FINE ROAD(77)マレーシアの教会堂を訪ねて マラッカとポルトガル様式教会堂 西村晴道

FINE ROAD(77)マレーシアの教会堂を訪ねて マラッカとポルトガル様式教会堂 西村晴道

マラッカの物語を聞いた。「昔ある王子が戦いに負けて、強い犬と一緒に逃げてきた。木の陰で休んでいたとき、小さい鹿が現れた。いかにも弱そうな小さい鹿、大きく勇猛な犬にかみつかれたらひとたまりもない。

2018年06月19日7時35分

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(99)三笠宮崇仁殿下 篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(99)三笠宮崇仁殿下 篠原元

今日は、まず映画のご紹介からです。時々そうなのですが、「百人一読」は映画ネタが多い日があります。まさに今日がそのような日なので、あらかじめご了承の上お付き合いください。

2018年06月19日7時14分

佐伯玲子

闇から光へ~的外れからの解放~(61)分裂の溝 佐伯玲子

子育てをしながら、不安定なサポート環境の中で表舞台(芸能)の仕事をするのは厳しいと判断した私は、「せめて息子が小学校に上がるまでは、子育てに集中しよう」と決めました。

2018年06月18日21時59分

どんな苦難も起こりうる世の中で、誰かのために祈る人に 鈴木秀子シスター推薦 映画「夜明けの祈り」

牧師の小窓(136)「夜明けの祈り」を見て 福江等

先日、「夜明けの祈り」という映画のDVDサンプルが送られてきたので、それを見てみました。教会員の1人からその映画についての新聞記事も頂いたので、それについて私の感想を述べてみたいと思います。

2018年06月17日20時27分

わが父の思い出―「父の日」にちなみ 込堂一博

わが父の思い出―「父の日」にちなみ 込堂一博

6月17日は「父の日」です。「母の日」に比べて影の薄い「父の日」ですが、子どもにとって、やはり父親の存在は大きいものがあります。私の父が肝臓がんのため64歳で召されてから、ちょうど今年で30周年を迎えます。

2018年06月17日7時24分

聖書

安息日が重要な3つの理由

安息日は、宗教的な理由だけでなく、実践的な理由から見ても、私たちが守るのにとても大切な1日である。神の命令に従うことに何一つ悪いことはなく、実際のところ、私たちにとって非常に有益かつ助けとなる。では、安息日とはどれくらい重要なのだろうか。

2018年06月16日22時37分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(147)孤独は耐え抜いて生きるほかないのか 正木弥

孤独もまたつらいものです。孤独になる原因を探ってみると、自分の性格上の何か、身体上の何か、コミュニケーション上の何か等々、原因が分かっている場合も分からない場合もあるでしょう。

2018年06月16日16時31分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(48)進化論に寄り添う 広田信也

進化論とは、「現存する生物は、自然発生した単純な生物が、原始形態から次第に変化発達してきたものである」という生物学上の仮説である。日本では、明治時代以降に広く普及し、現代では当たり前のように受け入れている人が多い。

2018年06月15日11時45分

平林けい子

主は生きておられる(58)かめコースで 平林けい子

教会の聖書通読で、うさぎコースではなく、かめコースをえらんだ。みことばをじっくり味わうために、歩くコースもかめコースになった。こころは早く着きたい。しかし、足はかめコース。

2018年06月15日11時38分

穂森幸一

七転び八起き 穂森幸一(107)

テレビの大河ドラマで「西郷どん」が放映され、人気を博していますが、「西郷さん」は鹿児島ではとても身近な存在です。私が子どもの頃、祖母は寝る前にいつも西郷さんのエピソードを語ってくれていた記憶があります。

2018年06月14日16時31分

8泊10日世界一周の旅(1)神の愛を証しする「全人医療」を中国に 田頭真一

8泊10日世界一周の旅(1)神の愛を証しする「全人医療」を中国に 田頭真一

昔映画にあった「80日間世界一周」の旅ならぬ、8泊10日(機内泊時差のため8泊)で世界一周の旅をしてきました。「してきました」と言うよりも、突然することになったのです。行程は、4月27日に沖縄を出発、中国、英国、米国と、地球を西回りで一周し、5月6日に再び沖縄に戻ってくるというものです。

2018年06月14日12時26分

榮義之

雪よりも白く(1)種子島で 榮義之

私は種子島で生まれ育ちました。島なのに海は見えず、台風が来ると太平洋のほえるような海鳴りが聞こえる山の貧しい生活でした。山桜の花が散る校門を、きれいな着物を着た母に連れられて、誇らしげに小学校に入学したことを今でも思い出します。

2018年06月13日20時33分

後藤牧人

日本宣教論(67)旧約聖書の理解 後藤牧人

旧約聖書の中には、さまざまな文化が混在しており、一見しただけで「絶対的な1つの聖書的な文化」などというものを発見できないことは明白である。アブラハムの時代は、遊牧民族の世界である。

2018年06月13日18時49分

山本隆久

呪いを解くイエス(マルコ5章1〜20節) 山本隆久

「呪いを解くイエス」という表題をつけました。イエス様は悪霊に取りつかれた人を解放されたと聖書は伝えています。「呪い」とか「悪霊」などというと、何かそれだけで信頼のできない怪しげなもの、非科学的なものであるかのように思われるかもしれません。

2018年06月13日14時43分

ナッシュビルからの愛に触れられて(21)ブラックゴスペルの大御所!アンジェラ・プリム来日!

ナッシュビルからの愛に触れられて(21)ブラックゴスペルの大御所!アンジェラ・プリム来日! 青木保憲

2012年の来日メンバーの中に、ひと際異彩を放つ人物がいた。彼女の名はアンジェラ・プリム(これ以降、アンジーと表記)。写真に写っているその姿から、ただものではない感じがありありと分かる。クリス氏に彼女のことを聞いてみた。

2018年06月12日22時39分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング