映画

それでも愛せるか? それでも愛するとは? 映画「ビューティフル・ボーイ」に見るドラッグと米国

それでも愛せるか? それでも愛するとは? 映画「ビューティフル・ボーイ」に見るドラッグと米国

ハリウッドスターが薬物更生施設に入所したとか、突然死したとかいうニュースは、もはや毎年恒例のこととなっている。この現状に対して、一石投じる作品が公開された。原作となる父と息子それぞれの手記は、全米でベストセラーとなり、大きな注目を集めた。

2019年04月15日15時31分

「ある少年の告白」に見るLGBT映画とキリスト教の行方

「ある少年の告白」に見るLGBT映画とキリスト教の行方

4月19日から「ある少年の告白」という映画が公開される。原作小説の著者ガラルド・コンリーの体験談を元にした作品で、同性愛の矯正キャンプへ強制的に参加させられた青年の葛藤を描く人間ドラマである。

2019年04月13日22時16分

死んだ息子が再び息を 実話に基づいた「ブレイクスルー」、フォックス2000が閉鎖前に初のキリスト教映画

死んだ息子が再び息を フォックス2000が最初で最後のキリスト教映画「ブレイクスルー」

ウォルト・ディズニー・カンパニーによる21世紀フォックスの買収に伴い、閉鎖が決まった映画制作会社「フォックス2000ピクチャーズ」は、同社による初のキリスト教映画「ブレイクスルー(原題)」を、閉鎖にかわらず公開する意向を表明した。

2019年04月04日20時41分

映画「魂のゆくえ」 現代米国教会事情と個々の信仰者の生きざまを描いた裏「タクシードライバー」的な怪作

映画「魂のゆくえ」 現代米国教会事情と個々の信仰者の生きざまを描いた裏「タクシードライバー」的な怪作

古くは「タクシードライバー」、そして「レイジング・ブル」などの傑作を手掛けた脚本家として知られるポール・シュレイダー。その彼が構想50年という恐ろしく長い年月をかけて練り上げた渾身の一作、それが「魂のゆくえ」である。

2019年04月02日10時24分

「神の日曜日」 キリスト者必見の「キリスト教映画」

「神の日曜日」 キリスト者必見の「キリスト教映画」

名作ぞろいのラインナップに、およそ似つかわしくないタイトルを発見した。「神の日曜日」である。思わずクリックし、予告編を観てみた。面白そうだ。そう思い、本編を視聴し始めた。主人公は、米国のペンテコステ派の牧師であるカールトン・ピアソン。

2019年03月19日16時35分

史上最悪の単独テロ事件を描く映画の「多面性」と祈りの「共通性」(2)「ウトヤ島、7月22日」

史上最悪の単独テロ事件を描く映画の「多面性」と祈りの「共通性」(2)「ウトヤ島、7月22日」

前回取り上げたのは、ネットフリックスで視聴できるポール・グリーングラス監督の「7月22日」。今回は同じ事件を扱いながら、まったく異なるコンセプトで作り上げた「ウトヤ島、7月22日」を取り上げてみたい。

2019年03月13日11時45分

史上最悪の単独テロ事件を描く映画の「多面性」と祈りの「共通性」(1)「7月22日」

史上最悪の単独テロ事件を描く映画の「多面性」と祈りの「共通性」(1)「7月22日」

2011年7月22日、北欧屈指の福祉国家であるノルウェーが震撼(しんかん)した。午後3時17分、首都オスロの政府庁舎近くで爆弾が爆発。周囲のビルのオフィスや店舗も壊滅的なダメージを受け、8人が死亡した。

2019年03月12日19時17分

「僕はイエス様が嫌い」、ダブリン国際映画祭で最優秀撮影賞 国際映画祭で4受賞目

「僕はイエス様が嫌い」、ダブリン国際映画祭で最優秀撮影賞 国際映画祭で4受賞目

新鋭の奥山大史監督(23)が青山学院大学在学中に制作した長編映画デビュー作「僕はイエス様が嫌い」(英題:JESUS)が、2月20日から3月3日まで開催されたアイルランドの第17回ダブリン国際映画祭で最優秀撮影賞を受賞した。

2019年03月05日23時40分

困難の中にある人の背中をそっと押してくれる秀作 「ビール・ストリートの恋人たち」

困難の中にある人の背中をそっと押してくれる秀作 「ビール・ストリートの恋人たち」

本作は、米国人作家ジェイムズ・ボールドウィンが1974年に発表した『ビール・ストリートに口あらば』を原作とし、昨年末に全米公開された作品だ。監督は、「ムーンライト」で第89回アカデミー賞最優秀作品賞を受賞したバリー・ジェンキンス。

2019年02月28日11時15分

第43回日本カトリック映画賞 「ぼけますから、よろしくお願いします。」の信友直子監督に

第43回日本カトリック映画賞 「ぼけますから、よろしくお願いします。」の信友直子監督に

第43回日本カトリック映画賞の受賞者が、「ぼけますから、よろしくお願いします。」の信友直子監督に決まった。本作は、信友氏が認知症となった母親とそれを支える父親の姿を、娘の視点で描いたドキュメンタリー。6月には授賞式と上映会が行われる。

2019年02月21日10時31分

「サタデーナイト・チャーチ」が提示するキリスト教界におけるLGBTへの向き合い方

「サタデーナイト・チャーチ」が提示するキリスト教界におけるLGBTとの向き合い方

原題は “Saturday Church”。つまり「土曜日の教会」ということになる。本作のきっかけは、デイモン・カーダシス監督の母親がニューヨークはブロンクスで聖公会の司祭をしており、彼自身がそこでボランティア活動をしたことによる。

2019年02月20日23時26分

敬虔な牧師に一体何が起きたのか? 映画「魂のゆくえ」

敬虔な牧師に一体何が起きたのか? 映画「魂のゆくえ」

巨匠ポール・シュレイダーの渾身(こんしん)の作「魂のゆくえ」が4月12日に公開される。戦争で失った息子への罪悪感を背負って暮らす敬虔な牧師が、ある出来事をきっかけに、徐々に信仰心が揺らいでいく様子を衝撃的に描いた作品だ。

2019年02月15日16時18分

「クレイジー・リッチ」大ヒットから分かる米国の人種的変化

「クレイジー・リッチ」大ヒットから分かる米国の人種的変化

昨年、ハリウッド映画界では、多くの「史上初」となる事件が巻き起こった。おそらく2018年は後々、エポックメイキング的な1年として記憶されることだろう。その記念すべき年に公開された見逃せない一作が「クレイジー・リッチ」である。

2019年02月07日10時29分

日本のゴスペルブームの火付け役 「天使にラブソングを3」が製作中

日本のゴスペルブームの火付け役 「天使にラブソングを3」が製作中

日本におけるゴスペルブームの火付け役となった映画「天使にラブソングを」のシリーズ最新編となる「天使にラブソングを3」の製作が進められている。米国で2019年後半から開始予定の動画配信サービス「Disney+」向けの作品となるという。

2019年01月30日23時55分

「輪違屋糸里 京女たちの幕末」 「格差」「身分」に縛られた心を解放させる物語

「輪違屋糸里 京女たちの幕末」 「格差」「身分」に縛られた心を解放させる物語

浅田次郎の時代小説『輪違屋糸里』を原作とし、新選組筆頭局長の芹沢鴨暗殺事件を、当時の女性たちの立場から描いた作品である。奇しくも、幕末から明治にかけての激動の時代と同じ状況が、イエスの活動した紀元前後のイスラエルに見いだすことができる。

2019年01月23日7時34分

ダマー国際映画祭、5月に東京で初開催 宣教師の息子が創設「教会からの出品にも期待」

ダマー国際映画祭、5月に東京で初開催 宣教師の息子が創設「教会からの出品にも期待」

米シアトル発の「ダマー国際映画際」が今年5月、東京で初めて開催される。ストーリー性を重視する短編映画の祭典で、超越者の探求や心の葛藤など、特に精神的な事柄をテーマとした作品を募っている。

2019年01月20日17時09分

映画「暁に祈れ」に見る壮絶さとリアリティーの中で浮かび上がる「祈ること」の意義

映画「暁に祈れ」に見る壮絶さとリアリティーの中で浮かび上がる「祈ること」の意義

2018年の年末映画が次々と公開されている。今年は夏がシリーズ物の大作続きであったせいか、小粒ながらさまざまなジャンルの映画が公開されることになっている。その中でもひと際異彩を放っているのが、今回取り上げる「暁に祈れ」である。

2018年12月05日21時38分

現代の「放蕩息子」が「HOME」に帰還する物語 映画「ボヘミアン・ラプソディ」

現代の「放蕩息子」が「HOME」に帰還する物語 映画「ボヘミアン・ラプソディ」

物語は、主人公のフレディが英国でマイノリティーの悲哀を感じるところから始まる。彼は出自(インド系移民)をバカにされ、出っ歯に象徴される容姿を笑いものにされ、厳格な父親と反りが合わないという鬱屈(うっくつ)とした青春時代を送っていた。

2018年11月19日12時20分

映画「バルバラ」に見る「入れ子構造」の世界観とクリスチャン

映画「バルバラ」に見る「入れ子構造」の世界観とクリスチャン

1950年代からシャンソン界の女王として君臨したフランス人歌手バルバラ。その半生を幾分トリッキーな見せ方で描いた本作は、わずか99分ながら、バルバラという人物の人となり、業績、そして半生をしっかりと観客に伝えてくれる快作である。

2018年11月15日23時28分

映画「若おかみは小学生!」 自分を信じて生きたいと願う全世代に向けたメッセージが込められた秀作

映画「若おかみは小学生!」 自分を信じて生きたいと願う全世代に向けたメッセージが込められた秀作

正直、ナメてました。罪を告白します。映画とは、鑑賞する前に勝手に判断してはいけないものです。そのことは重々承知していたはずでしたが、本作「若おかみは小学生!」に対しては、この当たり前のことができていませんでした。

2018年11月09日7時30分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング