浜島敏

神声人語―御言葉は異文化を超えて―(57)主かく語りたもう 浜島敏

神が啓示のために使われた語彙(ごい)には、心に関する言葉とか、教義上、重要な意味を持っている言葉だけではなく、日常生活で体験することを表す言葉も含まれています。それらの体験は天来の正確さで表現されています。

2018年10月15日18時12分

福音の回復(71)人を苦しめているものは何?―十字架に死ぬ―

福音の回復(71)人を苦しめているものは何?―十字架に死ぬ― 三谷和司

人を苦しめているものは一体何なのだろう。人は何に苦しめられているのだろうか。実は、人を真に苦しめているのは内側の苦しみである。聖書はその様子を、次のように表現している。

2018年10月14日21時44分

ブーゲンビリアに魅せられて(10)前向きに明るく生きる―厳しい暮らしの中で 福江等

ブーゲンビリアに魅せられて(10)前向きに明るく生きる―厳しい暮らしの中で 福江等

マニラの神学校の学生たちの中に、特に厳しい状況に置かれている人たちが少なからずいることは、すでに前回書いた通りです。にもかかわらず、前向きにひたむきに歩んでいる人たちから、多くのことを学ばされます。

2018年10月14日20時01分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(164)神はなぜ人を裁くのか? 正木弥

神は人を自由意思を持つものとしてお造りになりました。その自由意思により、人は神に従うか、神よりも自分の考えを基に生きるか(即ち、自分を神の立場にするか)、どちらをも自由に選択できる存在とされました。

2018年10月13日20時22分

ナッシュビルからの愛に触れられて(24)ナッシュビルツアー2012・その1

ナッシュビルからの愛に触れられて(24)ナッシュビルツアー2012・その1 青木保憲

昨年のナッシュビルツアーに引き続き、2012年も学生たちを連れてツアーを敢行した。昨年のツアーは観光がメインであったが、今年はそこにもう一つミッションが加えられた。

2018年10月12日19時02分

佐々木満男

心に太陽を持て 佐々木満男

「君、なんでそんなに明るく楽しそうなんだ?」。学生の頃、バイト先の同僚で、いつも歌をうたいながら仕事をしている男がいた。私はその頃、すべてが思い通りに行かず、将来に失望して落ち込んでいた。

2018年10月12日18時25分

平林けい子

主は生きておられる(75)「しか」ではなく「も」 平林けい子

年を重ねると No more than this これしかないと思ってしまう。立ち止まって考えると、no less than this これもある。おや、これもある。おや、あれもある。年を重ねるからといって「しか」だけ増えることはない。「も」をもっとしっかり見つけたい。

2018年10月12日17時37分

川口一彦

温故知神―福音は東方世界へ(108)大秦景教流行中国碑の現代訳と拓本53 川口一彦

中国が栄えていたときは、東西南北から多くの民族がその益を被るために来ていたことを記します。ここに東方の国とあるのは、恐らく中国から見て日本のことなら、遣唐使のことを指しているのかと考えます。

2018年10月11日19時50分

榮義之

雪よりも白く(9)信じる喜び 榮義之

歌を歌わないで生きてきましたが、教会ではいつも賛美歌を歌います。最初の頃は黙って口だけ動かし、歌詞だけを口ずさんでいました。有名な賛美歌「いつくしみ深き 友なるイエスは・・・」を聞いたとき、イエス様が共にいる恵みを知りました。

2018年10月11日10時29分

山本隆久

イエス・キリストの沈黙(マルコ14章53~65節) 山本隆久

人々は、イエスを大祭司のところへ連れて行った。祭司長、長老、律法学者たちが皆、集まって来た。ペトロは遠く離れてイエスに従い、大祭司の屋敷の中庭まで入って、下役たちと一緒に座って、火にあたっていた。祭司長たちと最高法院の全員は、死刑にするためイエスにとって不利な証言を求めたが、得られなかった。多くの者がイエスに不利な偽証をしたが、その証言は食い違っていたからである。

2018年10月10日17時41分

月桃通信(5)玉城デニー新知事誕生 国が潰せなかったウチナーのチムグクル 石原艶子

月桃通信(5)玉城デニー新知事誕生 国が潰せなかったウチナーのチムグクル 石原艶子

前号の月桃通信は強い危機感を持って書きました。それは名護方式という、あの名護市長選挙での敗北が悪夢のように付きまとっていたからです。もし知事選に敗北したらもう後はないと思いつめ、最悪な事態までも考える中でただ神の助けを祈っていました。

2018年10月09日18時39分

子育てパパのキリスト教ひとり言(1)心から実感する

子育てパパのキリスト教ひとり言(1)心で実感する

「愛しているよ」「大事だよ」「生まれてきてくれてありがとう」。この言葉を言われて心から実感する人はどのくらいいるだろうか。恋人から「愛しているよ」、友人から「大事だよ」、親から「生まれてきてくれてありがとう」。

2018年10月09日7時27分

百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(5)新島襄 篠原元

百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(5)新島襄 篠原元

問題です。20XX年△月〇日正午ごろ、東京都渋谷区の閑静な住宅街で、計画犯によって連続して6人の人が刺されるという事案が発生した。被害者の中には、あなたの友人Aも含まれている。

2018年10月09日6時49分

佐伯玲子

闇から光へ~的外れからの解放~(69)ギリギリの生活 佐伯玲子

離婚から8カ月後の2010年3月。息子と家を出て、近くにある2棟建ての小さなアパートに住み始めました。ここから始まった母子家庭生活は、ますます波乱の連続でした。

2018年10月08日17時24分

ブーゲンビリアに魅せられて(9)父を憎んだけれど―フィリピンの貧困 福江等

ブーゲンビリアに魅せられて(9)父を憎んだけれど―フィリピンの貧困 福江等

フィリピンは、貧富の差が天と地ほど開いています。全人口の数パーセントが国の富を握っており、残りの大多数は貧困層に属しています。貧困層の人々は、どうしてもそこから抜け出る道が見いだせないのです。

2018年10月07日20時41分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング