トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

キリスト教会が地域に根を張っていくには 日本キリスト教連合会定例会で稲垣久和氏講演 

キリスト教会が地域に根を張っていくには 日本キリスト教連合会定例会で稲垣久和氏が講演 

「今、キリスト教の公共的役割を問う―日本宣教500年?」というテーマで14日、キリスト教連合会定例講演会が日本聖公会牛込聖公会聖バルナバ教会で開催された。講師を務めたのは、東京基督教大学大学院教授、共立基督教研究所長の稲垣久和氏。

2017年02月20日11時17分

東京都美術館

聖書のエピソードが色彩豊かに 「ティツィアーノとヴェネツィア派展」東京都美術館で開催中

「ティツィアーノとヴェネツィア派展」が上野の東京都美術館で開催中だ。日本とイタリアの国交樹立150周年を記念して、ティッツァーノをはじめとするヴェネツィア派を代表する画家たちの作品約70点が展示されている。4月2日まで。

2017年02月19日7時33分

米国の難民受け入れ、キリスト教徒とイスラム教徒のどちらが多い?

米国の難民受け入れ、キリスト教徒とイスラム教徒のどちらが多い?

米国の世論調査機関「ピュー研究所」の調査(英語)によると、2016年度に米国への入国が認められた宗教的少数派の難民のうち、大部分がキリスト教徒であることが分かった。一方、宗教的多数派で米国への入国が認められた難民は、イスラム教徒が多かった。

2017年02月20日19時40分

仏とイスラエルの考古学者ら、エルサレム近郊で「契約の箱」の発掘調査を計画

仏とイスラエルの考古学者ら、エルサレム近郊で「契約の箱」の発掘調査を計画

フランスとイスラエルの考古学者らが、8月からエルサレム郊外で「契約の箱」の発掘調査を行う計画を立てている。契約の箱の中には、神がモーセに授けた十戒が刻まれた石板が納められていると考えられている。

2017年02月20日23時35分

イラクのキリスト教徒、2年ぶりに帰還 ISに破壊された教会で礼拝

「イラクのためのマーシャル・プラン」 教会がキリスト教徒の村々の再建を支援へ

現在もイスラム過激派による脅威にさらされているイラクのキリスト教徒たちが生活を再建する手助けをしようと、イラクの教会が新しい計画を発表した。この再建支援を主導するのは、カトリック系の慈善団体「エイド・トゥー・ザ・チャーチ・イン・ニード」(ACN)。

2017年02月20日23時50分

映画「沈黙」 ロドリゴ神父の実在モデルとなったキアラ神父の信仰

映画「沈黙」 ロドリゴ神父の実在モデルとなったキアラ神父の信仰

京王線調布駅から北に15分ほど歩いた閑静な住宅街に、サレジオ会調布修道院はある。広大な敷地には、カトリック調布教会や「チマッティ資料館」(サレジオ会の日本布教の先駆者、ヴィンセンティオ・チマッティ神父を記念したもの)も建っている。

2017年02月18日6時56分

米黒人教会乱射事件

「彼への希望は捨てない」 米教会銃乱射事件犯人に洗礼授けた牧師の思い

2015年6月、米サウスカロライナ州の黒人教会で銃を乱射し、牧師を含む黒人の男女9人を殺害した22歳の白人青年、ディラン・ルーフ死刑囚。ルーフ死刑囚に洗礼を授けたリチャード・グラフ牧師が最近、地元テレビ局の取材に応じ、今でも希望を捨てていないことを明かした。

2017年02月18日23時58分

リバイバル・スクール

「今、日本はリバイバルの第1段階にある」 HROCKチャーチのチェ・アン牧師がリバイバル・スクール

チェ・アン牧師が「今は日本の時である」という聖霊の促しを感じて、18人のHROCKチャーチ・チームと共に来日し、16日と17日の2日間、21世紀キリスト教会(東京都渋谷区)でリバイバル・スクールを開催している。

2017年02月17日11時34分

山城博治さんらの逮捕・勾留に抗議、釈放を要求 バプ連理事会が声明

日本バプテスト連盟理事会は、沖縄の米軍基地反対運動のリーダーとして活動していた沖縄平和運動センターの山城博治(ひろじ)議長(64)らが昨年10月に逮捕され、現在も勾留が続いていることに対して抗議する声明(9日付)を発表した。

2017年02月17日12時54分

両親に捨てられた男の子、宣教師の思いやりが救う 1年で驚くべき回復

両親に捨てられた男の子、宣教師の思いやりが救う 1年で驚くべき回復

優しさと思いやりのなせることは、何と素晴らしいことだろう。ナイジェリアの道端で昨年、両親に捨てられた1人の男の子が、ある女性宣教師の手によって救われた。そして、それから1年たった今、男の子は学校に通い始めるところまで健康を取り戻したという。

2017年02月17日23時14分

中国人留学生、海外で救われても8割が帰国後に信仰失う

中国人留学生、海外で救われても8割が帰国後に信仰失う

海外ではクリスチャン、でも母国ではノンクリスチャン――。米外交専門誌「フォーリン・ポリシー」(英語)は最近、海外留学中に救われても、帰国すると信仰を失ってしまう中国人学生が非常に多いことを伝えた。

2017年02月17日20時28分

ギャンブル依存症から抜け出して見えたもの ティーンチャレンジ岡山センター

ギャンブル依存症から抜け出して見えたもの ティーンチャレンジ岡山センター

薬物・アルコール・ギャンブル依存症者の更生と社会復帰をキリスト教精神で支援する「ティーンチャレンジ」。2013年にオープンした岡山センターを取材した。

2017年02月16日21時08分

『キリスト教と戦争』著者・石川明人氏(桃山学院大准教授)インタビュー(1)

『キリスト教と戦争』著者・石川明人氏(桃山学院大准教授)インタビュー(1)

著者の石川明人氏は、これまで従軍チャプレンなどを扱った『戦場の宗教、軍人の信仰』など、キリスト教と戦争をテーマに数冊の本を出版してきた。このテーマにおいては数少ないというより、ほとんど日本で唯一の研究者だ。

2017年02月16日19時28分

教会もっと読む

神学・教育もっと読む

宣教もっと読む

国際もっと読む

社会もっと読む

JIFH、「世界里親会」から「チャイルドサポーター」に名称変更 地域全体の変革を目指す

日本国際飢餓対策機構(JIFH)は1月、子ども支援制度「世界里親会」の名称を「チャイルドサポーター」に変更した。「子どもが学校に行けるように」というゴールをより広範囲なものに捉え直し、子どもたちの土台である地域社会の変革・貧困脱却に向けての活動を進める。

文化もっと読む

コラム

人気記事ランキング

最新のコメント

最新のイベント

スマートフォン版へ