ブーゲンビリアに魅せられて(1)多文化の若者の中で―フィリピンの神学校 福江等

ブーゲンビリアに魅せられて(1)多文化の若者の中で―フィリピンの神学校 福江等

フィリピンの首都マニラから東に車で小一時間ほど行ったところに、アンティポロという丘があります。丘のふもとにタイタイという町があって、そこに私ども夫婦が奉職していましたアジア・パシフィック・ナザレン神学大学院があります。

2018年08月12日20時21分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(155)回りくどいことをしないで、いきなり赦してくれたらいい? 正木弥

ベストセラーの「ふしぎなキリスト教」の中で共著者の大澤真幸氏は「この(設問)のように神様に提案したくなる」と語っています。しかし、それは十字架のあがないの真意を理解してない勝手な言い分であって、神はそんなことはしないのです。

2018年08月12日19時45分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(52)信仰と宗教と自己研さん 広田信也

先月、地下鉄サリンなど一連のオウム真理教事件に関与して殺人罪などに問われ、死刑が確定していた教団元幹部の死刑囚13人全員の死刑が執行された。死刑制度の在り方が議論されている中での出来事だっただけに、国内外でさまざまな議論が飛び交っている。

2018年08月10日21時30分

平林けい子

主は生きておられる(66)心よ こころよ 平林けい子

心よ、こころよ。主に祈らなければ、心は一年中ゴミの日。ゴミの日にはゴミを捨てる。ゴミのない日はない。小さな、ちいさな粒の中に、怒り、つぶやき、不満がたまっている。心よ、こころよ。イエス様に、このゴミをとってもらってほしい。

2018年08月10日21時13分

月桃通信(2)平和は人間の顔から 石原艶子

月桃通信(2)平和は人間の顔から 石原艶子

「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい」。この聖書のメッセージは、人間が人間であることの基本中の基本を語っていると思います。人間がこの共感する心と感性を失ってしまったら、この世は何と無機質な灰色の世界となってしまうことでしょう。

2018年08月10日20時21分

8泊10日世界一周の旅(5)「19世紀の新天地」を目指して 田頭真一

8泊10日世界一周の旅(5)「19世紀の新天地」を目指して 田頭真一

英国でのホスピス研修、病院見学、観光を終えて、5月3日にロンドンを出発し、最後の目的地、米国へ出発しました。英国から米国へ出発するときの思いは、まるで19世紀の新天地を目指しての旅をするかのような気持ちでした。

2018年08月09日15時10分

穂森幸一

棺体験のススメ 穂森幸一(111)

私は地方教会の牧師として20年間、牧会に専念しました。伝道集会の案内チラシを地域全戸に配布し、新聞の折り込みも利用しました。また、戸別訪問によるキリスト教案内のパンフレット、トラクト配布を試みました。

2018年08月09日12時02分

榮義之

雪よりも白く(5)神の愛 榮義之

11月24日に対馬で伝道している日本人の牧師が種子島の教会に来ました。礼拝に出席し、初めて日本語のお話を聞きました。まず、聖書の神は愛であることが語られました。

2018年08月08日21時38分

山本隆久

子どもを招くイエス(マルコ10章13〜16節) 山本隆久

このイエス様のお言葉と行動は、クリスチャンが、子どもの人格を大切にして尊重する根拠となっています。そして、キリスト教の幼稚園や保育園などでは、このイエス様のおっしゃったこと、なさったことが教育の根幹に置かれています。

2018年08月08日17時31分

後藤牧人

日本宣教論(71)米国内の異文化宣教 後藤牧人

米国の教会は、一般に世界宣教に熱心である。世界各地での宣教の現況に関して、意識が高いことは素晴らしい。世界の宣教の状況には通じており、世界各地のために祈っており、よくささげている。

2018年08月08日15時29分

篠原元著『100人の聖書』

百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(2)江上剛 篠原元

多くの人が、ある日突然交通事故に遭い、ある日突然事件に巻き込まれ、ある日突然この地上を去っていくことになります。今、生かされている者として、一日一日を大切にして、そしてキリストの神様に守ってもらうことが必要です。

2018年08月07日14時07分

京大式・聖書ギリシャ語入門

京大式・聖書ギリシャ語入門(1)原典読解のはじめの一歩 宮川創・福田耕佑

今回からギリシャ語の講座を担当します、宮川創と福田耕佑と申します。タイトルに「京大式」とあるのは、2人が京都大学で共に学び、京大を中心とした東方キリスト教圏研究会の創立メンバーとして切磋琢磨(せっさたくま)してきたからです。

2018年08月06日22時13分

浜島敏

神声人語―御言葉は異文化を超えて―(52)「悔い改め」と「回心」 浜島敏

主の教え、預言者や使徒たちの教えに見られるこれらの偉大な教えは、生きた分かりやすい言葉で説明されなければなりません。御霊の力によって命をもたらすものでなければ、からっぽの貝殻か空虚な生活をもたらすだけの偽りの看板になってしまいます。

2018年08月06日21時10分

万代栄嗣

主により頼む信仰 万代栄嗣

今日は旧約聖書のギデオンの物語から、信仰の力を働かせる秘訣を学びましょう。この頃イスラエルにはリーダーが定まらず、武器もなく、非常に弱い存在でした。刈り入れ時にはいつもミデヤン人の軍勢が来て収穫物を奪い、痛めつけられました。

2018年08月06日19時30分

牧師の小窓(143)アーミッシュから家族について学ぶ・その4 福江等

牧師の小窓(143)アーミッシュから家族について学ぶ・その4 福江等

アーミッシュの人々は、神様が彼らにとって何が最善であるかご存じだと信じています。ですから状況が、彼らが望んだり計画したりしたものにならなかった場合でも、神様はそのような状況を通して善い目的を実現しようとされているという信仰を持っています。

2018年08月05日19時02分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング