後藤牧人

日本宣教論(105)牧師と祖師 後藤牧人

第三に観察したいものは、それら2つのものの一番根底にあるもので、それは「祖師を中心とする僧集団」である。実はこの師父を中心に置く「出家僧の集団」は、日本におけるあらゆる学習集団のいわば真の祖型であると思われる。

2019年11月26日18時20分

万代栄嗣

大祭司キリストの恵み 万代栄嗣

もし一週間を振り返ってさほど大きな出来事がなかったという方がいらしたとしても、今日私たちは、クリスチャンとして忘れてはいけない、大きな恵みを頂いていることを一緒に感謝したいと思います。それは、主イエスによって与えられる恵みです。

2019年11月25日15時57分

牧師の小窓(190)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その1)

牧師の小窓(194)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その5) 福江等

収入の道が閉ざされた上に、婦喜は病気で臥せってしまい、医者に診せることも薬を買うこともままならず、菊栄は考えに考えた末、一つの決断をします。それは花柳界(かりゅうかい)に身を投ずることでありました。

2019年11月24日19時24分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(222)聖書はどんな聖書でもいい? 正木弥

聖書ならどんな聖書でも結構です。新約聖書だけの聖書でも、新約聖書と旧約聖書の両方がついているものでも、分冊聖書といって、例えば、ヨハネ福音書だけの聖書でも構いません。ただし、次の幾つかの点には注意してください。

2019年11月23日20時25分

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(1)ま白い光

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(4)十字架の門

マリヤはうっすらとまぶたを開けました。すると、暗がりに包まれた部屋が、白い粒子がちりばめられたかのように光り輝いていたのです。見慣れたはずの小さな部屋は、まるで神様の幕屋の中であるように神聖な空気に満ちあふれていたのです。

2019年11月22日10時42分

平林けい子

主は生きておられる(125)目覚め 平林けい子

きのうではなく、あすではなく、きょうの目覚め。私の人生にとって、二度とない目覚め。主は言われた、きょうも、生きよ。主が与えてくださったこの24時間、どう過ごそうか。うれしくて、なんだかワクワクする。

2019年11月22日10時21分

臼田宣弘

パウロとフィレモンとオネシモ(4)「戦友アルキポ」―「主に結ばれた者としてゆだねられた務め」とは何か― 臼田宣弘

前回は、フィレモン書1~2節に記されている、この書の名宛人3人のうち、「フィレモンとアフィア」についての私の考えをお伝えしました。今回は、同じく名宛人として上げられている「アルキポ」について、私の考えをお伝えさせていただきます。

2019年11月21日12時22分

ナッシュビルからの愛に触れられて(38)最も小さなナッシュビルツアー(1)Lee大学へ

ナッシュビルからの愛に触れられて(38)最も小さなナッシュビルツアー(1)Lee大学へ

2014年になるまで、ナッシュビルツアーは計3回行ってきた。しかし2014年3月下旬から4月にかけて行ったツアーでは、義弟と私のみという、たった2人の旅、すなわち「最も小さなナッシュビルツアー」となってしまった。

2019年11月21日11時37分

新渡戸稲造

太平洋の橋―新渡戸稲造の生涯(6)台湾の復興を助ける

新渡戸は、世界の人々に堂々と語れる日本の道徳について考え、それを「武士道」に求めた。武士道とは戦争をしたり、争ったりすることではなく、武士の心意気というものは極めて高い倫理性を持っていることを語った。

2019年11月20日13時43分

佐伯玲子

闇から光へ~的外れからの解放~(98)主の御声に聞き従う 佐伯玲子

クリスチャンになって、あらゆる面で価値観が大きく変わっていきました。信仰の過程で、思い違いや行き過ぎなどでつまずくこともありますが、どんな時もただ主だけを仰ぎ見て、主に祈り求め、その御声に聞き従い前進するように努めています。

2019年11月18日23時28分

万代栄嗣

癒やし主キリストの御心 万代栄嗣

イエス様は日々、会堂へ出掛けては福音を語り、多くの人々の病を癒やし、悪霊から解放していました。その癒やしの御業は、イエス様にとって日常でした。このらい病人も、イエス様のお心を求めてやってきました。

2019年11月18日22時54分

月桃通信(15)首里城より大切なもの―それは辺野古・大浦湾の悠久の海 石原艶子

月桃通信(15)首里城より大切なもの―それは辺野古・大浦湾の悠久の海 石原艶子

強く迫ってきた思いは、辺野古・大浦湾を埋め立てて失ってしまったら、二度と永久に戻らないという現実の厳しさでした。だから私は、あえて声を大にして叫びたいのです。首里城よりも大切なものは、神が与えてくださった辺野古・大浦湾の宝の海なんです、と。

2019年11月18日16時58分

牧師の小窓(190)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その1)

牧師の小窓(193)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その4) 福江等

ちょうどその頃、米国の宣教師アンニー・ダウドが校長となってキリスト教の女学校(現在の清和学園)が開校されることになったのです。そして学生を募集していたのです。

2019年11月18日6時57分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(221)聖書は読みづらい? 正木弥

聖書に人名や地名が多数出てくるのは、それが事実の書である証拠です。作り話では、こんなに多数思い付かないし、また書こうともしないでしょう。聖書は架空の書ではなく、事実の書です。

2019年11月17日20時33分

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(1)ま白い光

続・背徳の街のマリヤ~神の花嫁~(3)光の道の始まり

「いいかい、聞きなさい。人は決して見た目なんかではないんだよ。美しさというものはその人の魂からあふれ出るものなんだからね」。今日までサダ姉をよく看てくれたおばあちゃんはそう言って、サダ姉の顔の包帯に手を掛けました。

2019年11月16日22時43分

日本人に寄り添う福音宣教の扉(83)トヨタでの経験は福音宣教に続く 広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(83)トヨタでの経験は福音宣教に続く 広田信也

車好きの私は、憧れのエンジンを前にして、エンジン性能向上の業務に心を躍らせたが、心ならずも、すぐに東富士研究所への転勤となり、ディーゼル車の排気ガス浄化技術を担当することになった。神様が私に与えた職場はそこにあった。

2019年11月16日19時19分

平林けい子

主は生きておられる(124)コバルト色の空 平林けい子

ベランダで洗濯物を干しながら手がとまる。あまりにも美しい空。一点の雲もないコバルト色の空。あの焼けつくように暑かった夏、こんなに爽やかな、こんなに澄み切った朝空。思わず主に話しかける。暑い暑いと騒ぎ立てました。

2019年11月16日17時21分

穂森幸一

神々の国の一神教 穂森幸一(144)

日本は発達した文明国の中で、一神教が浸透できなかった唯一の国であるといわれています。確かにキリスト教は、宣教開始から150年目を迎えても、クリスチャンの数は総人口の1パーセント未満だといわれます。

2019年11月14日18時59分

後藤牧人

日本宣教論(104)芸能者の集団 後藤牧人

このような一般社会人向けの「稽古ごとの集団」の基底をなす層として、職業としての「閉鎖的学習集団」を考えたい。その中でも特に「芸能者の養成のための学習集団」を考える。

2019年11月13日22時55分

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(74)ドワイト・アイゼンハワー 篠原元

百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(24)ドワイト・アイゼンハワー 篠原元

結婚式についてです。既婚者の皆さんも未婚者の皆さんもどうぞ。「私、Y君が現れたとき、『レストランのボーイさんが出てきたのかな?』と思ったんです。でも、そのあと、Rさんが花嫁姿で、バージンロードに現れたときには、感動しましたねぇ」

2019年11月12日17時17分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース