平林けい子

主は生きておられる(82)カーテンをそっと 平林けい子

朝、愛猫に起こされて目覚める。イエス様、おはようございます。カーテンを開ける。カーテンを開けるのがいやだったときがあった。いつまでも開けずにいたいと思っていたとき、イエス様がカーテンを開けてくださった。

2018年11月30日9時58分

穂森幸一

心の通うあいさつ 穂森幸一(119)

初めて米国を訪問し、ホームステイしていたとき、私が最初に英語に接したときのことを聞かれました。私が小学校から中学校に進むとき、英語という新しい教科があることを知り、緊張したことを話しました。

2018年11月29日11時00分

ジョシュア佐佐木

教会の成長拡大に貢献する人財の育成(2)ミニストリーの目的を明確にする ジョシュア佐佐木

教会でのミニストリー(奉仕)の種類はたくさんあります。教会の成長拡大のためには、教会で行われる、すべてのミニストリーに関して高い基準を設定して、奉仕の質を向上させていくことが求められています。

2018年11月28日11時17分

後藤牧人

日本宣教論(79)社会と共同体 後藤牧人

これから考えたいのは、次のことである。それは日本的な価値観が支配している社会の中で「キリスト教会」という礼拝者共同体を形成しようとするとき、どのような日本的現象が起こるのかということである。

2018年11月27日20時57分

子育てパパのキリスト教ひとり言(8)恥ずかしいこと

子育てパパのキリスト教ひとり言(8)恥ずかしいこと

パウロの言葉に「私は福音を恥とは思いません」(ローマ1:16)がある。パウロはなぜこんな言葉を書いたのだろう? 本当は恥ずかしかったから? いや、あのパウロの性格からしてそれはないだろう。

2018年11月27日11時59分

浜島敏

神声人語―御言葉は異文化を超えて―(60)「弟子となる」 浜島敏

弟子となることは交わりの一種です。私たちの「先生」は飢えている魂に講釈を垂れるようなお方ではなく、語り掛けてくださるお方なのです。ケニヤのキプシギス人はこれを「見習い」と呼んでいます。

2018年11月26日12時44分

はっつぁんとかおる姫(1)知っている景色

はっつぁんとかおる姫(1)知っている景色

朝が来ると、胸のしこりがうずきます。鉛のような固いしこりは鈍い痛みを伴って、体をぐんと重くします。かおるの胸のしこりの正体、それは「憎しみ」です。いっそ体を焼かれたほうが楽だ。そう思うほどにそのしこりは熱く焼けただれたように痛みます。

2018年11月25日6時57分

ブーゲンビリアに魅せられて(16)窓の外から歌声が―共に喜び共に泣く 福江等

ブーゲンビリアに魅せられて(16)窓の外から歌声が―共に喜び共に泣く 福江等

同じキャンパスの中で生活を共にしていますと、文化も言葉も背景もまったく異なる者同士でも、大家族のようになってきます。誰かが病気になればできるだけの励ましを与え、経済的にも支援し合います。

2018年11月25日6時36分

福音の回復(74)原罪について―なぜアダムは罪を犯したのか?―前編 三谷和司

福音の回復(74)原罪について―なぜアダムは罪を犯したのか?―後編 三谷和司

「後編」では、なぜアダムは罪を犯したのかを考察し、「悪の起源」を明らかにする。その前に、神から見た人の「罪」を定義しておきたい。それは「不信仰」であり、神を信じないことを指す。

2018年11月24日8時30分

福音の回復(74)原罪について―なぜアダムは罪を犯したのか?―前編 三谷和司

福音の回復(74)原罪について―なぜアダムは罪を犯したのか?―前編 三谷和司

「原罪」という言葉を聞いたことがあるだろうか。「原罪」とは、アダムが犯した最初の罪のことをいう。そして、アダムが罪を犯したことで人の中に罪性(罪を犯す性質)が誕生し、私たちはその罪性をアダムから引き継ぎ、罪を犯すようになったとされる。

2018年11月24日8時29分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(170)神はなぜ悪人をこの世ですぐに罰しないのか 正木弥

悪人であっても後に悔い改めて立ち直ることがあるから、それを求めておられる、待っておられるのです。人生の終わりまできちんと見届けて、最後の審判の時に罰すべきを誤りなく罰し、賞すべきは的確に褒め、報いてくださるのです。

2018年11月24日8時07分

佐々木満男

幸せはあなたの信仰が決める 佐々木満男

2018年8月の内閣府の調査発表によると、「日本人の74・7%が生活に満足している」と知って、大変に驚いた。マスコミの悲観的なニュースや社会一般の否定的な論調から見ると、日本人の生活満足度はもっともっと低いのではないかと思っていた。

2018年11月23日17時01分

平林けい子

主は生きておられる(81)感謝の滝 平林けい子

朝、目覚めた。イエス様、新しい日をありがとうございます。元気に目覚めた92歳の夫、ニャーと目覚めた猫のコンちゃん。もうこれだけで3つも感謝。今から感謝が滝のように流れてくる。

2018年11月23日11時47分

川口一彦

温故知神―福音は東方世界へ(111)大秦景教流行中国碑の現代訳と拓本56 川口一彦

1. 太簇は陰暦の1月7日(現在の2月4日)。2. 大耀森文の日について、神直道著『景教入門』では中期ペルシャ語の ek sanweh の音訳ともいう。碑は週の初めに建てられ、多くの関係者が祝福したと考えられます。

2018年11月22日18時22分

21世紀の神学(7)村上春樹著『沈黙』を読んで 山崎純二

21世紀の神学(7)村上春樹著『沈黙』を読んで 山崎純二

今回は、村上春樹著『沈黙』から書かせていただきたいと思います。この短い短編は、高校2、3年生向けの「集団読書テキスト・第II期B112」(全国学校図書館協議会)にも採用されたことがあるようで、高校の授業で読んだという方もいるかもしれません。

2018年11月21日17時56分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング