まことの喜び

イ・ヨンフン

まことの喜び(40)イエス様のいない空っぽの船の人生 イ・ヨンフン

ペテロは復活されたイエス様に出会った後も、イエス様の元を離れ、漁をしていた以前の漁師の人生へと戻っていきました。そんなある日、魚をとろうと一晩中、網をおろしましたが、たったの1匹もとれませんでした。

2017年06月12日7時55分

イ・ヨンフン

まことの喜び(39)召しに従って生きる人生 イ・ヨンフン

人は誰もが、1度きりの人生を、幸せな生きがいのある、意味深いものとして生きたいと願います。しかし、私たちがいくら努力するとしても、まことの喜びと幸せを得ることはできません。

2017年05月29日15時07分

イ・ヨンフン

まことの喜び(38)過越しの小羊 イ・ヨンフン

主の頭には茨の冠が被せられ、両手と両足は十字架に釘づけられ、わき腹は槍で刺し通されました。そして、鞭に打たれた全身は血だらけでした。当時においてローマ兵士の鞭は牛の皮を乾かして作ったもので、先端には鋭い獣の骨や鉄の欠片(かけら)が付いている悪名高き刑罰道具でした。

2017年05月16日6時37分

イ・ヨンフン

まことの喜び(37)神様を喜ばせた従順 イ・ヨンフン

イエス様の一生は、苦難の一生でした。生まれた時はヘロデ王が殺そうとしたので、エジプトに2年間ほど身を隠さなければなりませんでした。その後ナザレに来て、父親ヨセフを手伝って大工の仕事を学びました。

2017年05月01日8時02分

イ・ヨンフン

まことの喜び(36)イエス様の従順と神様の喜び イ・ヨンフン

キリスト教信仰は、イエス・キリストという確かな対象から始まります。そういう意味から、イエス・キリストにつき従う者をキリスト者と呼び、私たちの信仰はイエス様がどんな方かを知るところから出発します。

2017年04月17日7時03分

イ・ヨンフン

まことの喜び(35)へりくだって、神様と共に歩む イ・ヨンフン

「へりくだりなさい」というのは、静かに過ごしなさいという言葉ではありません。しばしば、足で踏みにじられる踏み台のように生きるのが、人々は謙遜だと誤解します。謙遜とは、そのように踏みにじられながら生きることではなく、私たちの元の姿通りに生きることです。

2017年04月03日7時53分

イ・ヨンフン

まことの喜び(34)愛の神様 イ・ヨンフン

誠実を愛するという言葉には、2つの意味が込められています。すなわち「他人を赦(ゆる)すこと」と「他人を憐れむこと」です。

2017年03月20日8時01分

イ・ヨンフン

まことの喜び(33)正義の神様 イ・ヨンフン

当時のイスラエルの問題は指導者の堕落にありました。指導者が正しく立ってこそ、国も正しく立つのです。彼らがどれほどの悪を行ったかについて、聖書は次のように記録しています。

2017年03月06日7時08分

イ・ヨンフン

まことの喜び(32)真理の神様と共に歩みなさい イ・ヨンフン

聖書は、私たちが神様にとって喜びとなる人生を生きる方法は真理のうちに歩むことだと言っています。救われたことだけで満足し、真理を無視するのは、恵みを受けたキリスト者の妥当な反応だとは言えません。

2017年02月20日14時09分

イ・ヨンフン

まことの喜び(31)使命によって脈打つ心臓 イ・ヨンフン

神様は裸足で立っているモーセに対して、イスラエルの民をエジプトから導き出すという使命を下さいました。神様はエジプトにいるイスラエルの民の苦しみをご覧になり、彼らが奴隷生活を送りながら叫ぶ祈りを聞かれたからです。

2017年02月06日12時21分

イ・ヨンフン

まことの喜び(30)靴を脱ぎなさい・その2 イ・ヨンフン

旧約聖書を見ると、靴は地位と権利を象徴します。従って、靴を脱ぐというのは権利と地位を放棄することを意味します。神様はモーセに対して、もう自分を完全に放棄し、全てにおいて神様により頼みなさいとおっしゃっています。

2017年01月25日6時04分

イ・ヨンフン

まことの喜び(29)靴を脱ぎなさい イ・ヨンフン

モーセが柴の火を見ようと進み出たとき、神様はモーセに「あなたの足のくつを脱げ。あなたの立っている場所は、聖なる地である」とおっしゃられました。旧約聖書を見ると、神様の人々は聖なる場所で靴を脱ぎました。モーセだけでなく、ヨシュアも靴を脱ぎました。

2017年01月09日10時48分

イ・ヨンフン

まことの喜び(28)神様の臨在を慕い求めなさい イ・ヨンフン

キリスト者の喜びは、世の中と神様との間で葛藤しないという聖(きよ)さに表れます。これは、私たちがキリストの中で新しい被造物へと造り変えられたという意味でもあります。新しい創造への招待は、以前とは全く異なった新しい人生への招待です。

2016年12月26日15時28分

イ・ヨンフン

まことの喜び(27)私にとって、毎日が死の連続です イ・ヨンフン

ローマ時代のキリスト者たちは、正体が発覚したら逮捕されて拷問を受けました。裁判官たちは彼らに、イエス様を否定して皇帝万歳を叫べば助けてやると勧めたりもしました。多くの人々が命を守るために妥協しました。彼らは、より大きな審判が後にあることを知らなかったからです。

2016年12月12日6時26分

イ・ヨンフン

まことの喜び(26)十字架を喜びなさい イ・ヨンフン

「自分の十字架を負う」というのは、神様から任された使命のために、必ず私たちが背負うべき何かがあることを意味します。それは、私たちがイエス様の弟子だから受ける迫害、理由のない苦しみ、悲しみ、犠牲、損害、殉教までをも耐え忍ぶということです。

2016年11月15日19時57分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング