新・景教のたどった道(20)唐代の漢訳書・その1『序聴迷詩所経』(1) 川口一彦

新・景教のたどった道(20)唐代の漢訳書・その1『序聴迷詩所経』(1) 川口一彦

『序聴迷詩所経』(イエス・メシア経と呼ばれる)は、イエス・メシアの降誕と洗礼、十字架と復活の記事、マタイの福音書5章から7章の山上の説教部分が多く引用されていることから、その名がつけられたと考えます。

2019年10月30日11時39分

後藤牧人

日本宣教論(103)武芸 後藤牧人

そのような習い事の中でも、特に精神性の強い(または精神性といったことを前面に押し立てている)ものとして、過去には武芸があった。武芸の中心は、技術である。段位制が取られており、習得のための教室は道場と呼ばれる。精神性が強調されているのである。

2019年10月29日21時50分

牧師の小窓(190)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その1)

牧師の小窓(190)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その1) 福江等

高知県の香美市土佐山田町に、博愛園という児童養護施設があります。この博愛園は、坂本龍馬の姪で岡上菊栄(おかのうえ・きくえ)という方が最初の園長を務めた施設です。

2019年10月27日23時46分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(218)聖書に書いてあることが事実であるという証拠は? 正木弥

聖所にはいろいろなジャンルのものが含まれています。その中に、たとえ話、寓話、謎、象徴、幻、比喩など事実でないものもありますが、中核は歴史と教えであり、その歴史はまさに事実が中心をなしております。

2019年10月26日11時56分

佐々木満男

道は開ける 佐々木満男

昨年の父の日に、息子から『道は開ける』という本をもらった。すでに300万部も売れているらしい。しかし、聖書を愛読している者にとっては、この種のハウツー本にはあまり興味がわかなかったので、読まずに本棚に置いたままであった。

2019年10月25日13時44分

平林けい子

主は生きておられる(121)心配していたのですよ 平林けい子

「心配していたのですよ」。左膝人口関節置換手術の退院後、出会った友の口から出たことば。うれしくて、胸が詰まった。私のことを、心底心にかけてくださっていた。たくさんの言葉はいらない。

2019年10月25日11時41分

ナッシュビルからの愛に触れられて(37)JAG始動! 青木保憲

ナッシュビルからの愛に触れられて(37)JAG始動! 青木保憲

2011年から始まったナッシュビルとの交流であるが、14年に大きな転機を迎えることとなった。日本とナッシュビルの懸け橋になることを願い、合計4回のツアーを企画してきた。

2019年10月24日14時32分

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(70)セオドア・ルーズベルト 篠原元

百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(23)セオドア・ルーズベルト 篠原元

皆さん、こんにちは。最近、「かわいいなぁ」と思います。姪です。姪がかわいいのです。会うのは週に1回程度ですけど、会うたびに大きくなってるんです。で、5月に生まれた姪が、今月、我が家にやってきたんです!

2019年10月22日14時58分

闇から光へ~的外れからの解放~(96)茅ヶ崎へ 佐伯玲子

闇から光へ~的外れからの解放~(96)茅ヶ崎へ 佐伯玲子

「爆報!THE フライデー」オンエアから間もなくして、主は、茅ヶ崎への転居を示されました。「いつか行くだろう」と覚悟はしていたものの、いざ示されると、やはり最初は戸惑いました。

2019年10月21日13時43分

万代栄嗣

主のもとには癒やしがある 万代栄嗣

私たちは、自分たちのことばかりを考えていると、権利のみを主張して、都合の良いものに変えてしまおうとするものです。神様の御前に出ても、わがままなままでありませんように。

2019年10月21日13時13分

牧師の小窓(189)カール・バルトによる祈り 福江等

牧師の小窓(189)カール・バルトによる祈り 福江等

主なる父なる神様、私たちはここで共々にあなたに祈り、あなたのお言葉を聞くことができますことを感謝致します。あなたの御前では、私たちは皆平等です。あなたは私たち一人一人の人生や思いや歩みや心を、ごく些細なことも隠れている事柄までもすべてご存じです。

2019年10月20日7時45分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(81)教会が共同体であることの難しさ 広田信也

キリスト教会とは、教会堂のことではなく、キリストを信じる人々の共同体を指している。そしてこの共同体は、聖書の中で「キリストの身体」と表現されるように、この世の中では、最も「神の愛」を具現化する麗しい共同体であるには違いない。

2019年10月19日18時10分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(217)ノアの洪水記事はギルガメシュ叙事詩の焼き直し? 正木弥

古代メソポタミヤの両河河口付近にシュメール人という系統不明の民族がいました。彼らは、楔形文字を考案し、文字文化を残しました。ギルガメシュ叙事詩は彼らが残した文学作品で、その主人公の名がギルガメシュであるわけです。

2019年10月19日17時48分

平林けい子

主は生きておられる(120)用いられるために 平林けい子

48年前、受洗後ほどなく、主は私を試練のるつぼに落とされた。もう生きられないと思ったとき、神が見えた。奇跡としか言いようのない、神がしてくださったことを証し続けてきた。今年、主は再び、私を劇痛のるつぼに落とされた。

2019年10月18日11時13分

穂森幸一

日本人の特質 穂森幸一(142)

秋になると朝晩、鈴虫やコオロギなど虫の音が聞こえるようになり、季節の風情を感じるようになります。ところが、虫の音に風情や趣を感じるのは日本人とポリネシア人だけだといいます。その他の人々には雑音にしか聞こえないそうです。

2019年10月17日17時50分

臼田宣弘

パウロとフィレモンとオネシモ(3)「フィレモンとアフィア」―何をしていた人たちなのか― 臼田宣弘

今回は「フィレモンとアフィアは何をしていた人たちなのか」ということを考えてみたいと思います。まずフィレモンですが、彼は自分の家を教会として開放し、オネシモをはじめとする奴隷を有していたのですから、裕福な人物であったでしょう。

2019年10月17日11時19分

新渡戸稲造

太平洋の橋―新渡戸稲造の生涯(4)クエーカー教徒との出会い

それは札幌農学校3年目、1880(明治13)年の夏だった。稲造はなぜか急に母に会いたくなったので、休暇を利用して札幌を出発した。久しぶりに旅をするのでゆったりした気分になり、あちこち寄り道をしてから、ようやく盛岡の実家に着いた。

2019年10月16日15時23分

後藤牧人

日本宣教論(102)「学習のための集団」型 後藤牧人

日本のキリスト教会は、「礼拝者の共同体」を形成するとき、この「学習のための集団」のパターンに従って自己を形成しているように思われる。実は、これらの集団には、日本の教会との間の共通性をかなり発見できるように思う。

2019年10月15日22時45分

万代栄嗣

忘れてはならない福音の神髄 万代栄嗣

日本には伝統としての祭りがありますが、救い主イエスの愛と十字架の恵みを知った私たちは、まことの神を信じて生きることと、人間が石や木や紙で作った神を拝むこととは全く違うことが分かります。

2019年10月14日21時31分

牧師の小窓(188)ジョン・ウェスレーの「契約の祈り」 福江等

牧師の小窓(188)ジョン・ウェスレーの「契約の祈り」 福江等

主よ。私はもはや自分のものではなく、あなたのものです。あなたが望まれる所に私を置いてください。あなたが望まれる人々と共に私を置いてください。行うべきことを行えるように、苦しむべきことを苦しめるように。あなたのために働く者としてください。

2019年10月13日7時25分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース