さとうりょうこ   

1978年生まれ。埼玉県在住。2013年、友人の導きにより、日本ホーリネス教団久喜キリスト教会において信仰を持つ。現在、県内の障がい者施設で働きながら、加須市の東埼玉バプテスト教会に通い、2018年4月1日イースターに木田浩靖牧師のもとでバプテスマを受ける。フェイスブックページ「さとうりょうこ 祈りの部屋」。

記事一覧

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(1)ま白い光

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(最終回)猫楽街からの手紙

「さようなら。またお会いできる日を楽しみにしています」。そう言ってマリヤは戸を閉めました。心は期待で満ちあふれておりました。「誰かの役に立てるのかもしれない」。そんな期待です。

2019年12月13日23時03分

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(1)ま白い光

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(6)ベールをはずして

マリヤは庭で採れたローズマリーを瓶に詰めて、新鮮な水を注いでおりました。心はまるで、蛇口から沸き出る新鮮な地下水のように、さわやかでありました。そして、ふと「自分は誰も憎んでいない」ことに気付きました。

2019年12月06日12時45分

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(1)ま白い光

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(5)猫楽街

その街のうわさを、サダ姉は以前から聞いていました。「その街は、神を信じる、現実逃避の愚か者たちが身を寄せ合って暮らしていて、一様に貧しく苦しんでいるのに一向に神の助けも来ないバカげた街」と。それが「猫楽街」のはずでした。

2019年11月29日19時00分

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(1)ま白い光

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(4)十字架の門

マリヤはうっすらとまぶたを開けました。すると、暗がりに包まれた部屋が、白い粒子がちりばめられたかのように光り輝いていたのです。見慣れたはずの小さな部屋は、まるで神様の幕屋の中であるように神聖な空気に満ちあふれていたのです。

2019年11月22日10時42分

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(1)ま白い光

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(3)光の道の始まり

「いいかい、聞きなさい。人は決して見た目なんかではないんだよ。美しさというものはその人の魂からあふれ出るものなんだからね」。今日までサダ姉をよく看てくれたおばあちゃんはそう言って、サダ姉の顔の包帯に手を掛けました。

2019年11月16日22時43分

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(1)ま白い光

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(2)私たちの武器

そのころ、マリヤは故郷の家のベッドの上に横たわっておりました。たった3日にすぎなかった背徳の街への旅でしたが、まだ心も体もくたくたで、起き上がることができずにいました。母親はマリヤを気遣い、白湯やそぼろ入りの白がゆを与えてくれました。

2019年11月08日23時44分

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(1)ま白い光

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(1)ま白い光

私が欲しいのは美しい心。人をねたまず、人を愛し、病んだ人や年老いた人の世話をする、花を愛するおとめの心、その潤った白桃色の唇からは、生きていることを喜ぶ歌が絶えることがない。そんなおとめになりたかった。

2019年11月01日17時55分

続・背徳の街のマリヤ~悪魔の花嫁~

続・背徳の街のマリヤ~悪魔の花嫁~(最終回)真白い花嫁

「わが妻よ。どうか私を見ておくれ」。その頃・・・どうしたことでしょう。悪魔がしおらしくサダ姉に懇願しているのです。サダ姉は鏡台の前に座り、鏡をじっと見つめたままほうけた顔をしておりました。「妻・・・」。そう唇を動かし、かすかに笑いました。

2019年09月07日10時57分

続・背徳の街のマリヤ~悪魔の花嫁~

続・背徳の街のマリヤ~悪魔の花嫁~(5)シロツメクサの冠

マリヤの心は茫然として、もはや大切なお父さんとの約束も守れないと思いました。・・・「3日で帰ってくる」と約束をして、祈りながら待っているお父さんとお母さん、愛する庭の、友達のような木々や花たちを思い出し、「ごめんね」とつぶやきました。

2019年08月30日18時57分

続・背徳の街のマリヤ~悪魔の花嫁~

続・背徳の街のマリヤ~悪魔の花嫁~(4)取引

猫吊り通りの女主人の店は、店じまいを始めます。少年少女たちはいっせいに、店の片づけに駆り出されます。サダ姉は「しっかり働くんだよ。チリ一つ落ちていたらどんな目に合うか分かっているね」と言い捨てると、大あくびをして自分の部屋に戻りました。

2019年08月24日14時54分

続・背徳の街のマリヤ~悪魔の花嫁~

続・背徳の街のマリヤ~悪魔の花嫁~(3)悪魔の花嫁

「いつまで寝ているんだい?怠け者め!」。そう声がしたかと思うと、アンナはわき腹を蹴られて目を覚ましました。見上げると、この店にもう20年も暮らしているサダ姉が目を吊り上げておりました。

2019年08月17日12時31分

背徳の街のマリヤ(1)暗く深い闇

続・背徳の街のマリヤ~悪魔の花嫁~(2)猫吊り通り

その晩、夕食の祈りの後でマリヤは手紙のことを父に話しました。そしていつかマリヤを助けてくれた少女、アンナに会いに行きたいと伝えました。父はしばらくうつむいて、送られてきたカードを何度も見るとため息をつきました。

2019年08月09日21時59分

背徳の街のマリヤ(1)暗く深い闇

続・背徳の街のマリヤ~悪魔の花嫁~(1)「たすけて」

「お父さん、まだ帰ってこないのかしら」。マリヤは、不安げに窓の外をのぞきました。「大丈夫よ。寄り道をして、マリヤにプレゼントでも買っているのかもしれないよ」。そう言って笑う母親は、台所でコロッケを揚げています。

2019年08月02日22時08分

背徳の街のマリヤ(1)暗く深い闇

背徳の街のマリヤ(最終回)最も高価な愛

不思議です。大嫌いだった朝の景色が、輝いて見えるのです。今まで花なんて見たことがなかった汚い路地に、ここにも、そこにも、小さな野花が顔を出していることに気付きました。

2019年04月14日22時49分

背徳の街のマリヤ(1)暗く深い闇

背徳の街のマリヤ(4)あたたかな光

「あなたは誰ですか」。マリヤはうなされるようにそう言って、寝返りを打ちました。マリヤはあの朝、やっとのことで立ち上がり、自分の部屋に戻ったはいいけれど、それからもう10日間、高熱に侵され続けていたのです。

2019年04月07日22時04分

背徳の街のマリヤ(1)暗く深い闇

背徳の街のマリヤ(3)蜘蛛の巣

マリヤはカフェで働き口を見つけていました。カフェといっても、昼間からお酒を飲む人も少なくはなく、夜は騒がしく酔いどれ人で盛り上がり、朝方には踊り出す人もいる始末。このカフェの掃除や、泥酔する客の相手がマリヤの仕事でした。

2019年03月31日18時34分

背徳の街のマリヤ(1)暗く深い闇

背徳の街のマリヤ(2)闇の子

マリヤを乗せた列車はガタゴトと、線路の上をひた走りました。幾つもの村や町を通り過ぎて、終点の「背徳の街」を目指します。新聞やニュースで「背徳の街」のことを聞かない日はありませんでした。

2019年03月24日22時21分

背徳の街のマリヤ(1)暗く深い闇

背徳の街のマリヤ(1)暗く深い闇

七色のネオンが朝まできらめくビルディングの谷間でのことでした。「ねえ、一緒に飲まない?」。サテンのロングドレスに、くれない色のショールで寒そうに肩を隠したマリヤは、道行く男と目を合わせて、甘い声でささやきます。

2019年03月17日19時53分

はっつぁんとかおる姫(1)知っている景色

はっつぁんとかおる姫(最終回)真っ白な世界

光のまぶしさに目を覚ましました。まぶたの裏が焼けつくような、強烈な光でした。太陽の光が雪に反射して、真夏のようにまぶしい朝が来ておりました。寝ぼけ眼のまま、コートを羽織り、ポケットにお財布を入れ、長靴を履いて外に出ました。

2018年12月30日21時49分

はっつぁんとかおる姫(1)知っている景色

はっつぁんとかおる姫(5)長い夜

かおるは、通帳とにらめっこをしていました。はっつぁんのために、暖かいダウンジャケットを買ってあげようと思ったのです。しかし、生活費を切り詰めても、ダウンジャケットを買えるだけのお金は見当たりません。カレンダーを見上げてため息をつきます。

2018年12月23日23時58分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース