三浦文学の魅力と底力(4)その魅力の理由 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(4)その魅力の理由 込堂一博

三浦文学の魅力はどこにあるのか、の問いに対して、そのテーマが明確であることが上げられます。「人はいかに生きるべきか」「生きるとはどういうことか」が、三浦文学の根底に流れています。

2018年11月16日14時48分

榮義之

雪よりも白く(最終回)「アーメン」と言って信じれば救われます 榮義之

今日からあなたも「アーメン」と言って信じることによって、前回までに話してきたイエス・キリストの十字架による救いを持つことができます。素晴らしい救いの祝福の人生をスタートなさいませんか。

2018年11月15日22時16分

子育てパパのキリスト教ひとり言(6)決断すること

子育てパパのキリスト教ひとり言(6)決断すること

大切なのは、神様がすべてのものを創造したことを信じること。これは「キリスト者の生き方」に関する大事なことです。

2018年11月15日16時04分

穂森幸一

すべての口が主をたたえる 穂森幸一(118)

世界の宗教は対立し、政治の世界には混乱があり、地域紛争が絶えず、世代間の争いもあります。今こそ、宗教者が立ち上がり、神の平和を語る時だと思います。同じ神の子として他宗教の方々とも交流し、語り合う場を持つべきなのではないかと思います。

2018年11月15日12時19分

臼田宣弘

コヘレト書を読む(11)「他者と共に生きる」―助け合いながら― 臼田宣弘

「空しい、空しい」と繰り返すコヘレトが、その空しさの外側のこととして見ていることは3つあると、私は考えています。今回お伝えする箇所には、第2のことが記されています。

2018年11月15日10時50分

後藤牧人

日本宣教論(78)「教会」は日本社会の夾雑物か 後藤牧人

今日までの160年余の日本のキリスト教伝道は、いわば失敗の歴史である。多くの先輩方の労苦を前にして、小生のごとき者がそのような発言をするのは恐れ多いことであるが、なお、世界的に見れば、日本の福音宣教は社会に定着していない。

2018年11月13日21時24分

浜島敏

神声人語―御言葉は異文化を超えて―(59)自己の否定 浜島敏

イエスの教えの中で一つの教えが特に際立って、他のどの教えよりも鋭く魂の深みまで探る力を持っています。「もしだれでも、私の弟子になりたいなら、自分を捨て、十字架を背負い、私にしたがってきなさい」

2018年11月12日19時46分

万代栄嗣

神の恵みによって導き出された私たち 万代栄嗣

「私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った」(イザヤ53:6)。大昔も今も、天地創造のまことの神、命の与え主を知らない人間は、愚かで罪深く、いつも迷い悩み、苦しむ弱い者です。

2018年11月12日18時42分

ブーゲンビリアに魅せられて(14)許せるが、忘れられない―日本軍が残した心の傷 福江等

ブーゲンビリアに魅せられて(14)許せるが、忘れられない―日本軍が残した心の傷 福江等

私は在学していた上智大学とフィリピンのアテネオ・デ・マニラ大学との、短期交換留学生の20人ほどのグループに加わりました。5週間の滞在の間にフィリピンのさまざまな都市や地方を訪問し、現地の人々と交流を持ち、その文化や社会を学ぶ機会を得ました。

2018年11月11日7時59分

福音の回復(73)キリスト者の絶望―絶望する勇気― 三谷和司

福音の回復(73)キリスト者の絶望―絶望する勇気― 三谷和司

キリストを信じない人たちは、仕事が行き詰まったり、どうにもならない病気になったり、財政的に行き詰まったり、大きな失敗をしたり、不運な出来事に遭ったりといったことに「絶望」する。その絶望の頂点に君臨するのが、必ず訪れる肉体の死だ。

2018年11月11日7時32分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(168)死後に魂は絶滅する? 正木弥

「人がコペルニクスの意見を深く究めないのはまだしも・・・霊魂が可死であるか不死であるかを知るのは全生涯にかかわることである」。どの国どの地域どの民族でも、死後に魂の何らかの活動を信じている人が、魂の絶滅を信じる人よりも多いようです。

2018年11月10日22時55分

ナッシュビルからの愛に触れられて(26)ナッシュビルツアー2012・その3:市長との面会

ナッシュビルからの愛に触れられて(26)ナッシュビルツアー2012・その3:市長との面会

テネシー州ナッシュビルのクライストチャーチとの交わりが深まるにつれ、各方面から支援やさまざまな展開の方向性を頂いた。「支援」とは、具体的に「復興支援のために」として献金を頂くことであった。

2018年11月09日20時28分

佐々木満男

7回連続不合格 佐々木満男

あなたは試験に7回連続して落ちたことがあるだろうか。もしそんな体験をしたら、あなたはどうしたであろうか。クリスチャンのA君は、日本の司法試験に3回落ち、アメリカの bar exam(弁護士試験)にも連続して4回落ちてしまった。

2018年11月09日15時41分

平林けい子

主は生きておられる(79)明日 平林けい子

明日があると思うから、腹をたてる。明日があると思うから、得意になる。明日があると思うから、人を憎む。明日がないと思えば、やさしくなる。明日がないと思えば、謙虚になる。明日がないと思えば、許せる。

2018年11月09日12時51分

教会の成長拡大に貢献する人財の育成(1)なぜ今、人財育成が急務なのか? ジョシュア佐佐木

教会の成長拡大に貢献する人財の育成(1)なぜ今、人財育成が急務なのか? ジョシュア佐佐木

このコラムでは、私が運営しているワーシップ!ジャパン宣教人財育成学院(ワーシップ!ジャパン音楽神学校より2019年4月より改称)で取り組んでいる「教会の成長拡大に貢献する人財の育成」をテーマに、読者の皆さんと共に考えていきたいと思います。

2018年11月08日17時16分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング