性的虐待

日本のカトリック聖職者による性的虐待、中央協議会が調査状況を説明

日本のカトリック聖職者による性的虐待について、カトリック中央協議会は15日、公式サイトで現在の調査状況を明らかにした。ローマ教皇フランシスコが来週末から来日するのを前に、調査状況に関する問い合わせがあるとして公表した。

2019年11月16日1時04分

サドルバック教会のケイ・ウォレンさん、幼少期の性的虐待経験語る

サドルバック教会のケイ・ウォレンさん、幼少期の性的虐待経験語る

米カリフォルニア州のメガチャーチ「サドルバック教会」を、夫のリック・ウォレン牧師と共に設立したケイ・ウォレンさんが、幼少期に自身が経験した性的虐待とその影響を語るとともに、性的虐待問題への効果的な対処を教会に求めた。

2019年10月10日11時29分

クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパンで性的虐待やいじめ、報告66件 第3者機関が調査

クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパンで性的虐待やいじめ、報告66件 第3者機関が調査

東京都東久留米市にあるインターナショナル・スクール「クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパン」で、1950年~90年代に、生徒に対して身体的・性的虐待が行われたり、深刻ないじめがあったりしたなどとして、第3者機関による調査が行われている。

2019年07月16日15時55分

人種差別や性的虐待に関与の教会は除名 南部バプテスト連盟が総会で議決

人種差別や性的虐待に関与の教会は除名 南部バプテスト連盟が総会で議決

米プロテスタント最大教派の南部バプテスト連盟(SBC)は11日、アラバマ州バーミンガムで開催した年次総会で、人種差別で告発された教会や、性的虐待に対して適切な対処を怠った教会は除名とすることを圧倒的多数で可決した。

2019年06月14日12時38分

日本カトリック司教協議会、聖職者の性的虐待問題で調査実施へ

日本カトリック司教協議会は、聖職者による未成年者に対する性的虐待が世界的に発覚している問題を受け、国内でも初めて本格的な調査を実施することを決めた。4日に開かれた常任司教委員会で決まったもので、全国16教区を通じ、早期の実施を目指す。

2019年04月10日21時15分

米国福音同盟理事会、「性的純潔と児童保護への呼び掛け」決議を採択

米国福音同盟理事会、「性的純潔と児童保護への呼び掛け」決議を採択

教会における性的虐待が全米で多数報告されている問題を受け、米国福音同盟(NAE)理事会は各教会に対し、牧師やスタッフ、ボランティアなどを厳格に選定する包括的措置を講じるよう勧告する決議を採択した。

2019年03月24日21時26分

バチカン

性的虐待問題でバチカン初会議、教皇「断罪の言葉でなく、具体的措置を」

バチカン(ローマ教皇庁)で21日、カトリック教会内の児童性的虐待撲滅を主題とした初の会議が始まった。ローマ教皇フランシスコは、会議に集まった約190人の教会指導者らに対し、この危機を終結させる具体的な解決策を見いだすよう求めた。

2019年02月22日14時23分

セオドア・マカリック

セオドア・マカリック米ワシントン名誉大司教、性的虐待で聖職剥奪

バチカン(ローマ教皇庁)は16日、性的虐待疑惑が持たれていた米ワシントン名誉大司教のセオドア・マカリック元枢機卿(88)について、聖職者としての地位を剥奪することを決定したと発表した。

2019年02月18日16時15分

南部バプテスト連盟で性的虐待被害者700人、米最大のプロテスタント教派

南部バプテスト連盟で性的虐待、被害者700人以上 米最大のプロテスタント教派

米最大のプロテスタント教派である南部バプテスト連盟(SBC)で、過去20年間に牧師や執事、日曜学校の教師ら約380人が性的虐待を行い、被害者が700人以上に上ることが報じられた。米テキサス州の新聞社2紙が共同で調査報道した。

2019年02月13日19時29分

マカリック元枢機卿の性的虐待に関する真相究明要求案、米司教協議会が否決

「カトリック世界ニュース」(CWN)が14日報じたところでは、米国カトリック司教協議会は、セオドア・マカリック元枢機卿の性的虐待に関する真相公表をバチカン(ローマ教皇庁)に要求するとの決議案を、混乱した討議のすえ、137対85票で否決した。

2018年11月21日10時51分

ノーベル平和賞受賞、牧師の息子であるデニ・ムクウェゲ医師の信仰

ノーベル平和賞受賞、牧師の息子であるデニ・ムクウェゲ医師の信仰

今年のノーベル平和賞は、性暴力被害者の治療に長年携わってきたコンゴ(旧ザイール)の婦人科医、デニ・ムクウェゲ氏と、「イスラム国」(IS)から受けた性暴力の実態を世界に発信してきたイラク人女性のナディア・ムラド氏に贈られることが決まった。

2018年10月12日22時05分

ローマ教皇フランシスコ

「祈りと断食で悔い改めを」 性的虐待受け、教皇が全信徒に向け書簡 日本語訳全文が公開

聖職者らによる未成年者に対する性的虐待問題を受け、教皇フランシスコは、カトリック教会の全信徒に向けた書簡を発表した。こうした事態が二度と繰り返されないよう、教会全体で取り組む必要があると強調し、「祈りと断食という悔い改めのわざ」を勧めた。

2018年09月01日23時54分

過去70年で未成年者千人に性的虐待、米ペンシルベニア州 バチカンが声明「遺憾」

過去70年で未成年者千人に性的虐待、米ペンシルベニア州 バチカンが声明「遺憾」

米ペンシルベニア州のカトリック教会の聖職者300人以上が過去70年にわたり、未成年者約千人に性的虐待を加えていたとされる問題で、バチカンのグレッグ・バーク報道官は16日、「遺憾の意」を表明した。

2018年08月20日20時50分

セオドア・マカリック

前ワシントン大司教のセオドア・マカリック枢機卿が「辞任」

バチカン(ローマ教皇庁)の有能な外交官として知られた、前ワシントン大司教のセオドア・マカリック枢機卿(88)が7月27日、枢機卿会議からの辞任を要請した。枢機卿会議からの辞任は、1927年にルイス・ビヨ神父が辞任して以来のこと。

2018年08月08日22時00分

セオドア・マカリック

米国のセオドア・マカリック枢機卿に聖職行使停止処分、未成年者への性的虐待容疑で

バチカン(ローマ教皇庁)は、米ワシントン大司教区の元責任者セオドア・マカリック枢機卿(87)の45年前の未成年者への性的虐待容疑に対し「信頼できるもので、実証に基づいた容疑」と判断し、今後の一切の聖職行使の停止を言い渡した。

2018年06月25日19時52分

豪アデレード大司教に幼児性的虐待隠ぺいで有罪判決

オーストラリアのニューキャッスル地方裁判所のロバート・ストーン治安判事が22日、カトリック教会アデレード教区のフィリップ・ウイルソン大司教(67)に、同僚司祭による幼児性的虐待を隠ぺいしたとして、有罪判決を下した。

2018年05月28日20時42分

チリのカトリック司教34人が辞意、児童性的虐待スキャンダル受け

チリのカトリック教会の司教34人が18日、同国でのカトリック聖職者らによる児童性的虐待スキャンダルを受けて辞任する意向を明らかにした。告発を受け、教皇フランシスコは同国の司教らをバチカンに招集、3日間の集中的な協議を行った。

2018年05月22日4時16分

バチカン財務長官ペル枢機卿、性的暴行容疑で陪審裁判に バチカン3番目の地位

バチカン財務長官のペル枢機卿、性的暴行容疑で陪審裁判に バチカン3番目の地位

オーストラリア・ビクトリア州メルボルンの治安判事裁判所は1日、バチカン(ローマ教皇庁)財務長官のジョージ・ペル枢機卿(76)を複数の性的暴行容疑について陪審裁判にかける判断を下した。

2018年05月07日21時07分

バチカン

バチカン、「違反行為」理由にグアム大司教解任 島内の居住も禁止

バチカン(ローマ教皇庁) は18日までに、米領グアム島のアンソニー・アプロン大司教(72)を解任し、同島での居住を禁じるとの報道文を発表した。

2018年03月20日14時20分

前ボストン大司教のバーナード・ロー枢機卿死去、性的虐待事件隠蔽で批判受ける

前ボストン大司教のバーナード・ロー枢機卿が、自宅のあるローマで死去した。86歳。死亡日時や死因などは明らかにされていない。1931年メキシコ生まれ。米ハーバード大学卒業後、ルイジアナ州の神学校などを経て、84年ボストン大司教に任命された。

2017年12月27日23時28分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース