこの日、行われた。

2017年05月01日6時49分

世界自転車旅行記(23)サラエボ~ドゥブロヴニクの旅 木下滋雄

世界自転車旅行記(23)サラエボ~ドブロブニクの旅 木下滋雄

今回は昨年9月に行ってきたサラエボ~ドブロブニクの旅。世界遺産を紹介するテレビでモンテネグロのドゥルミトルをやっていた。山がとてもきれいだ。かつて欧州横断をしたときは、当時のユーゴスラビアは内戦中で迂回(うかい)して走った。

2017年04月30日18時33分

牧師の小窓(78)映画「沈黙」を見て5 遠藤周作氏の理解したイエス・キリスト 福江等

牧師の小窓(78)映画「沈黙」を見て5 遠藤周作氏の理解したイエス・キリスト 福江等

映画「沈黙」についてもう少し考えてみたいと思います。ロドリゴ神父が穴の中に逆さ吊りの拷問を受けているキリシタンたちの姿を見たとき、彼には「踏み絵」を踏むことしか道は残されていませんでした。

2017年04月30日17時29分

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング