穂森幸一

神々の国の一神教 穂森幸一(144)

日本は発達した文明国の中で、一神教が浸透できなかった唯一の国であるといわれています。確かにキリスト教は、宣教開始から150年目を迎えても、クリスチャンの数は総人口の1パーセント未満だといわれます。

2019年11月14日18時59分

後藤牧人

日本宣教論(104)芸能者の集団 後藤牧人

このような一般社会人向けの「稽古ごとの集団」の基底をなす層として、職業としての「閉鎖的学習集団」を考えたい。その中でも特に「芸能者の養成のための学習集団」を考える。

2019年11月13日22時55分

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(74)ドワイト・アイゼンハワー 篠原元

百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(24)ドワイト・アイゼンハワー 篠原元

結婚式についてです。既婚者の皆さんも未婚者の皆さんもどうぞ。「私、Y君が現れたとき、『レストランのボーイさんが出てきたのかな?』と思ったんです。でも、そのあと、Rさんが花嫁姿で、バージンロードに現れたときには、感動しましたねぇ」

2019年11月12日17時17分

教会の成長拡大に貢献する人財の育成(21)言葉(文章)にすることの重要性 ジョシュア佐佐木

教会の成長拡大に貢献する人財の育成(21)言葉(文章)にすることの重要性 ジョシュア佐佐木

主から与えられたミッション(使命)を言語化(文章化)することはとても大切なことです。同じく、与えられたヴィジョンを言語化(文章化)することも重要なことです。あなたの教会は、ミニストリーの目標達成のためのストラテジー(戦略)を持っていますか?

2019年11月11日14時08分

万代栄嗣

私たちのすべてをご存じの主 万代栄嗣

社会では、コミュニケーション不足や無理解が問題になる昨今ですが、信仰のことを思うとき、イエス様は私たちのすべてをご存じであるという事実は、本当に感謝なことです。ダビデは、「主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます」と、告白しています。

2019年11月11日13時48分

牧師の小窓(192)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その3) 福江等

牧師の小窓(192)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その3) 福江等

山北村の叔父の所で農業の手伝いをして過ごしていた菊栄は、心の中では学問をしたいという気持ちが湧いてくるのを止めることができませんでした。菊栄が小学校に在籍したのは上街小学校と正光小学校を合わせた3年間だけでした。

2019年11月10日22時22分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(220)聖書はどう読んだらいいか? 正木弥

読み方の初歩を幾つか並べておきます。まず、お魚を食べるように読みましょう。お魚にはおいしい身の部分もあり、臓物もあり、骨や鰭やうろこもあります。臓物や鰭、うろこは食べにくいし、おいしくもありません。

2019年11月09日16時00分

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(1)ま白い光

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(2)私たちの武器

そのころ、マリヤは故郷の家のベッドの上に横たわっておりました。たった3日にすぎなかった背徳の街への旅でしたが、まだ心も体もくたくたで、起き上がることができずにいました。母親はマリヤを気遣い、白湯やそぼろ入りの白がゆを与えてくれました。

2019年11月08日23時44分

平林けい子

主は生きておられる(123)暗黒からの解放 平林けい子

左ひざの人口関節置換手術後、はじめてうつを経験。食欲はゼロ。不思議なことに、朝は暗黒の朝、昼も暗黒の昼。夜はもちろん暗黒の夜。だれもがこの暗黒の世界に住んでいると思っていた。

2019年11月08日23時29分

新・景教のたどった道(20)唐代の漢訳書・その1『序聴迷詩所経』(2)イエスの降誕記事 川口一彦

新・景教のたどった道(21)唐代の漢訳書・その1『序聴迷詩所経』(2)イエスの降誕記事 川口一彦

イエスの降誕記事を紹介します。天尊(父なる神)は涼風(聖霊)を、名を末艶(マリア)という一童女に向かわせると、涼風はマリアの腹の中に入りました。すると天尊が教えた通り、末艶は懐妊しました。

2019年11月07日14時52分

新渡戸稲造

太平洋の橋―新渡戸稲造の生涯(5)遠友夜学校

18日間の船旅の後、船は港浜に着いた。新渡戸がメリー・エルキントンを伴って実家に行くと、あれほど反対していた養父太田時敏は妻と共に大喜びで2人を迎え入れ、親戚の者たちも駆けつけて口々に祝福してくれるのだった。

2019年11月06日22時45分

 京大式・聖書ギリシャ語入門(16)「心を尽くし、魂を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」―未来形(1) 宮川創・福田耕佑

京大式・聖書ギリシャ語入門(16)「心を尽くし、魂を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」―未来形(1)―

今講座では、マタイによる福音書22章37節を扱います。もちろん文法事項を優先して聖句を選んでおりますが、その都度必要な御言葉が与えられているのではないか、とひそかに思っています。

2019年11月04日22時54分

佐伯玲子

闇から光へ~的外れからの解放~(97)デイサービスの仕事 佐伯玲子

デイサービスの事業所を2つ兼務したことで、小学生~中高年まで幅広い年齢と、さまざまな障害(自閉症、ダウン症、アンジェルマン症候群、統合失調症、知的・視覚・聴覚・身体などの障害 etc・・・)を持つメンバーさんたちと接することになりました。

2019年11月04日22時00分

万代栄嗣

“恵み”をテーマとして歩もう 万代栄嗣

今日の聖書箇所は、パウロがピリピの教会の人々に宛てて書いた手紙の締めくくりの部分に当たります。パウロはピリピの地で、神からの恵みと、人々が喜んでいる信仰の姿を見ました。

2019年11月04日15時22分

牧師の小窓(190)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その1)

牧師の小窓(191)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その2) 福江等

岡上菊栄(おかのうえ・きくえ)の幼少期は受難続きでありました。9歳年上の兄赦太郎が明治4年1月に14歳で疫痢にかかって急死しました。父樹庵と母乙女は赦太郎の霊を慰めるために、薊野にあった墓に日参しておりました。

2019年11月03日7時04分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(82)墓事情が大きく変化! 教会、牧師はどうすべきか 広田信也

「人生100年時代」という言葉をよく耳にするようになった。長い年月を安心して生きていける社会は大変ありがたい。しかし、急速に進む高齢化、核家族化は、社会のさまざまな面に新たな課題を生んでいる。

2019年11月02日22時00分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(219)聖書の預言は当たるのか? 正木弥

預言者は、ひたすら神に近寄って生きようとし、神のうちにある真理を身近に見ようとしていました。当たるとか当たらないとかの意識ではなく、ただ自ら聞いた神の真理を語ろうとしました。真理であれば、当たるのは当然ということになります。

2019年11月02日21時49分

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(1)ま白い光

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(1)ま白い光

私が欲しいのは美しい心。人をねたまず、人を愛し、病んだ人や年老いた人の世話をする、花を愛するおとめの心、その潤った白桃色の唇からは、生きていることを喜ぶ歌が絶えることがない。そんなおとめになりたかった。

2019年11月01日17時55分

平林けい子

主は生きておられる(122)綱渡り 平林けい子

85年間の人生を振り返ると、綱渡りの時期があった。試練の中で、生きるための糧がなく、やっと生きていた。ある日長女が言った。おかあさんに、授業料が未払いだと伝えてくださいと先生に言われた。給食費の支払いもある。

2019年11月01日17時03分

穂森幸一

日本文化の特質と宣教の課題 穂森幸一(143)

ヨーロッパでは、日本のことを極東と呼んでいます。私たちが北極とか南極とか呼ぶ極地扱いなのです。西洋人にとっては東の果てにある島国という印象が長い間あったのだろうと察しがつきます。

2019年10月31日14時52分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース