FINE ROAD(79)ポーランドの教会堂を訪ねて(2)ヤヴォルの平和教会 西村晴道

FINE ROAD(79)ポーランドの教会堂を訪ねて(2)ヤヴォルの平和教会 西村晴道

5)クションシュ城(ポーランドで3番目に大きい城。ヒトラー訪問のための隠し扉も)6)ヤヴォルの平和教会 (旧ルター派。座席数は約6千と木造教会としては世界最大)7)ヴロツワフ市庁舎広場(市庁舎は後期ゴシック様式)

2018年07月19日18時02分

川口一彦

温故知神―福音は東方世界へ(102)大秦景教流行中国碑の現代訳と拓本47 川口一彦

この部分は景教碑を建てる理由と目的が記されてあります。すなわち、神と人に献身的に仕えた伊斯の活躍が景教を立派にしたことで、彼の献身的内容を忘れないために、勲功を記録することが目的でもあったことが第2部の最後に書かれました。

2018年07月19日11時57分

子どもたちをどう守るか―児童福祉の現場から(4)虐待の3つのキーフレーズ

子どもたちをどう守るか―児童福祉の現場から(4)虐待の3つのキーフレーズ

虐待の問題を論じるとき、私たちはその動機を「短絡的」に見てしまいがちです。それは、虐待と向き合うということが、私たち一人一人が抱えている痛みや苦しみ、心の傷をえぐり出し、さらけ出す作業となってしまわざるを得ないからです。

2018年07月19日10時26分

臼田宣弘

コヘレト書を読む(4)「無限」―太陽の下(もと)の循環― 臼田宣弘

今回の箇所も、前回の1章2節と12章8節のように、コヘレト書の終盤の11章7節~12章7節とインクルージオ(囲い込み)を構成していると考えられます。今回「『無限』―太陽の下の循環―」という題と副題を付けさせていただきましたが、11章7節~12章7節も、同じ題と副題が付けられる内容だからです。

2018年07月19日9時34分

ヘボンと日本語訳聖書誕生の物語(1)プロローグ――漂流する聖書

ヘボンと日本語訳聖書誕生の物語(8)希望を持ち帰った船

ところで、「日米修好通商条約」を結ぶためにペリーのあとから来た米公使のハリスは温厚な人格のクリスチャンで、ブラウンとは友人同士だった。ヘボンが日本に来てからはヘボンとも親しくなり、時折彼を公使館に招いていろいろと語り合った。

2018年07月18日19時15分

山本隆久

信仰のない私たち、祈らない私たち(マルコ9章14〜29節) 山本隆久

イエス様がペトロとヤコブ、ヨハネだけを連れて山に上り、ご自身の栄光の姿を現されました。そして、山から下ってくると、群衆が他の弟子たちを取り囲んで大変な騒ぎとなっていました。

2018年07月18日9時17分

百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(1)三浦綾子 篠原元

百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(1)三浦綾子 篠原元

今月から百人一読は、シーズン2に入りました。シーズン1は、毎週火曜連載で2年間続きました。ここまでも、篠原を助け、導いてくださっているキリストの神様にただただ感謝あるのみです。また、このコラムを読んでくださっている皆さんにも感謝しています。

2018年07月17日11時23分

榮義之

雪よりも白く(3)初めて見るアメリカ人、初めての教会 榮義之

星原中学の生徒は通常、中種子高校に進学しますが、私は西之表市の種子島高校に行くことになりました。自炊下宿をしながらの高校生活で、毎日楽しく勉強していました。放課後にアメリカ人の宣教師が学校に来て、英会話のクラスを開いてくれました。

2018年07月16日21時40分

佐伯玲子

闇から光へ~的外れからの解放~(63)「改名」したい! 佐伯玲子

「X神を信じている ! 」と言いながら、いつもどこか満たされない、確信が持てない、そんな心の穴を埋めるように、自分勝手な理由を付け、占いやスピリチュアルに足を踏み入れてしまったことがあったのです。

2018年07月16日12時47分

8泊10日世界一周の旅(3)世界最初の近代ホスピス「セントクリストファーホスピス」 田頭真一

8泊10日世界一周の旅(3)世界最初の近代ホスピス「セントクリストファーホスピス」 田頭真一

中国での講演を終え、4月29日晩に中国を出発し、香港経由で英国に向かいました。合計14時間のフライトで、沖縄から中国までの快適だったビジネスクラスとは異なり、ロンドンへのフライトはエコノミークラスで満席。しかも、最後尾のど真ん中の席。

2018年07月16日11時39分

牧師の小窓(140)アーミッシュから家族について学ぶ・その1 福江等

牧師の小窓(140)アーミッシュから家族について学ぶ・その1 福江等

アーミッシュの共同体は米国のペンシルべニア州とかオハイオ州にあって、現代の便利な電気・ガス・水道とかを使うことなく、牛馬を飼って農耕生活をし、質素ではあるけれど家族の絆を大切にし、精神的に豊かな生活を送ることを目指しています。彼らが大切にしている価値観を15個の箇条書きにまとめてみました。

2018年07月15日17時12分

西日本豪雨で大きな被害を受けた愛媛県西予市野村町の様子=7日(写真:読者提供)

神は存在するのか? 「ノアの洪水」と「紅海の奇跡」から学ぶこと

今回の西日本各地を襲った豪雨で、命を失われた方々の魂の平安をお祈りします。私は今から7年前、東日本大震災が起こった後、その震災の悲惨さから、新聞やテレビで「神はいない」という言葉を、時々、いや何度も、耳にしたことを思い出しています。

2018年07月14日23時34分

聖書をメガネに 『東大教授が挑む AIに「善悪の判断」を教える方法』への応答・その1 宮村武夫

聖書をメガネに 『東大教授が挑む AIに「善悪の判断」を教える方法』への応答・その3 宮村武夫

興味深い本書に対する応答の3回目として、第5回講義、第6回講義に焦点を絞ります。第5回講義においては、「道徳」と「欲」と一見対立するかに見えるものを統合する「人間の行動の基」となる心の作用に注目し、道徳の階層構造を提示しています。

2018年07月14日22時08分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(151)「救い」とは何か? 正木弥

救いとは、一般的には窮地とか苦境からの助け出しをいいますが、特に、命の危機にあって死・滅びから免れること、すなわち「救出」を意味します。その場合、滅びも救いも全人生的なものです。

2018年07月14日21時38分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(50)一粒の麦から 広田信也

聖書の中で「まことに、まことに、あなたがたに告げます。・・・」というキリストの言葉は、私たちにとって重要なメッセージを示すときによく使われる。私たちは心を込めてこの箇所を読まなければならない。

2018年07月13日16時12分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング