イエス・キリストに魅了された人(11)岩松、その後・・・約束を待ち望んで 井原博子

2015年2月17日09時55分 コラムニスト : 井原博子 印刷
関連タグ:井原博子
+井原博子氏

中川義雄さんは、1987年1月19日に天に召された。由子さんは、お父さんのことをこう記している。

「ぶっきらぼうな父ではありますが、イエス・キリストに魅了され、主のために夢を追い続けた一生だったと思わされています。教会堂、祈祷院建築という夢を実現させると、さっさと天国へ行ってしまいました」

2004年1月3日、カズ子夫人も亡くなった。天国では、中川さんが「世界一の妻がやっと来た」とのろけているのではないかしら。

今回、これを書く許可を得るため、新垣牧師宅に電話し、さらに原稿をお送りし、私の記憶違いがないかどうか、チェックしていただいた。ご夫妻の声を聞いて、岩松に行きたくなってしまった。

しばらくお邪魔していないが、もしお訪ねしたら、中年になった新垣夫妻が暖かく迎えて下さるだろう。家は適度に散らかり(我が家のように)、由子夫人の手料理は、ヘルシーでおいしい。長らくご病気だったお母様、カズ子さんのため、病人食を工夫してこられたのだ。

長女の栄恵ちゃんは自閉症だ。彼女のことで人に気を遣い、頭を下げることも多い。20歳前後の頃は、栄恵ちゃんの力が強くなっていたので、由子さんは、家の中でもヘルメットをかぶっていたという。

由子さんは時に悩み、「自閉症の子どもは、持ってみないとその気持ちは決してわからない」「娘が静かに一緒に礼拝を守れるよう祈ってください」と書き送ってくる。

けれども「私はこの子を産んで育ててよかった」と言い切る。「栄恵のおかげで障害児のお母さんたちとのつながりができてね、クリスマスに100人くらい来てくれたんよ、感謝!」と声弾ませる。成人して力も強くなった栄恵ちゃんを、達也牧師が愛情深く受け止め世話されるのだそうだ。

食後、新垣牧師夫妻と私は、コーヒーを飲みながら、思い出話やこれからのビジョンをあれこれ。そして達也先生が、沖縄のイントネーションでのろけ始める。「よっちゃんはね、すばらしい伴侶なんですよ」。出たあ。TCCの同級生の間で、達也先生ののろけは有名。

「あ~、そうですか」。私は伝助餅をほおばり、牧師館の窓越しに、大きな星々を眺める。数えきれないその星の下では、大きな祈祷院が十字架を光らせ、静かにリバイバルの時を待っている。この祈祷院を見て、生きた証の新垣牧師夫妻にお会いするだけでも、信仰がリバイバルされることうけあいである。

まあ、いっぺん、岩松にきさいや。

祈り

宇和島に下りただけで
主の臨在を感じ、
津島の町に近づくだけで
聖霊に打たれ、
祈祷院で祈る祈りはみな
応えられていきますように。

新垣達也牧師、由子牧師

(終)

■ イエス・キリストに魅了された人:(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)

井原博子(いはら・ひろこ)

1955年、愛媛県伊予三島(現四国中央市)生まれ。大学入試に大失敗し、これだけは嫌だと思っていた「地元で就職」の道をたどる羽目に。泣く泣く入社した会社の本棚にあった三浦綾子の『道ありき』を読み、強い力に引き寄せられるようにして近くのキリスト教会に導かれ、間もなく洗礼を受けた。「イエス様のために働きたい」という思いが4年がかりで育ち、東京基督教短期大学に入学。卒業後は信徒伝道者として働き、当時京都にあった宣教師訓練センターでの訓練と学びを経て、88年に結婚。二人の息子を授かる。現在は、四国中央市にある土居キリスト教会で協力牧師として働き、牧師、主婦、母親として奔走する日々を送る。趣味は書くこと。

関連タグ:井原博子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース