正木弥

なにゆえキリストの道なのか(208)聖書はそんなに素晴らしいのか? 正木弥

そう、実に素晴らしいのです。人間が生きる場合の霊的、体験的、社会的真理の奥深いところ。歴史を通して、人間が、民族が、国がとるべき指針。確かな基準、豊かな価値観。

2019年08月17日20時12分

続・背徳の街のマリヤ~悪魔の花嫁~

続・背徳の街のマリヤ~悪魔の花嫁~(3)悪魔の花嫁

「いつまで寝ているんだい?怠け者め!」。そう声がしたかと思うと、アンナはわき腹を蹴られて目を覚ましました。見上げると、この店にもう20年も暮らしているサダ姉が目を吊り上げておりました。

2019年08月17日12時31分

佐々木満男

「負けるが勝ち」と「負けても勝ち」 佐々木満男

子どもの頃、祖父と一緒によく将棋を指した。初めのうちはまったく歯が立たず、負けてばかりいて悔しい思いをした。そのうちに時々勝てるようになり、夢中になって将棋にのめり込んだ時期があった。祖父はわざと負けてくれたことに後で気が付いた。

2019年08月17日11時52分

平林けい子

主は生きておられる(111)光 平林けい子

もし、地上に光がなかったら、どうだろう。戦争中、灯火管制。明かりが漏れて攻撃の的にならないように、夜は一つの部屋の電灯に風呂敷をかぶせて、家族は薄暗がりの中で過ごした。小さい頃から暗がりが恐かった。夜がいやだった。

2019年08月17日11時11分

新・景教のたどった道(16)唐代中国の敦煌で発見された景教徒の壁画と古文書 川口一彦

新・景教のたどった道(16)唐代中国の敦煌で発見された景教徒の壁画と古文書 川口一彦

日本のように豊かな水と緑に囲まれている島国とは違い、緑も水も見られない敦煌やトルファンの砂漠の地で、当時多くの果物が栽培や販売もされ、ブドウも多く作られていました。

2019年08月15日20時48分

臼田宣弘

コヘレト書を読む(29)「天災」―災難〔人災と天災〕その2― 臼田宣弘

前回は、災難の中でも人災について書かせていただきました。今回は、天災とそれへの対処のことが伝えられています。「国(聖書協会共同訳では「地」)にどのような災いが起こるか、分かったものではない」(11章2節後半)とコヘレトは言います。

2019年08月15日10時51分

七週の祭りとルツ記(1)あなたの神は私の神です 山崎純二

七週の祭りとルツ記(6)近親者なるキリスト 山崎純二

ボアズは、この問題を解決するために、下手な策を弄することはありませんでした。主の律法に従い、自分よりも近い親類の男に事情をすべて正直に話しました。それを聞いた彼は「私が買い戻しましょう」と答えました。

2019年08月14日17時59分

教会の成長拡大に貢献する人財の育成(16)成功の本来の目的 ジョシュア佐佐木

教会の成長拡大に貢献する人財の育成(16)成功の本来の目的 ジョシュア佐佐木

私たちは宣教事業(ミニストリー)を成功に導く使命があります。何事においても成功するということは良いことです。しかし、成功すればするほど心を引き締めて信仰を強く持ち、聖書を土台として歩まなくてはなりません。

2019年08月14日10時29分

佐伯玲子

闇から光へ~的外れからの解放~(91)賛美クス!!! 佐伯玲子

「洗脳グッズ残金支払い問題」が一件落着し、これまで繰り広げられた墓信仰Xとの「霊的戦い」に終止符が打たれました。イエス様と共に歩む信仰の人生は、新たなステージへと突入し、本格的に動き出しました。

2019年08月13日7時05分

万代栄嗣

味方である神様と共に歩む 万代栄嗣

クリスチャンとして、信仰を持って神を信じて生きることは素晴らしいことです。世の中ではちょっとしたイライラや怒りが高じて、とんでもない犯罪につながり、悲劇が起こります。

2019年08月12日6時57分

牧師の小窓(179)神の働き人のための祈り 福江等

牧師の小窓(179)神の働き人のための祈り 福江等

主なる神様、神様の愛の良き知らせを広めるために、宣教の働きに携わっている人々のために祈ります。人類のための神様の素晴らしいご愛の生きたお手本となるために召されているすべてのクリスチャンのために祈ります。

2019年08月11日22時23分

日本人に寄り添う福音宣教の扉(76)無脳症児―愛する孫「玲」の命 広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(76)無脳症児―愛する孫「玲」の命 広田信也

日本では、妊娠した女性の40パーセントが流産や死産を経験している。生まれてくることのできなかった大切な命のことを、両親は忘れることはないだろう。胎児であっても、子どもを失う喪失感は非常に大きなものだ。

2019年08月11日7時54分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(207)聖書は原本が残っているのか? 正木弥

著者が書いたもの(そのもの)は原本といいますが、それは残っていません。原本から書き写した「写本」が多数残っています。旧約聖書は、そうした多数のヘブル語写本からさらに多数の写本が作られました。そのほか、古代の翻訳本も重要です。

2019年08月10日23時20分

背徳の街のマリヤ(1)暗く深い闇

続・背徳の街のマリヤ~悪魔の花嫁~(2)猫吊り通り

その晩、夕食の祈りの後でマリヤは手紙のことを父に話しました。そしていつかマリヤを助けてくれた少女、アンナに会いに行きたいと伝えました。父はしばらくうつむいて、送られてきたカードを何度も見るとため息をつきました。

2019年08月09日21時59分

平林けい子

主は生きておられる(110)勇気 平林けい子

左ひざの人工関節置換手術後、暗黒の世界を経て、主は新しい命を与えてくださった。この大切な命に生きるためには勇気がいる。勇気は若者だけのものではない。礼拝をささげ、買い物、掃除、洗濯、すべてイエス様から勇気をいただいてこそ楽しくできる。

2019年08月09日9時01分

穂森幸一

悪の根源は自分なり 穂森幸一(137)

ある男性は、小学校、中学校時代、非常に反抗的な態度をとっていました。そして特に母親に対して恨みを持っていました。母親から自分は無視されている愛されていないと感じていたからです。

2019年08月08日7時04分

孤児の父―ハインリッヒ・ペスタロッチの生涯(1)父なし子

孤児の父―ハインリッヒ・ペスタロッチの生涯(12)成功から暗い谷間へ

1802年11月。ナポレオンは憲法制定会議を召集し、ペスタロッチはチューリッヒの代表としてパリに赴いた。彼はチューリッヒのために幾つかの提案をしたがほとんど採択されず、気落ちしたが、この地において思いがけない収穫があった。

2019年08月07日18時16分

月桃通信(13)沖縄の今と天皇制 石原艶子

月桃通信(13)沖縄の今と天皇制 石原艶子

例年より長かった梅雨と戻り梅雨が明けてから、沖縄は灼熱(しゃくねつ)の太陽が照りつける厳しい夏を迎えています。今回も選挙により「辺野古新基地NO」の民意を示しましたが、沖縄には民意はないものとされ、現実が変わることはありません。

2019年08月07日14時20分

後藤牧人

日本宣教論(97)西欧化の先駆者型 後藤牧人

多くの日本のキリスト教会は、この第2の型を持っており、無教会派にもこの傾向はかなりあるといえる。これは日本社会の在り方を批判し、どちらかといえば西欧的な人間像の理想を模範と考える傾向である。

2019年08月06日17時49分

京大式・聖書ギリシャ語入門(13)「ギリシャ語は生きている」―現代ギリシャ語の発音について(2)―

京大式・聖書ギリシャ語入門(13)「ギリシャ語は生きている」―現代ギリシャ語の発音について(2)―

前回紹介した現代式のギリシャ文字の発音はいかがだったでしょうか。今回は前回に続き、現代式のギリシャ文字の発音を紹介していきますが、初めに前回の復習をし、その後、複合母音と複合子音の発音の仕方について紹介したいと思います。

2019年08月06日16時17分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース