イエス・キリストに魅了された人(10)祈祷院の使命 井原博子

2015年2月6日07時15分 コラムニスト : 井原博子 印刷
関連タグ:井原博子
+井原博子氏

新垣牧師夫妻の願いは、中川さんを通して建てられた祈祷院が、もっと用いられることである。達也牧師は、天のお父さん(神様)が、なんでも備えて下さると自慢する。たとえば・・・。

松山から沖縄までの直行便就航

達也牧師が結婚して岩松に赴任した直後、最寄りの松山空港から沖縄那覇空港までの直行便が就航した。これは、達也牧師が故郷に帰省しやすいようにとの、天の父のご配慮なのである。

南楽園、完成

教会から車で30分ほどのところに、大きな日本庭園ができた。周囲の山々を借景とし、四季折々に咲く花は、本当に美しい。茶店や喫茶店、宇和島の名物料理を食べさせる大きなレストランもある。

達也牧師によると、これは、修養会などで教会に集う人々が、しばし南楽園へ行き、神様が作られた自然の素晴らしさや花の愛らしさを満喫するため、神様がプレゼントしてくださったのである。

大型レジャー施設

これまた、CSキャンプの子どもたちが、温水やジャンボすべり台など、とりどりのプールで楽しめるようにと、神様が行政に働きかけられて作ってくださったのである。

温泉施設

車で5分くらいのところに、大浴場からサウナ、露天風呂まで楽しめる温泉施設が作られた。子どものための、小ぶりの温水プールもある。祈祷院に来る方が、祈りの合間に散歩がてら行って汗を流し、さっぱりして帰ってきては、また神様と対面している。

これも天の父が教会のために作ってくださったのであるが、一般の人々にも好評で、よく利用されている。

こうして達也牧師に鼻高々に自慢されると、「なるほど! 天の父は、なんと良くしてくださること」と思えてくるから不思議だ。

岩松キリスト教会のある津島町は、山・川・海に恵まれた地形で、特に、瀬戸内海と太平洋が混じり合い、新鮮で多彩な魚が捕れる。

ひとつお勧めしたい店がある。教会から10分ほど車を走らせたところにある、カフェ「磯」だ。三角形の店内は、壁にぎっしり魚拓が貼られ、週刊誌やマンガと共に釣りの雑誌のバックナンバーが几帳面に並べられている。店名からもわかるように、マスターが釣り大好きで、客も釣り人が多く、マスターと、釣果や潮の具合、釣り舟のプランなどで盛り上がっている。

そういえばあのマスター、なんとかいうおさかなに似ていた。・・・何だったかな~?オ・・・オコ・・・オコゼ? 何だったかなぁ? ああ、もう何年も行ってないので忘れてしまった。実際に行かれた方は「なるほど」と納得されるだろう。奥さまは対照的に、小柄で楚々としてよく働く方だった。

肝心なのは、味。磯は雰囲気もいいけれど、出される料理の味が良い。食後のコーヒーは、マスターのご自慢。カウンターの向こう側の棚は、100以上の小さな正方形に仕切られていて、種類・形・色、すべて違うコーヒーカップがびっしり収められている。客は好みのカップと豆をリクエストできる。

中川店長はこのお店がごひいきだった。教会やお店のお客様は、たいてい「磯」に案内されていた。かの夏休み、TCCのかおちゃん、さっちゃん、しらちゃんも、ここでごちそうになったと記憶している。

岩松には、しゃれた雑貨屋さんやスウィーツのお店もあり、若い女性も楽しめそうだ。瀬戸内海に、しまなみ海道、瀬戸大橋、鳴門大橋がかかり、四国のハイウェイも整備されて、岩松がぐんと近くなった。

由子さんの結婚後も、神様の奇跡はやまない。

■ イエス・キリストに魅了された人:(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)

井原博子(いはら・ひろこ)

1955年、愛媛県伊予三島(現四国中央市)生まれ。大学入試に大失敗し、これだけは嫌だと思っていた「地元で就職」の道をたどる羽目に。泣く泣く入社した会社の本棚にあった三浦綾子の『道ありき』を読み、強い力に引き寄せられるようにして近くのキリスト教会に導かれ、間もなく洗礼を受けた。「イエス様のために働きたい」という思いが4年がかりで育ち、東京基督教短期大学に入学。卒業後は信徒伝道者として働き、当時京都にあった宣教師訓練センターでの訓練と学びを経て、88年に結婚。二人の息子を授かる。現在は、四国中央市にある土居キリスト教会で協力牧師として働き、牧師、主婦、母親として奔走する日々を送る。趣味は書くこと。

関連タグ:井原博子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース