はっつぁんとかおる姫(最終回)真っ白な世界

2018年12月30日21時49分 コラムニスト : さとうりょうこ 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

光のまぶしさに目を覚ましました。まぶたの裏が焼けつくような、強烈な光でした。太陽の光が雪に反射して、真夏のようにまぶしい朝が来ておりました。

寝ぼけ眼のまま、コートを羽織り、ポケットにお財布を入れ、長靴を履いて外に出ました。公園に行かなきゃ、はっつぁんのいる公園に。それだけを目指して、一面の銀世界を一歩一歩踏みしめました。白く染まった木の枝から、鳥がさえずり飛び立った姿がまぶしく焼き付きました。

駅に着く頃には、足はくたくたでズボンの裾はびしょ濡れでした。改札の前では駅員さんが拡声器を持ち、積雪のため、電車が遅れているとアナウンスをしています。心に浮かぶのは、雪の中で体を火照らせるはっつぁんの姿です。ズボンの裾を絞って、遅々として来ない電車を待ちました。

ホームには徐々に人が連なって、階段にまで行列が出来ておりました。皆、携帯を見ながらいら立ちを隠せずにいます。ようやく来た列車に、押し合いながら乗り込みました。いつもはガラガラの電車も、今日はようやく立っていられるほどです。電車が動き出すと、どこからともなく安どのため息が聞こえました。

電車を降りると、はっつぁんの公園を目指して歩きました。この街は、誰も起きている人などいないように静まり返っておりました。時折家から人が出てきて、雪に染まった町をまぶしそうに眺めては家の中に戻っていきます。

公園は、深い雪の中に埋まっていました。突然、誰一人人のいない世界に迷い込んだかのような錯覚に陥りました。人の気配のしない代わりに、雪や、花たちがきらめいて、小さな動物や虫たちの息づかいも聞こえるようです。

真っ白な世界に立ちすくみ、かおるは辺りを見渡しました。そこはまるで聖域でした。雪に埋もれた木々から差す木漏れ日は、神様の御手のようでした。雪をかぶって赤く映える椿が、誇らしくきらめいておりました。

「いらっしゃい」。かすかな声に振り向くと、椿が笑ったような気がしました。木立の間、光の御手の陽だまりに、はっつぁんの姿を見つけました。

優しいほほ笑みで、小鳥のさえずりを喜んで、光に体を温められてうれしそうにしております。仲良しの小鳥が、はっつぁんの姿に喜んで、チィチィとさえずります。ぼさぼさ頭の野良猫も、はっつぁんにすり寄り、愛撫をねだります。まるで、花や木々の緑も、はっつぁんのために咲き、芽吹いているかのようでした。

「はっつぁん・・・」。かおるは、自分が今まで、とても小さな囲いの中で生きてきたような気がしました。それは、社会や常識で築き上げた檻でした。はっつぁんは、そんな檻とは違うところで、ずっと自由に、こうやって生きていたことを見たようでした。

はっつぁんはかおるに気付くと、困ったような顔をしてほほ笑みました。かおるも照れるように笑いながら、はっつぁんのそばに近づき、雪の中、はっつぁんの隣に腰掛けました。

突然、遠くから音楽が聞こえてくるような気がしました。それは光のさざめきの音や、水面の波紋や、木々が枝をしならせる音や、鳥たちが飛び立つ音で出来ている音楽でした。そしてはっつぁんが、その音楽に合わせてハミングをしていることに気付きました。

はっつぁんの見つめていた光を見上げました。そこは、まぶしすぎる白の世界でした。真白く輝く天から、神様の愛が流れ出て、この世界に、はっつぁんに、そしてかおるに惜しみなく注いでいることを目にしました。

その愛は、まったき愛でしかありませんでした。細々とした文句や、小さな条件など一つもない、ただまったき愛でした。心に抱えていた小さなわだかまりの積み重なりや、小さな傷跡の積み重なりや、憎しみや言い訳の積み重なりが、雪のようにじんわりと溶けていくのを感じていました。

生きていることが素晴らしいことで、私たちはただ愛されていることを知りました。そして、その愛は、イエス様の十字架に完全に表れていることを知りました。神様は本当に私たちを「愛しているから」、イエス様をお与えになった。そしてイエス様も、私たちを「愛しているから」、十字架にかかられた。私たちの深い罪を憐れんで、罪に戯れる幼子を抱き上げて、みもとに引き寄せるように、ご自身の命を与えられた・・・。

聖書を読んで、知っていたつもりでいたことを、心に触れるように理解しました。自分はなんて罪深かったのだろう、と思いました。こんな愛から顔を背けて、自分の考え、自分の気持ちを握りしめて、神様の愛を受けようともしないのですから。神様はただ、与えたいお方であり、受け取らないことを「罪」と名付けたのでしょう。私たちは神様の「愛したい」ものなのですから。

はっつぁんを見ると、はっつぁんもかおるを見てほほ笑みました。顔の赤いはっつぁんは、やっぱり熱があるのかもしれません。でもかおるは、たとえそうであっても恐ろしくないなと思いました。病も、老いも・・・いつか私たちが天に召されたとしても、それはひとつも恐ろしいことではないと、思えたのです。神様はただ、与え続ける存在です。それがたとえ、死であっても・・・。

突然、目に映る情景がすべて、細かな粒子で出来ているような気がしました。雪に埋もれた花や草、光の帯も、その色の一粒一粒まで見える気がするのです。粒子の一粒一粒は、世界そのものを映すように、多様な色で輝いていました。

天から差す、真白き光は、神様の輪郭を表すよう。私たちは、ただ愛によって、命の粒子を交換し合い、ここには老いや死も訪れないような気がしました。・・・それはまるで、エデンの記憶が呼び覚まされるようでした。私たちの命の奥底には、エデンの記憶があり、ですから私たちは永遠を覚えており、そして神様を知っているのかもしれません。

はっつぁんのハミングがやみました。かおるはゆっくりとはっつぁんのほうを見ました。「はっつぁん」と呼びかけたとき、そこにはっつぁんの姿はありませんでした。はっつぁんの座っていたはずの場所は、雪が積もったままで、まるであとかたもなく、はっつぁんは消えていたのです。

かおるは目を丸くして、はっつぁんを探しました。「はっつぁん!」「はっつぁん!」。雪を踏みしめ、よろけながら歩きました。すると、公衆トイレの裏のベンチの上に、かおるの渡した水筒が、立てかけてありました。ゆすると、中身は空っぽでした。「はっつぁん!」。かおるはありったけの声で叫びました。声は雪に吸い込まれるかのように、すぐに静寂が広がりました。

なぜか、涙がこぼれました。はっつぁんが自分には手の届かない遠くに、行ってしまったような気がしたのです。「神様、神様、はっつぁんに会わせてください」。両手を組んで祈りました。光はただ、木々のすき間から差し込んで、ゆっくり雪を温め、溶かしておりました。

かおるは毎日、アルバイトのある日も、はっつぁんを訪ねて公園に足を運びました。しかし、はっつぁんに会えることはありませんでした。

教会で、一緒に炊き出しをした先輩から、「大雪の日に死んだ人がいるらしい」と聞きました。もしかしたらそれは、はっつぁんであるかもしれないし、はっつぁんではないかもしれません。どちらにせよはっつぁんは、あの白い光の中で、小鳥や木々や花、猫たちと共にいるような気がしました。あの白い光の世界、神様の愛をまっすぐに感じた世界、そこにはっつぁんは今もいる・・・。そんな予感が、はっつぁんのいない不安や寂しさを和らげてくれました。

かおるは、はっつぁんにいろいろなスープを作っていた、あの平安で満ち足りた気持ちで台所に立っていました。じゃがいもとニンジン、白滝と豚肉を煮込んで、肉じゃがを作っているのです。はっつぁんの公園を今日も訪ねて、はっつぁんが今日もいなかったら、その足で実家に行って、お父さんが食べるように、玄関のドアにかけておこうと思っています。

昨日不思議な夢を見ました。幼い自分がブランコをこいでいると、お父さんが満面の笑みで背中を押しているのです。「かおる姫、もっと高くこげ!」。お父さんはとっても幸せそうで、全身でかおるを愛していました。

目覚めると、小さい頃に父親に「かおる姫」なんて呼ばれていたことを思い出しました。「姫だったんだ」。お父さんの姫。・・・そんな時があった。そしてかおるは顔を覆って、さめざめと泣いたのです。

・・・ゆるせない思いや自分への言い訳、そんなものを抱え込んだ私たちは、それでも一歩一歩を歩みます。悲しいほどに、小さな一歩を積み重ねて、一日、一年を過ごします。

「一歩」。それはとてもしんどく大変なものもあるでしょう。何年もかけてようやく踏み出せる一歩もあるでしょう。それでも神様はその「一歩一歩」を、心のゆらぎの隅々まで見守ってくださるお方です。そして、かおるは確信しておりました。その一歩一歩の先に、はっつぁんと座った白の世界があることを。

真白き光のような御手の中で、はっつぁんと話したいことがたくさんあります。神様のこと、自分のこと、はっつぁんの歩んだ人生について。その一歩一歩の隅々まで。(おわり)

<<前回へ

さとうりょうこ

1978年生まれ。埼玉県在住。2013年、友人の導きにより、日本ホーリネス教団久喜キリスト教会において信仰を持つ。現在、県内の障がい者施設で働きながら、加須市の東埼玉バプテスト教会に通い、2018年4月1日イースターに木田浩靖牧師のもとでバプテスマを受ける。フェイスブックページ「さとうりょうこ 祈りの部屋」。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング