主が与え、主が取られた(2) 井原博子

2016年9月24日21時43分 コラムニスト : 井原博子 印刷
関連タグ:井原博子

以前の原稿から何カ月も空いてしまいました。

最初に父のことを書こうと思ったときには、父は脳内出血で倒れたとはいえまだ反応がある状態でした。それが脳梗塞を併発し、思ったより麻痺の進行が早く、しかも意識はあるので、目がいかにも無念そうです。

あの、84歳にして四国中の野山をオートバイや自動車で駆け回るほどアクティブだった父、ひとときもじっとしていられなかった、しかも、おいしいものに目がなかった父が、自分では手足も動かせず、栄養は鼻から胃に差し込まれたチューブで送り込まれ、命をつないでいます。目で何かを訴えるのですが、私には何を言っているのか分かりません。

つまり、元気な頃の父が最も恐れていて、最も軽蔑していた状態で日々が過ぎていっているのです。痛ましく、あまりの落差に目まいがするほどです。

私が父のためにできることはもうほとんどありません。祈ること、せめて、できる限り想像力を働かせて父に明るく話し掛けることだけ。そして、おむつを補充し、洗濯物を持ち帰っては洗って乾かし、また病院へ届けることだけになってしまいました。

父は健康が自慢でした。生涯趣味を追いかけ、極めることに誇りを持っていました。私たち娘の世話も振り切り、老後を誰よりも充実して自立して過ごしていることが自慢だったのです。

その父が丸太のようにゴロンと転がり目で無念を訴えるのに接するとき、私にある思いがこみ上げてきます。

人は人生の最後には全ての誇りをはぎ取られ、神だけの御前に立たせられ、無力な自分に向き合わなければならないことを。

この原稿を書き始めたとき、私は主が父からどのようにして優しく車やオートバイの運転を取り上げてくださったかをユーモラスに証しするつもりだったのですが、父のことが今は日々痛ましく、心の整理もついていないので、もう少し後になって許されるなら書かせていただこうと思います。

父はたくさん計画を持っていました。明日は何をしようか、今年もそれぞれの季節には四国の花の盛りや紅葉をカメラに収めねばと、一年中もくろんで飛び回って大忙しでした。また、孫やひ孫のために良いことを願い実行してくれていました。

けれどもそれは突然断ち切られ、中断されたまま、カメラや三脚が部屋に残されています。

いつか私にもそういう日がやって来る、それは明日かもしれないし、と、恐れと厳粛な思いにとらわれずにはいられません。(つづく)

<<前回へ

井原博子

井原博子(いはら・ひろこ)

1955年、愛媛県伊予三島(現四国中央市)生まれ。大学入試に大失敗し、これだけは嫌だと思っていた「地元で就職」の道をたどる羽目に。泣く泣く入社した会社の本棚にあった三浦綾子の『道ありき』を読み、強い力に引き寄せられるようにして近くのキリスト教会に導かれ、間もなく洗礼を受けた。「イエス様のために働きたい」という思いが4年がかりで育ち、東京基督教短期大学に入学。卒業後は信徒伝道者として働き、当時京都にあった宣教師訓練センターでの訓練と学びを経て、88年に結婚。二人の息子を授かる。現在は、四国中央市にある土居キリスト教会で協力牧師として働き、牧師、主婦、母親として奔走する日々を送る。趣味は書くこと。

関連タグ:井原博子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース