ビリー・グラハム氏

牧師の小窓(134)ビリー・グラハム名言集・その3 福江等

罪はこの宇宙で第2番目に最強の力です。なぜなら罪がイエスを十字架につけたからです。罪よりも強い力が1つだけあります。それは神の愛です。私たちの社会は努力して誰の気分をも害することがないようにしています。神様だけを例外として。

2018年06月03日6時29分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(145)神は信じる者をどうして守ってくれないのか 正木弥

事故、事件、病気などの災いは、苦悩や困難をもたらします。しかし、苦しみ・悩み・困難だけで終わるものではありません。その人を訓練します。それを乗り越える過程で、自分のよくない点、問題点などにも気付かされ、それを直していくことができます。

2018年06月02日11時13分

平林けい子

主は生きておられる(56)イエス様の杖 平林けい子

足が弱って、杖をつくことになった。少しばかり淋しく、悲しい。考えれば、イエス様は良き羊飼い、良き杖。主の杖に導かれたら、谷底に落ちることはない。疲れはてたときは、主の杖にすがる。苦しいときは、主の杖にもたれて力をもらう。

2018年06月01日17時25分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(47)結婚の誓いの更新 広田信也

日本では毎年20万件以上の離婚があり、離婚率は35パーセントに達している。原因、背景はさまざまだが、その代償は大きく、本人たちだけでなく社会全体に大きな負の効果をもたらしている。

2018年05月31日17時21分

穂森幸一

神が選び、祝福される地 穂森幸一(106)

世界のキリスト教について語るときに、カトリック教会とプロテスタント教会に分けられると多くの人は思っています。しかし、プロテスタント教会は宗教改革の時に起きた分派であり、カトリックの支流と考えることもできます。

2018年05月31日17時13分

後藤牧人

日本宣教論(66)自己の文化の絶対化 後藤牧人

文化を考えるのは信仰的でないとする態度は、自分が1つの文化の中にいることを自覚していない。そのため、自分の文化に固執し、自分の文化を絶対視することにつながるのである。

2018年05月30日8時26分

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(96)マーガレット・サッチャー 篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(96)マーガレット・サッチャー 篠原元

「108」と言われて、皆さんは何を思い浮かべますか?いろいろ、思い浮かべるものがあると思います。でも、「茶寿だね!」と言える方は、スゴイですね!茶寿は、108歳のお祝いです。それから、野球の硬式球の縫い目の数も108といわれます。

2018年05月29日7時16分

浜島敏

神声人語―御言葉は異文化を超えて―(47)神は心に語りたもう 浜島敏

「良き訪れ」が人々の心に届くためには、心に語り掛けるような言葉を使わなければなりません。当然、奇妙な例えを使ったり、訳の分からないような比喩表現を使うべきではありません。その言語にすでに備わっている豊かな表現を使うことです。

2018年05月28日10時34分

万代栄嗣

教会に働く聖霊の力 万代栄嗣

キリスト教会には3つの大きな祝い、すなわち、クリスマス、イースター、そして、ペンテコステがあります。教会が誕生したのは、このペンテコステ、聖霊降臨があったからです。その日から2千年間教会は聖霊の命を保ち、証しし続けているのです。

2018年05月28日9時10分

英語お宝情報(29)意味が違えば言い方が異なり、言い方が変われば意味が変わる 木下和好

英語お宝情報(29)意味が違えば言い方が異なり、言い方が変われば意味が変わる 木下和好

言葉による意思疎通は、頭に思い浮かんだ思いを Broca’s Area という脳の部分が文章化し、それを声帯・舌・唇・下顎などを使って音声化し、空気振動という形で聞き手に送り、聞き手の Wernicke’s Area という脳の部分がそれを意味に変換するというプロセスで成り立つ。

2018年05月27日20時31分

ビリー・グラハム氏

牧師の小窓(133)ビリー・グラハム名言集・その2 福江等

神様の恵みが支えることのできないところへ私たちを導かれることは、神様の御心ではありません。神様は何かより良いものと取り替えることなしに、あなたから何かを取り去ることはありません。

2018年05月27日6時37分

福音の回復(61)本当の苦しみは何?本当の慰めは何?(後編)三谷和司

福音の回復(61)本当の苦しみは何?本当の慰めは何?(後編) 三谷和司

神が人にされる「本当の慰め」は、人が抱えている「本当の苦しみ」を解決することに向かう。ゆえに、「本当の苦しみ」が分からなければ「本当の慰め」も見えてこない。そこで、前編では「本当の苦しみ」とは何かを調べた。

2018年05月26日8時49分

福音の回復(61)本当の苦しみは何?本当の慰めは何?(前編) 三谷和司

福音の回復(61)本当の苦しみは何?本当の慰めは何?(前編) 三谷和司

本当の苦しみとは、一体何なのだろう。人は病気になったり、人間関係に行き詰まったり、経済的に行き詰まったり、失敗したり、天変地異に見舞われたり、大切なものを失ったり、そうした困難な出来事に遭うと苦しみを覚えるが、それが本当の苦しみなのだろうか。

2018年05月26日8時48分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(144)短いこの世の人生を最大限に楽しく生きればいい? 正木弥

死後は“無”(何もない)という人にとっては、永遠でないという余地もありますが、それは議論だけのことで、実際には、大半の人が霊魂が何らかの状態で存続していると考えているようですね。

2018年05月26日8時41分

のりぼと神様(1)のりぼという少年

のりぼと神様(最終回)どうしようもない「思い」

のりぼはフロアで昼食の焼きそばを1人で食べました。おばさんは遠くの席で食べているのが見えました。そしてフロアを眺めると、先ほど、あちらの世界で「世界の終わりが近づいた!」と叫んでいた青年も遠くの席にいるのが見えました。

2018年05月25日7時30分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング