トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯

アルベルト・シュバイツァー博士

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯(14・最終回)暗きを照らす光

1950年。新しいハンセン病患者の病棟が完成した。久しい間夢見ていたものだった。シュヴァイツァーは自分で工事の監督をし、自分の手で波形トタンを取り付けた。そして、ここではハンセン病絶滅のために最新の米国式諸方法が取られた。

2017年02月02日19時14分

アルベルト・シュバイツァー博士

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯(13)世界をつなぐ友情の輪

1945年1月。シュヴァイツァーは70歳になった。すると世界はラジオ放送や彼の事業を支援するために作られた「ランバレネ財団」を通じてそのことを知った。

2017年01月20日10時57分

アルベルト・シュバイツァー博士

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯(12)生き物は、全て兄弟である

1935年。シュヴァイツァーは、ランバレネに5度目の滞在をする。この頃には、黒人たちは皆、ドクトルや夫人、そして病院で働く医師や看護師たちの献身的な姿の中に「畏敬の念」を感じ取っていた。

2017年01月10日14時27分

牧師の小窓(33)福江等

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯(11)人間が真に偉大になるとき

彼はヨーロッパに一度戻り、ヘレーネ夫人と娘レーナと共に束の間の憩いの中に過ごした。しかし、アメリカその他から講演の依頼があり、演奏のほうも続けなくてはならないので、長く留まることはできなかった。

2016年12月23日5時54分

牧師の小窓(33)福江等

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯(10)新しい病院とエデンの園

1924年4月19日。シュヴァイツァーは、再びランバレネに到着。今回は、夫人が健康を害しているため、オックスフォード大学学生ノエル・ジルスピーが同行した。

2016年12月08日15時02分

牧師の小窓(33)福江等

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯(9)戦争に引き裂かれて

1917年。ヨーロッパは戦争によって2つに分裂し、税の負担で窮乏生活に陥った友人たちは、シュヴァイツァーへの援助ができなくなったと知らせてきた。しかし、ランバレネでは相も変わらず病人、けが人が押し寄せ、増加する一方だった。

2016年11月29日17時00分

牧師の小窓(33)福江等

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯(8)生命への畏敬

1914年8月5日。その日のうちにフランス地区司令官のもとから黒人兵がやって来て、「シュヴァイツァー夫妻はフランス領に住むドイツ国籍の者なので、捕虜として自宅に留まることは許可するが、黒人とも伝道所の白人とも連絡することを禁ずる」と宣言した。

2016年11月15日18時57分

牧師の小窓(33)福江等

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯(7)ジャングルの病院

シュヴァイツァーは、病院のために見つけた場所が不適切であることを知り、もっと良い場所を探すためにカヌーで50キロ上流の別の伝道所まで来た。

2016年10月27日23時11分

牧師の小窓(33)福江等

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯(6)オガンガがやって来た!

アフリカのコンゴ地方。オゴーウェ河がギネア湾に流れ込む所で、一艘(いっそう)の蒸気船が停泊していた。そして、シュヴァイツァー夫妻を乗せると、ゆっくり幅広い流れをさかのぼって行った。

2016年10月12日20時04分

牧師の小窓(33)福江等

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯(5)大きな体の医学生

シュヴァイツァーは医学生になるために、医学部長フェーリング博士に届けを出した。いよいよ絶えざる疲労との闘いが始まったのである。彼は大きな体をこごめるようにして、年下の青年たちと共に解剖学、生理学、化学物理学、植物学などの講義を受けた。

2016年09月08日18時41分

牧師の小窓(33)福江等

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯(4)神の目くばせ

1898年5月6日。シュヴァイツァーは第一次神学国家試験に合格。そして年額1200マルクの奨学金を受けることができた。その後彼は、テオバルト・ティグラー教授の勧めにより、哲学の学位論文に手をつけることにした。

2016年08月25日7時50分

牧師の小窓(33)福江等

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯(3)30歳までは学問を

1893年6月。シュヴァイツァーはシュトラスブルク大学の入学試験を受ける。その4カ月後、彼はパリに来ていた。ここで彼はこの大都市に住む伯母の紹介でパリ音楽院の教師シャルル・マリ・ヴィドールのもとを訪ねた。運命的な出会いだった。

2016年08月12日17時11分

牧師の小窓(33)福江等

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯(2)音楽は天からの声

祖父のシリンガー牧師は、よく孫たちを集めてはオルガンで美しいメロディーを弾いて聴かせたので、アルベルトも早くから音楽的天分を呼び覚まされた。

2016年08月01日14時27分

牧師の小窓(33)福江等

生命への畏敬―アルベルト・シュヴァイツァーの生涯(1)動物の苦しみ

1875年1月14日。アルザスのカイザーベルクにある赤レンガ屋根の家に男の子が誕生した。父親は教区の牧師代理ルードヴィヒ・シュヴァイツァー、母親はアデーレと言った。母方の祖父シリンガーはやはり牧師で学校教師、オルガンの名手でかつオルガン製作者でもあった。

2016年07月15日19時52分

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング