ゴキブリキラーは天国へ行った(1) 井原博子

2015年3月8日16時12分 コラムニスト : 井原博子 印刷
関連タグ:井原博子

50年ほど前、目の前をゴキブリが走った。キングサイズの見事なゴキブリ。と、素早い手がそのゴキブリを捕まえ、ボキッと折ってごみ箱に捨てた。その間、わずかゼロコンマ何秒の早業。

まだ小学生だった私と妹がびっくりしてその手の主を見ると、そこには夏のだぼっとしたおばさんワンピを着た中年女性が、がははと笑っている。目もそらさず話も途切れさせず退治した彼女を、私と妹はちょっと嫌悪、ちょっと尊敬の目で見上げた。

彼女の名は菊江。私の祖父の妹だったが、私の母の兄と結婚した。その後、自分の甥である私の父と、自分の義妹である私の母との縁談をまとめ結婚させた。それで、彼女は私の大叔母であり私の伯母でもある。昔はどこの家も子どもが多かったので、こういうややこしい関係はよくあったようだ。

彼女はアブナイ人だった。ゴキブリにとってだけでなく、わたしたち子どもにとっても。私の生家は代々長男の母屋だったし、ゴッドマザーの曾祖母もまだ健在だったので、菊江伯母を含む親戚がいつも出入りして、にぎやかだった。

大人たちが話しているとき、座がどっと湧く。その中には、たいていこの菊江伯母がいた。そしてまだ若かった母が顔を赤らめながら、子どもたちに「あっちへ行って遊んできなさい」と命じるのだった。愉快でエッチでかなり下品なところもある。それが菊江伯母という人。彼女の苦労は多かった。

結婚した伯父は、長男長女が生まれても仕事が長続きせず、いつも貧乏だった。菊江伯母は重い荷物と大きなお腹を抱えて行商して、ひたすら働いた。続いて二女が生まれたが、重度の障害を負っていた。それでも叔父は働かない。そして二男が生まれた。子どもは4人になったが、生活はますます苦しくなった。

菊江伯母は、行商の傍ら保険会社に勤め、親戚中勧誘して回っていた。菊江伯母が泣いているのを聞いたことがある。夜、自分の母親である私の曾祖母に訴えながら泣いていた。私の部屋はふすま隔てて曾祖母の隣だったので聞こえたのだが、「借金しに行ったら、居留守使われた。はがい(口惜しい)」。大人が泣いている。それも日頃笑ってばかりいる菊江伯母が。私は驚き悲しくなった。

伯母は、どこへでも、はっきりと障害の目立つ自分の娘を連れていきかわいがっていた。働かない伯父とも睦まじかった。自分の姉妹の病気の時など親身だった。

私は彼女が好きだった。でも、まさかその菊江伯母が、イエス様を信じて救われるなんて。それも親戚のトップを飾って。(続く)

井原博子

井原博子(いはら・ひろこ)

1955年、愛媛県伊予三島(現四国中央市)生まれ。大学入試に大失敗し、これだけは嫌だと思っていた「地元で就職」の道をたどる羽目に。泣く泣く入社した会社の本棚にあった三浦綾子の『道ありき』を読み、強い力に引き寄せられるようにして近くのキリスト教会に導かれ、間もなく洗礼を受けた。「イエス様のために働きたい」という思いが4年がかりで育ち、東京基督教短期大学に入学。卒業後は信徒伝道者として働き、当時京都にあった宣教師訓練センターでの訓練と学びを経て、88年に結婚。二人の息子を授かる。現在は、四国中央市にある土居キリスト教会で協力牧師として働き、牧師、主婦、母親として奔走する日々を送る。趣味は書くこと。

関連タグ:井原博子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース