トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

ドナルド・トランプ

ドナルド・トランプ米大統領

トランプ大統領指揮下の米国 問題は「分断」ではなく「根幹のメルトダウン」! 青木保憲

筆者は「分断」という表現に納得がいかない。果たして米国は赤(共和党より)と青(民主党より)に分断しつつあるのか。むしろ、もっと大切な国家機能が溶解(メルトダウン)していると捉えた方がいいのではないだろうか。

2017年02月24日14時33分

マイク・ペンス米副大統領、職務の指針としている聖句を明かす

マイク・ペンス米副大統領、職務の指針としている聖句を明かす

トランプ政権で副大統領に就任したマイク・ペンス氏(57)。米国という超大国の行政府第2位の官職に着いた同氏は、一体どのような聖書の言葉を指針に職務を行っているのだろうか。

2017年02月12日23時51分

イラクの総大司教がトランプ氏に警告 「キリスト教徒を助けていると思っているが、事態を悪化させる」

イラクの総大司教がトランプ氏に警告 「キリスト教徒を助けていると思っているが、事態を悪化させる」

イラクのカルデア典礼カトリック教会のトップ、バビロン総大司教ルイス・ラファエル・サコは、ドナルド・トランプ米大統領がキリスト教徒の難民を優遇する方針を示していることについて、中東のキリスト教徒にとって益である以上に害となると警告した。

2017年02月10日14時58分

「神がおられる限り、決して独りではない」 米国家朝祷会でトランプ氏

「神がおられる限り、決して独りではない」 米国家朝祷会でトランプ氏

ドナルド・トランプ米大統領は2日、国家朝餐祈祷会で演説し、宗教の自由に対する脅威に危機感を示す一方、「神がおられる限り、私たちは決して独りではありません」と語った。また、宗教団体の政治活動を妨げる「ジョンソン修正条項」を撤廃するとした公約を繰り返し述べた。

2017年02月04日22時35分

情報収集が逆に疑心暗鬼を生み出す そんな現代を切り取る巨匠オリバー・ストーンの最新作「スノーデン」

情報収集が逆に疑心暗鬼を生み出す そんな現代を切り取る巨匠オリバー・ストーンの最新作「スノーデン」

興行成績は振るわない。しかし内容は、彼が一貫して描いてきた強者の論理を暴露するジャーナリズム、という立場からは全くズレていなかった。そして、劇中何度も登場するオバマ前大統領の8年間を概観するという骨子がはっきりと見て取れる快作となっている。

2017年02月04日20時20分

「トランプ大統領、もう一度考え直してください」 米福音派指導者ら、難民入国停止の再考を嘆願

「トランプ大統領、もう一度考え直して」 米福音派指導者ら、難民入国停止の再考を嘆願

米国のプロテスタント福音派の指導者たちが、難民受け入れを一時停止させる大統領令の再考を求めて、ドナルド・トランプ大統領とマイク・ペンス副大統領に書簡を送った。書簡の署名者には、米国福音同盟(NAE)会長や米国ワールド・ビジョン会長らが名を連ねている。

2017年02月02日23時56分

トランプ氏のキリスト教難民優遇方針、支援団体でも見解分かれる

トランプ氏のキリスト教難民優遇方針、支援団体でも見解分かれる

難民受け入れの一時停止などを命じた、ドナルド・トランプ米大統領の大統領令を受け、キリスト教の迫害監視団体や難民支援団体などの間で見解が分かれている。世界的な迫害に拍車を掛けるだけだと指摘する声がある一方、大統領令の本質的な意味を読み取るよう訴えた。

2017年01月31日23時59分

トランプ米大統領、迫害下のキリスト教難民の受け入れ優遇を表明

トランプ米大統領、迫害下のキリスト教難民の受け入れ優遇を表明

トランプ氏は27日、米国における難民政策と査証(ビザ)政策を厳格化する新たな大統領令への署名に先立ち、キリスト教系の米CBNニュースのインタビューに応じ、「私たちは、彼ら(迫害下にあるキリスト教徒)を助けます。彼らはとんでもない扱いを受けているからです」と語った。

2017年01月30日20時27分

ローマ教皇フランシスコ

トランプ大統領に対する判断は時期尚早 教皇「様子を見守る必要ある」

ローマ教皇フランシスコは、ポピュリズム(大衆迎合主義)の台頭や、ヒトラーのような支配者が権力を振るう危機に対して注意を呼び掛ける一方、米国のドナルド・トランプ新大統領に関して早急な判断を下さないよう促した。

2017年01月27日22時33分

トランプ米大統領、中絶支援NGOへの助成禁止 プロライフの立場明確に

トランプ米大統領、中絶支援NGOへの助成禁止 プロライフの立場明確に

ドナルド・トランプ米大統領は、本格的な執務初日となった23日、海外で人工妊娠中絶や中絶教育の支援をする非政府組織(NGO)に対して、米国の連邦助成金を用いることを禁じる大統領令に署名し、「メキシコシティー政策」を復活させた。

2017年01月24日22時13分

新大統領就任式 2冊の聖書と強い指導者、名もなき人々、アメリカファースト、詩編133篇

トランプ新大統領就任式 2冊の聖書と強い指導者、名もなき人々、アメリカファースト、詩編133編

全世界から注目を集めた第45代米国大統領の就任式をリアルタイムで見て、そこから垣間見えることを幾つか列挙したい。もちろん、全てが予見できるわけではない。しかし、少なくともトランプ大統領の発言からつかみ取ることができたことを述べてみたいと思う。

2017年01月21日9時51分

トランプ氏、リンカーンの聖書と自身の家庭用聖書で大統領就任の宣誓

トランプ氏、リンカーンの聖書と自身の家庭用聖書で大統領就任の宣誓

ドナルド・トランプ氏は、20日に行われる米大統領就任式で、第16代大統領のアブラハム・リンカーンが就任時に使った聖書と自身が家庭で使っている聖書を用いて宣誓を行う。宣誓の際、2冊の聖書は閉じられ、それぞれを重ね合わせて使うという。

2017年01月19日20時26分

パレスチナのアッバス議長が教皇と会談、トランプ氏を警戒か

パレスチナのアッバス議長が教皇と会談、トランプ氏を警戒か

パレスチナ自治政府のマフムード・アッバス議長は14日、バチカン(ローマ教皇庁)でローマ教皇フランシスコと約20分間会談した。世界各地のテロ・過激主義と闘う重要性や、イスラエルとの和平プロセスなどについて話し合った模様。

2017年01月17日17時34分

ホワイトハウス

キリスト教から米大統領選を見る(26)トランプ新大統領誕生が意味するもの 連載コラムの御礼と最後に

さまざまなトラブルに見舞われながらも、恐らくはきちんとした形の就任式になることであろうから、その点は心配していない。むしろ気になるのは、トランプ大統領の言動を評価し、それを伝えるメディアの旧態依然とした姿勢と方法論である。

2017年01月16日21時46分

進歩主義の信仰指導者ら、トランプ氏に会談要望 公開書簡に2400人以上が署名

進歩主義の信仰指導者ら、トランプ氏に会談要望 公開書簡に2400人以上が署名

米国の進歩的な信仰団体が、ドナルド・トランプ米次期大統領に「道徳的アジェンダ」を推進することを望んで会談を求める公開書簡(英語)を発表し、信仰指導者を自認する2400人以上が署名した。また、1万人近い「道徳活動家」も署名し、賛同の意を示したという。

2017年01月13日17時44分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング