合言葉はあいらぶゆ(1)ぷろろーぐ しらかわひろこ

2015年4月5日20時24分 コラムニスト : しらかわひろこ 印刷
関連タグ:しらかわひろこ

ぷろろーぐ

私の家は、居間と座敷がふすま一枚でつながっている。夏冬、エアコンをかけているのに、夫やまだ幼かった長男二男は、居間から出るたび、ふすまを開けたままにしていた。

「開けたら閉めてね」。そのたび私が注意していたら、ある日、息子がにこにこしながら現れ、「もう母さんが言わんでええようにしてあげたよ。こっち来て」。彼に手をひかれ行ったふすまには、青いクレヨンで大きく、「あけただ、しめる」と書いてあった。これが長男。

同じ頃、家族で回転寿司へ行った。もうひとりの息子が、メロンが欲しいと言う。見ると、お皿の色が違う。値段は高いのに、固くてまずそう。モッタイナイ。

私は彼の耳元でささやいた。「家帰ったら、冷蔵庫にスイカあるからね。メロンはやめとこうね」。息子は太陽のような笑顔になった。彼はスイカが大好物。そのあと、目の前にメロンの皿が回転してくるたび、それはうれしそうに、「めろん、ばいばい」と叫び続けた。これが、二男。

「めろん、ばいばい」のエピソードは、毎日新聞に投稿して採用されたことがある。「ボクのことが新聞に載った」と喜んでいた二男は、小学校中学年くらいから「母さんは、僕の恥を全国にさらした」と怒るようになった。ので、私はこれから連載させていただくエッセイの中で、長男を息子A、二男のことを息子Bと呼ぶことにする。もうすぐ25歳、26歳になる息子たちとの良好な関係のために。

息子A&Bは、ふたりとも日曜日に生まれた。いつもなら教会へ行って礼拝している時間に、私は陣痛に襲われていたわけで。

(文・しらかわひろこ)

(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(最終回)

関連タグ:しらかわひろこ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース