論説・コラム

臼田宣弘

パウロとフィレモンとオネシモ(3)「フィレモンとアフィア」―何をしていた人たちなのか― 臼田宣弘

今回は「フィレモンとアフィアは何をしていた人たちなのか」ということを考えてみたいと思います。まずフィレモンですが、彼は自分の家を教会として開放し、オネシモをはじめとする奴隷を有していたのですから、裕福な人物であったでしょう。

2019年10月17日11時19分

新渡戸稲造

太平洋の橋―新渡戸稲造の生涯(4)クエーカー教徒との出会い

それは札幌農学校3年目、1880(明治13)年の夏だった。稲造はなぜか急に母に会いたくなったので、休暇を利用して札幌を出発した。久しぶりに旅をするのでゆったりした気分になり、あちこち寄り道をしてから、ようやく盛岡の実家に着いた。

2019年10月16日15時23分

後藤牧人

日本宣教論(102)「学習のための集団」型 後藤牧人

日本のキリスト教会は、「礼拝者の共同体」を形成するとき、この「学習のための集団」のパターンに従って自己を形成しているように思われる。実は、これらの集団には、日本の教会との間の共通性をかなり発見できるように思う。

2019年10月15日22時45分

万代栄嗣

忘れてはならない福音の神髄 万代栄嗣

日本には伝統としての祭りがありますが、救い主イエスの愛と十字架の恵みを知った私たちは、まことの神を信じて生きることと、人間が石や木や紙で作った神を拝むこととは全く違うことが分かります。

2019年10月14日21時31分

牧師の小窓(188)ジョン・ウェスレーの「契約の祈り」 福江等

牧師の小窓(188)ジョン・ウェスレーの「契約の祈り」 福江等

主よ。私はもはや自分のものではなく、あなたのものです。あなたが望まれる所に私を置いてください。あなたが望まれる人々と共に私を置いてください。行うべきことを行えるように、苦しむべきことを苦しめるように。あなたのために働く者としてください。

2019年10月13日7時25分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(216)聖書の天地創造の記事は誰が見て書いたのか? 正木弥

よくは分かりません。分かっていることは、天地創造の初めのとき、人間はまだ造られていなかったので、誰も直接は見る余地はなかったということです。あるいは、モーセに神が直接霊感を与え、教えたのかもしれません。確たることは分かりません。

2019年10月12日17時01分

佐々木満男

3日間だけでも目が見えたら 佐々木満男

「目が見えない、耳が聞こえない、口が話せない」。生涯にわたって三重苦を負いつつ生き抜いたヘレン・ケラー。「3日間だけでも目が見えたら」というエッセイには、要約すると、次のように彼女の心からの願いが書かれている。

2019年10月11日13時32分

平林けい子

主は生きておられる(119)秋 平林けい子

やっと秋が来た。例年にないあの猛暑の後、秋の到来を待ち構えていた。ミカン、柿、くり、食欲の秋。それにも増して霊の食欲の秋。昼間もしのぎよい、夜長はもっとしのぎよい。信仰書を読むベストタイム。

2019年10月11日12時52分

新・景教のたどった道(19)唐代景教最初の宣教師、大秦国の阿羅本について 川口一彦

新・景教のたどった道(19)唐代景教最初の宣教師、大秦国の阿羅本について 川口一彦

阿羅本は大秦國の人で読みは不明。アラホン、アラベン、アブラハム、アルワーン、アロペン、ラバンなどの読みがあります。ペルシアからシルクロードで入唐した景教徒初代宣教師。生没年は不詳。

2019年10月10日21時25分

教会の成長拡大に貢献する人財の育成(20)信仰による前進 ジョシュア佐佐木

教会の成長拡大に貢献する人財の育成(20)信仰による前進 ジョシュア佐佐木

信仰は、現在は物理的には影も形もない思いや考えを、物理的な実体や現象としての事実に転換するための原動力です。祈り求めるものは、すでに得たと信じること。今は見えていないものを、見ずに信じ切ることが肝要なのです。

2019年10月09日22時24分

京大式・聖書ギリシャ語入門(15)「あなたがた偽善者に災いあれ」―第3変化名詞の曲用(2)と約音動詞(2)―

京大式・聖書ギリシャ語入門(15)「あなたがた偽善者に災いあれ」―第3変化名詞の曲用(2)と約音動詞(2)―

皆さん、こんにちは。京大式・聖書ギリシャ入門を担当させていただいております、宮川創、福田耕佑です。今講座からしばらく中断していた聖書本文の解説に戻りたいと思います。

2019年10月07日22時33分

佐伯玲子

闇から光へ~的外れからの解放~(95)オンエア後の反響 佐伯玲子

TBS人気番組「爆報! THEフライデー」、番組MC「爆笑問題」の同期芸人!というだけで出演依頼を頂き、“新興宗教に洗脳され、解放されたエピソード”で大きく取り上げられたのは、まさに神様の奇跡でした。

2019年10月07日11時19分

万代栄嗣

小さき者たちよ、恐れてはならない! 万代栄嗣

ビル・ウィルソン先生と協力しながら、私たちはメトロ・ワールド・チャイルド・ジャパンとして、ニューヨーク、フィリピン、ケニアの子どもたちに支援をしています。今回私が行ったケニアは、日本からの支援を受ける子どもが200人を超えました。

2019年10月07日10時40分

牧師の小窓(187)修道士トーマス・マートン師の祈り 福江等

牧師の小窓(187)修道士トーマス・マートン師の祈り 福江等

主なる神様、私には自分の将来が分かりません。これからどのような道があるのか分かりません。またどこへ着くことになるのかも分かりません。私は自分のことさえ実のところ分かっていません。

2019年10月06日19時46分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(80)地球温暖化に人類は立ち向かえるか? 広田信也

先月の23日、米国ニューヨークにおいて気候行動サミットが開かれた。その中で、スウェーデンのグレタ・トゥンベリさん(16歳)が、温暖化ガス排出抑制に消極的な各国指導者に対し、激しい怒りを表して演説し、各方面からさまざまな反響があった。

2019年10月05日18時26分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(215)旧約聖書は平和の書といえない? 正木弥

勧めの多くは、イスラエルがエジプトから出て荒野の40年を過ごし、東からカナンの地へ入ろうとするときに神からあったことです。その地が道徳的にあまりに汚れていたため、神の民イスラエルがその悪い影響を受けることのないように言われたようです。

2019年10月05日17時53分

平林けい子

主は生きておられる(118)みかん 平林けい子

マーケットで見た。もう、みかんが並んでいた。子どもの頃、秋の運動会ではじめてすっぱいみかんを食べた。ある日、牧師が言われた。「神様は、みかんの皮をむいたとき、ジュースと実がこぼれないように一袋ずつに入れて造ってくださったのですね」

2019年10月04日15時02分

穂森幸一

人生の式典 穂森幸一(141)

イスラム教徒の青年が、日本の神社を訪ねたことがありました。彼はその宗教施設に足を踏み入れたとき、とても不思議な感覚に襲われました。そこは木々に囲まれたとても静かな環境でした。

2019年10月03日19時29分

臼田宣弘

パウロとフィレモンとオネシモ(2)「フィレモン書の宛先」―フィレモンの家の教会とは何か― 臼田宣弘

このコラムは、フィレモン書を起点にして書いていくものです。ですから、何はともあれ、フィレモン書を読んでみたいと思いますが、その前に、この手紙は「いつ、どこで、誰が書いたか」ということを知っておく必要はありましょう。

2019年10月03日13時30分

新渡戸稲造

太平洋の橋―新渡戸稲造の生涯(3)青年よ、大志を抱け!

1877(明治10)年。稲造は札幌農学校に第二期生として入学した。ここでは寮費、食費、生活費などがまかなえる官費(月16円)をもらえたので、養父の太田時敏の負担は大いに軽減されることになった。

2019年10月02日17時49分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース