後藤牧人

日本宣教論(92)蓮如の宗教運動 後藤牧人

蓮如の宗教運動は、注目に値する。ざっとその信仰の系譜を、小生なりの不十分な理解ではあるが、紹介すると次のようになる。彼は念仏信仰を広めた。もともとヒンズー教の伝統によれば、「難行苦行」による輪廻(りんね)からの解脱が信仰の基礎である。

2019年05月28日21時47分

百人一読―偉人と聖書の出会いから(13)アイザック・ニュートン 篠原元

百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(16)アイザック・ニュートン 篠原元

まず、ご報告させていただきます! 第一子の女の子が、5月12日午前に生まれました。小さいですねぇ。生まれたその日の夕方に会いに行きましたが、3800グラムを超えて誕生した元気な女の子です! 小さな手で篠原の指を力強く握ってました。

2019年05月28日16時22分

万代栄嗣

十字架と復活による信仰者の成長 万代栄嗣

救い主であるイエスの恵みのすごさは、イエスお一人のすごさだけで終わるのではなく、十字架と復活のイエスに出会う人々の人生まで大きく変え成長させることにあります。弱い私たちであっても成長させられるのです。

2019年05月27日11時08分

牧師の小窓(168)お金や所有物に対して子どもたちが正しい姿勢を持つための祈り 福江等

牧師の小窓(168)お金や所有物に対して子どもたちが正しい姿勢を持つための祈り 福江等

天の父なる神様、所有物やお金をどのように扱うか、私たち親が子どもたちのために良いお手本となることができますように助けてください。私たちが勤勉に働くことができますように助けてください。

2019年05月26日21時10分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(196)人間の行いをどのように評価するのか? 正木弥

人の行いを分類すると善も悪もありますが、その中間でアディアフォラ(どちらでもよいこと)が多いようです。無論、動機や程度、状況にもよりますが、以下、あくまで外観で一般的な場合を見て、キリスト教的な見方により分類してみましょう。

2019年05月25日22時05分

佐々木満男

内に燃える 佐々木満男

「貴様! おまえは神を冒とくする者だ! 帰れ! 今すぐ、ここから出ていけ!」 ホテルのレストランでお茶飲み話をしていたら、突然、相手が立ち上がり、私に向かって激しく叫んだ。

2019年05月24日20時50分

平林けい子

主は生きておられる(99)手術 平林けい子

全身麻酔で左膝に人工関節置換手術を受けた。怖がり、痛がり、「手術の傷は見ない方がよい」と言われた。おびえる私を励ますかのように、傷はだんだん痛まなくなった。15センチの傷跡も、よく頑張ったね。

2019年05月24日12時06分

三浦文学の魅力と底力(16)「キリストのあほう」になった人 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(16)「キリストのあほう」になった人 込堂一博

三浦作品を読んで人生が一変し、新しい希望の人生へと方向転換した人々が数えきれないほど多いことは、よく知られています。その中でも、旭川市在住の中島啓幸(ひろゆき)さんは稀有(けう)な存在です。

2019年05月24日10時18分

新・景教のたどった道(10)東方教会の特徴 川口一彦

新・景教のたどった道(10)東方教会の特徴 川口一彦

紀元後、ローマ帝国領のユダヤから多くのメシア信仰者たちが迫害を逃れて東方に向かったため、信徒たちが増えていきました。一方、ペルシア帝国内では、皇帝やゾロアスター教徒からの迫害や大虐殺によって多くが殉教し、背教も起きました。

2019年05月23日10時39分

教会の成長拡大に貢献する人財の育成(11)技術を磨く ジョシュア佐佐木

教会の成長拡大に貢献する人財の育成(11)技術を磨く ジョシュア佐佐木

クリスチャンとしての「技術」を磨く必要があります。特にミニストリー(宣教事業)には「技術」の必要な部分がとても多いのです。我々は伝道のために「技術」を磨き続けていくのです。

2019年05月23日9時17分

佐伯玲子

闇から光へ~的外れからの解放~(85)洗礼式 佐伯玲子

2013年初春。イエス・キリストによって医療への恐れを取り除かれ、平安を与えられた私は、次々に良い病院、愛ある医師たちと出会い、さまざまな流れを経て3度転院・・・。ついに、都内の某大学病院にたどり着いたのです。

2019年05月20日12時03分

万代栄嗣

十字架・復活を知る信仰者の特権 万代栄嗣

マルコの16章は、イエスの復活の記事に始まり、クリスチャンとして全世界に出て行き福音を伝えなさいと締めくくられています。そして、主を信じる私たちには、特権が与えられていると書かれています。

2019年05月20日11時26分

牧師の小窓(167)悲しみの中で慰めを求める祈り 福江等

牧師の小窓(167)悲しみの中で慰めを求める祈り 福江等

天の父よ。今日、重い心を携えて御前に近づきます。悲しみが私の心を覆いかぶさっています。濃い霧に包まれて晴れそうにありません。ダビデのように、「昼も夜も 私の涙が 私の食べ物でした」(詩篇42:3)という気持ちです。

2019年05月19日7時40分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(70)天国の身体 広田信也

キリスト教会の礼拝では、信仰告白として使徒信条を唱える習慣がある。この使徒信条の最後に、「・・・聖徒の交わり、罪の赦(ゆる)し、身体(からだ)のよみがえり、永遠(とこしえ)の生命(いのち)を信ず」という言葉がある。

2019年05月18日9時24分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(195)クリスチャンになると生活が窮屈で不自由にされるのではないか? 正木弥

子育てをしたことがある方は分かるでしょう。愛する子が病気や事故・事件に遭わないよう、さまざまな注意を与え、アレをしてはいけないコレをしてはいけないと禁止や指示をします。

2019年05月18日9時16分

ナッシュビルからの愛に触れられて(32)日米合同コンサートをしよう!・その3 青木保憲

ナッシュビルからの愛に触れられて(32)日米合同コンサートをしよう!・その3 青木保憲

日米合同チャリティーコンサート、その本番の様子をお伝えする前に、その前日に行われた夕食レセプションのことに触れておきたい。米国南部、と聞くと日本人としてどこか縁遠いイメージがある。しかし実はそうではない。

2019年05月17日11時01分

平林けい子

主は生きておられる(98)軟骨 平林けい子

医師の診断。私の左膝の軟骨が全部なくなっている。骨と骨が当たるから、痛いのは当然。軟骨は骨と骨の間のクッション。イエス様は軟骨ではないか。私たちが苦しんで滅びないように、「私のくびきを負いなさい」と言われる。

2019年05月17日10時33分

月桃通信(11)朝鮮半島南北統一を祈る旅 石原艶子

月桃通信(11)朝鮮半島南北統一を祈る旅 石原艶子

朝鮮半島の平和を願う韓国訪問団に、沖縄からの31人の仲間の1人として参加させていただけたことを心から喜び、感謝しています。この旅を通して学んだことの一端をお伝えしたいと思います。

2019年05月16日22時50分

穂森幸一

平和な家庭 穂森幸一(131)

私が牧師研修ということで弟子化訓練プログラム(discipleship)を学ぶために4カ月ほど渡米していたことがあるのですが、その時にプログラムの企画者からホテルではなく、ホームステイするように指示されました。

2019年05月16日14時52分

臼田宣弘

コヘレト書を読む(23)「神の手の中にある人生」―死は免れられないものだが― 臼田宣弘

ここは、今までに何度かお伝えしている修辞法の一つ、インクルージオ(囲い込み)で書かれているものとして読みたいと思います。コヘレトがインクルージオを意図していたとは言い切れませんが、その構造で読むと、少なくとも理解がしやすくなると思います。

2019年05月16日11時52分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース