性的虐待

「グレース・オブ・ゴッド」 被害者視点で描かれた神父事件が問う「それでも神を信じますか?」

「グレース・オブ・ゴッド」 被害者視点で描かれた神父事件が問う「それでも神を信じますか?」

2016年1月に捜査が開始された「プレナ神父事件」。フランスのカトリック神父が信者家庭の少年たちに性的暴行を加え続けていたことを告発するこの事件は、カトリック界に激震を与えるものとなった。

2020年06月25日17時02分

「カトリック神父による性暴力被害者の会」設立へ 21日に緊急集会

日本のカトリック聖職者による性暴力被害を訴える信徒らが21日、長崎市内で緊急集会を開催する。集会では被害当事者が実体験を語るとともに、「カトリック神父による性暴力被害者の会」(仮称)もこの日、設立する考え。

2020年06月19日23時03分

仁川カトリック大学初代総長、神学生ら9人に性的虐待で免職処分

韓国のカトリック仁川(インチョン)教区は19日、仁川カトリック大学初代総長であった司祭が約20年前、在職時に神学生ら9人に性的虐待を行っていたとして、教区長の鄭信喆(ジョン・シンチョル)司教名による謝罪文を教区のホームページで発表した。

2020年05月19日23時46分

女性信徒への強制わいせつ容疑で書類送検の神父、不起訴に 長崎大司教区

女性信徒への強制わいせつ容疑で書類送検されていたカトリック長崎大司教区の神父(45)について、長崎地検は16日、不起訴処分にしたと発表した。処分は8日付。被害者のプライバシーに配慮して、地検は処分理由を明らかにしていない。

2020年04月21日17時29分

聖職者による児童性的虐待問題 日本のカトリック各教区が決意表明

聖職者による児童性的虐待問題 日本のカトリック各教区が決意表明

聖職者による未成年者に対する性的虐待の問題を受けて、カトリック教会の各教区が決意表明を発表している。13日には、長崎大司教区がホームページで発表。14日現在、全16教区のうち8教区がホームページで決意表明を公表している。

2020年04月14日18時43分

バチカン元財務長官のペル枢機卿、性的虐待裁判で逆転無罪

バチカン元財務長官のペル枢機卿、性的虐待裁判で逆転無罪

オーストラリアの連邦最高裁は7日、1996年に聖歌隊の男子児童2人(いずれも当時13)=1人はすでに死亡=に性的虐待を働いたとして、罪に問われていたバチカン(ローマ教皇庁)元財務長官のジョージ・ペル枢機卿(78)の上告審で無罪を言い渡した。

2020年04月08日14時40分

日本のカトリック聖職者による児童性的虐待、訴えは16件 司教協議会が調査結果を発表

日本のカトリック聖職者による児童性的虐待、訴えは16件 司教協議会が調査結果を発表

日本のカトリック聖職者による未成年者に対する性的虐待について、日本カトリック司教協議会は7日、調査結果を明らかにした。「聖職者より性虐待を受けた」とされる訴えは16件で、髙見三明会長は「被害者と関係者の方々に深くお詫びいたします」と述べた。

2020年04月07日22時54分

「ラルシュ」創設者のジャン・バニエ氏、女性6人に性的虐待

「ラルシュ」創設者のジャン・バニエ氏、女性6人に性的虐待

昨年5月に亡くなったカトリック思想家ジャン・バニエ氏が生前、6人の女性に性的虐待を加えていたことが、専門機関の調査で分かった。バニエ氏が創設した知的障がいを持つ人と持たない人の共同体「ラルシュ」の国際連盟が22日、調査結果を発表した。

2020年02月25日15時51分

米南部バプテスト連盟国際宣教局、性的虐待の防止・対応で専門職創設

米南部バプテスト連盟国際宣教局、性的虐待の防止・対応で専門職創設

米国の南部バプテスト連盟(SBC)国際宣教局(IMB)がこのほど、性的虐待の防止と対応を目的とした新しい専門職を局内に創設した。SBCをめぐっては昨年2月、過去20年間に性的虐待の被害者が700人以上に上ることが報じられていた。

2020年02月23日17時02分

カトリック長崎大司教区の40代司祭、強制わいせつ容疑で書類送検

カトリック長崎大司教区で、女性信徒が40代の司祭から性的な被害を受けたと訴えていた事件で、長崎県警は3日、強制わいせつ罪で司祭の男性を書類送検した。2018年5月、長崎県内の自身の教会に女性を呼び出し、抱き付いたり、体を触ったりした疑い。

2020年02月04日23時50分

ローマ教皇フランシスコ

教皇フランシスコ、「教皇機密」の対象から性的虐待関連の事案を除外

ローマ教皇フランシスコはこのほど、「教皇機密」と呼ばれる守秘義務の対象から、性的虐待関連の事案を除外することを決めた。また、聖職者の「最も重大な犯罪」としている未成年者ポルノの入手などについて、対象を14歳未満から18歳未満に引き上げた。

2019年12月18日17時09分

カトリック長崎大司教区、40代司祭を聖職停止 女性信徒が性的被害訴え

カトリック長崎大司教区は、女性信徒が40代の司祭から性的な被害を受けたと訴え、司祭を暫定的に聖職停止処分にしたことを明らかにした。女性は被害届を提出しており、警察が強制わいせつ容疑で捜査している。

2019年11月29日21時14分

日本のカトリック聖職者による性的虐待、中央協議会が調査状況を説明

日本のカトリック聖職者による性的虐待について、カトリック中央協議会は15日、公式サイトで現在の調査状況を明らかにした。ローマ教皇フランシスコが来週末から来日するのを前に、調査状況に関する問い合わせがあるとして公表した。

2019年11月16日1時04分

サドルバック教会のケイ・ウォレンさん、幼少期の性的虐待経験語る

サドルバック教会のケイ・ウォレンさん、幼少期の性的虐待経験語る

米カリフォルニア州のメガチャーチ「サドルバック教会」を、夫のリック・ウォレン牧師と共に設立したケイ・ウォレンさんが、幼少期に自身が経験した性的虐待とその影響を語るとともに、性的虐待問題への効果的な対処を教会に求めた。

2019年10月10日11時29分

クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパンで性的虐待やいじめ、報告66件 第3者機関が調査

クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパンで性的虐待やいじめ、報告66件 第3者機関が調査

東京都東久留米市にあるインターナショナル・スクール「クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパン」で、1950年~90年代に、生徒に対して身体的・性的虐待が行われたり、深刻ないじめがあったりしたなどとして、第3者機関による調査が行われている。

2019年07月16日15時55分

人種差別や性的虐待に関与の教会は除名 南部バプテスト連盟が総会で議決

人種差別や性的虐待に関与の教会は除名 南部バプテスト連盟が総会で議決

米プロテスタント最大教派の南部バプテスト連盟(SBC)は11日、アラバマ州バーミンガムで開催した年次総会で、人種差別で告発された教会や、性的虐待に対して適切な対処を怠った教会は除名とすることを圧倒的多数で可決した。

2019年06月14日12時38分

日本カトリック司教協議会、聖職者の性的虐待問題で調査実施へ

日本カトリック司教協議会は、聖職者による未成年者に対する性的虐待が世界的に発覚している問題を受け、国内でも初めて本格的な調査を実施することを決めた。4日に開かれた常任司教委員会で決まったもので、全国16教区を通じ、早期の実施を目指す。

2019年04月10日21時15分

米国福音同盟理事会、「性的純潔と児童保護への呼び掛け」決議を採択

米国福音同盟理事会、「性的純潔と児童保護への呼び掛け」決議を採択

教会における性的虐待が全米で多数報告されている問題を受け、米国福音同盟(NAE)理事会は各教会に対し、牧師やスタッフ、ボランティアなどを厳格に選定する包括的措置を講じるよう勧告する決議を採択した。

2019年03月24日21時26分

バチカン

性的虐待問題でバチカン初会議、教皇「断罪の言葉でなく、具体的措置を」

バチカン(ローマ教皇庁)で21日、カトリック教会内の児童性的虐待撲滅を主題とした初の会議が始まった。ローマ教皇フランシスコは、会議に集まった約190人の教会指導者らに対し、この危機を終結させる具体的な解決策を見いだすよう求めた。

2019年02月22日14時23分

セオドア・マカリック

セオドア・マカリック米ワシントン名誉大司教、性的虐待で聖職剥奪

バチカン(ローマ教皇庁)は16日、性的虐待疑惑が持たれていた米ワシントン名誉大司教のセオドア・マカリック元枢機卿(88)について、聖職者としての地位を剥奪することを決定したと発表した。

2019年02月18日16時15分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース