京大式・聖書ギリシャ語入門(18)「よい実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる」―受動態(1)―

京大式・聖書ギリシャ語入門(18)「よい実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる」―受動態(1)―

今回の講座では、聖書ギリシャ語における ω 動詞の受動態を扱いたいと思います。そのために今回の本文として、マタイによる福音書3章10節の後半「よい実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる」を選びました。

2020年02月03日23時58分

万代栄嗣

求めるべきものを主に求めよう 万代栄嗣

今年は、「今は恵みの時、今は救いの日です」という、第2コリント6章2節のお言葉を土台として、イエス様からの恵みと救いを実体験していきたいと思います。イエス様は生きて働いておられる方ですから、御業は今も力強く現されるのです。

2020年02月03日13時22分

牧師の小窓(190)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その1)

牧師の小窓(204)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その15) 福江等

ある時、サエという10歳の少女が遠い土地から入園してきました。サエは継母に育てられ、食べる物もまともに食べさせてもらえず、ことごとくつらく扱われたため、継母に対する反逆心から盗み食いをしたり、田畑を荒らしたりし始めました。

2020年02月02日18時38分

佐々木満男

あなたが燃えれば世界が燃える 佐々木満男

私は長い間くすぶっていた。いや、冷え切っていた。表面的にはかなり燃えていた。でも、内心の深いところにはいつも底なしのむなしさがあり、芯は冷え切っていた。誰とも心底から共感したことはなかった。

2020年02月01日19時18分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(232)聞かれない祈りはある? 正木弥

もちろんあります。悪い欲望のための祈り、御心にかなわない祈り、聞かれるまでまだ途中にあるときの祈りなどです。私たちは、自分のしている祈りが神のみこころにかなうものであるのか、そうでないのか、常に点検しながら祈るべきでしょう。

2020年02月01日7時56分

平林けい子

主は生きておられる(135)歳を重ねるにつれて 平林けい子

歳を重ねるにつれて、共感することが多くなる。歳を重ねるにつれて、互いの重荷が分かり合えるようになる。歳を重ねるにつれて、全部話さなくても分かり合えるようになる。

2020年01月31日11時25分

新・景教のたどった道(26)唐代の漢訳書・その2『一神論』(3)世尊布施論② 川口一彦

新・景教のたどった道(26)唐代の漢訳書・その2『一神論』(3)世尊布施論② 川口一彦

「世尊布施論」の山上の説教の一部分を紹介します。本書の中に「飛ぶ鳥を見よ」の漢文があり、その部分を和訳しました。これらをマタイの福音書の山上の説教と比較すると、内容的には似ているものの、表現に違いがあります。

2020年01月30日13時22分

新渡戸稲造

太平洋の橋―新渡戸稲造の生涯(最終回)十字架を負って

新渡戸は心を痛めつつ、講演や著述によって軍国主義の危険性を訴えたが、相変わらず日本国民は彼を非国民呼ばわりし、耳を貸そうとしなかった。そして翌年、ついにあの「松山事件」が起きたのである。

2020年01月29日19時27分

主の祭り(2)祭りの時期と秘められた意味 山崎純二

主の祭り(2)祭りの時期と秘められた意味 山崎純二

前回書いた通り、今年は「祭り」に注目して御言葉を分かち合っていきたいと思いますが、旧約聖書の各種の祭りの中でも、神様は特に年に3度の祭りを大切にするように命じられました。申命記にこうあります。

2020年01月28日10時58分

万代栄嗣

恵みを求める信仰の姿勢 万代栄嗣

今年のテーマとして「A Season of Blessings! A Day of Salvation! 主キリストによる恵みと救いを実体験しよう!」を掲げました。テーマを掲げるだけで終わらないよう、私たちの実生活を整えてまいりましょう。

2020年01月27日11時14分

牧師の小窓(190)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その1)

牧師の小窓(203)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その14) 福江等

岡上菊栄にとって最も養育困難な子どもは盗癖と性的変質者であったそうですが、今回は盗癖のあった五助という少年のことを記してみます。13歳の五助はどんなに用心深く財布を片付けておいても、必ず見つけ出して金を盗むのでした。

2020年01月26日19時06分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(87)「よしこい!」は、心のキャッチボール 広田信也

年初から忙しい日々が続くが、近所に住む愛らしい3歳の孫(男の子)と一緒に過ごす時間が、楽しい気分転換になっている。その孫が半年ほど前から、「じいじ、『よしこい』しよ~」と頻繁に誘ってくるようになった。

2020年01月25日20時17分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(231)祈らないでも、全能の神はご存じなのでは? 正木弥

その通り、神は私の心の中までちゃんと見ています。良いことも、悪いこともご存じです。ただし、私たちの心の中はころころと変転を続け、なかなか留まらない、定まらないのです。

2020年01月25日17時37分

ナッシュビルからの愛に触れられて(39)最も小さなナッシュビルツアー(2)Voices of Lee! 青木保憲

ナッシュビルからの愛に触れられて(39)最も小さなナッシュビルツアー(2)Voices of Lee! 青木保憲

数千人が集まった Lee 大学のチャペルアワー。そこでマイクを握っていたのは、学長のポール・コーン氏であった。彼の父親も Lee 大学の学長を務めており、親子2代で大学を支えていることになる。

2020年01月24日13時59分

平林けい子

主は生きておられる(134)ことごとく祈る 平林けい子

大切なメールを送ったが、ちゃんと着いていなかった。静まった。郵便は、祈ってからポストに入れるのに、メールを送信する前に祈っていなかった。イエス様が、ことごとく祈りなさいと言われたように思った。

2020年01月24日11時35分

穂森幸一

信仰のルーツ 穂森幸一(149)

聖書の中で神は、ご自身を「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神」と表現しておられます。イスラエルの父祖たちは、主なる神と親しく交わり、その交わりの中で信頼関係を築き、信仰生活のひとコマが永遠につながるという経験をしていました。

2020年01月23日16時15分

新・景教のたどった道(25)唐代の漢訳書・その2『一神論』(2)世尊布施論 川口一彦

新・景教のたどった道(25)唐代の漢訳書・その2『一神論』(2)世尊布施論 川口一彦

「世尊布施論」について紹介します。「世尊布施論」を見て聞いて、多くの方は仏教書かと感じるでしょう。以前にイーグレープから『景教』を出版した際にキリスト教書店にも置かれたことがあり、仏教書かと問われたことがありました。

2020年01月23日15時19分

教会の成長拡大に貢献する人財の育成(24)想像力と創造力 ジョシュア佐佐木

教会の成長拡大に貢献する人財の育成(24)想像力と創造力 ジョシュア佐佐木

教会の礼拝が「つまらない」「退屈だ」と感じる方が多いようです。新しい発見や、私たちの冒険心をくすぐるワクワクするような出来事がなく、すべてが簡単に予測できてしまう「先週や先々週と同じ」ことの繰り返しになっているのです。

2020年01月22日13時51分

主の祭り(1)初めに 山崎純二

主の祭り(1)初めに 山崎純二

私は現在、教会内の小さな集まりで毎週メッセージを語らせていただいているのですが、昨年の初めに主任牧師先生が年間のテーマ聖句を決めてくださいました。それは「私たちは主の祭りをするのですから」という出エジプト10:9の御言葉でした。

2020年01月22日11時16分

後藤牧人

日本宣教論(109)教会員制度、教籍の問題 後藤牧人

教会員制度と教会籍とは、神学校の牧会学では教会の基本的な部分であり、教会の運営の基本であるかのごとく教えられている。しかし立ち止まって考えてみると、会員制度なるものは聖書には存在していない。

2020年01月21日18時11分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース