渡辺俊彦の記事一覧

渡辺俊彦

こころと魂の健康(58)神の御心 渡辺俊彦

私たちは、病気をすると症状にあった薬を処方されます。しかし、がんや難病の方々は長い病気との戦いに心身共に疲れてしまいます。そして、万能薬があったらと思うものです。

2018年01月09日7時59分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(57)見過ごしていませんか 渡辺俊彦

最近、多くのクリスチャンたちの心の叫びに耳を傾けることが多い。その中で、共通の葛藤があることに気が付かされます。きっと昔も今も変わらない心の葛藤なのでしょう。

2017年12月08日22時52分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(56)自己実現について 渡辺俊彦

私だけではないと思いますが、随分前から多くのクリスチャンや牧師たちの中で自己実現という言葉を耳にします。牧師たちの中には、「教会は牧師にとって自己実現の場である」と言う人さえ存在します。驚くべき言葉です。このような理解は、教会の私物化ということに他なりません。

2017年11月11日7時57分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(55)私の存在価値はどこから 渡辺俊彦

昔も今も共通している、クリスチャンの悩みの1つが奉仕と愛のバーンアウト(燃え尽き症候群)です。昔よりも現代の方が多いように感じます。多くのクリスチャンの方々の話に耳を傾けていると、次のように感じることが少なくありません。

2017年10月08日5時51分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(54)躾(訓練)という名の人権侵害 渡辺俊彦

現在「躾(しつけ)」という漢字は当用漢字から消えています。なぜそうなったのかは分かりません。しかし、躾は身を美しくすると書きます。身を美しくすることは、社会性を身につけることです。にもかかわらず、躾という名の虐待が後を絶ちません。

2017年09月11日7時02分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(53)成熟したパーソナリティーとは何か 渡辺俊彦

私たち(牧師、相談業務)は、さまざまな問題や課題について相談されることが日常的です。それだけ専門性とアセスメント力が求められます。しかし、ふと気が付くことは、「成熟したパーソナリティーとはどんな姿か」を理解しているのかということです。この点は盲点のように感じます。

2017年08月13日20時37分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(52)従順とは何だろう 渡辺俊彦

従順という言葉から何を連想しますか。別な表現をすると「従う」ということです。私が献身し神学校に入学した途端に求められたことは「従順」(従う)ということでした。

2017年07月05日7時51分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(51)なぜ誕生日を祝うのか 渡辺俊彦

私たちは「なぜ誕生日を祝う」のでしょうか。私たちの生活の中で誕生日が1つの行事になっていないでしょうか。誕生日には、子どもたちの嗜好(しこう)に合わせた食事とケーキを食べ、お祝いします。

2017年06月06日7時40分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(50)なぜ福音が届きにくくなったのか 渡辺俊彦

ずいぶん前から「最近は昔のように福音が届かなくなった」という言葉をよく耳にします。そのため、多くの牧師や教会は「なぜだろう」と悶々(もんもん)とする日々を過ごしています。

2017年05月02日14時13分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(49)静寂を通して 渡辺俊彦

静まることの意味について考えてみましょう。私たちは、ひとり静かに自分と向き合う時間が必要です。しかし、現代人は時間に追われる日々を過ごしている人が少なくありません。

2017年04月08日13時25分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(48)怒りにコントロールされていませんか 渡辺俊彦

日常で怒りを感じたことがない人は、存在しません。もし、怒りを感じたことのない人がいたら、お会いしたいと思うくらいです。怒りを感じたとき、怒りを数値で表現してみるとよいと思います。すると、自分のうちに起こっている怒りのレベルを客観的に知ることができます。

2017年03月04日8時13分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(46)受け入れることは難しい 渡辺俊彦

私たちは、日常のさまざまな人間関係の中で人を受け入れる難しさを経験していると思うのです。教会でも同じことが言えるでしょう。

2017年01月07日22時08分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(45)問題となるパーソナリティーと牧師・その3:完全主義者 渡辺俊彦

問題となるパーソナリティーについて連続で検討して3回目です。今回は、完全主義者について検討してみましょう。完全主義ということについて、核信念の視点からすると「強迫観念的核信念」と思われます。別な言い方をすると律法主義的ということです。

2016年12月25日23時53分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(44)問題となるパーソナリティーと牧師・その2:受動攻撃型 渡辺俊彦

日本人に多いパーソナリティーの1つである「受動攻撃型(性)」と教会生活の関係について見ていきましょう。私たちは時々、「良い子」が周囲を驚かせるような事件を起こすというニュースを耳にします。

2016年11月16日15時57分

渡辺俊彦

こころと魂の健康(43)問題となるパーソナリティーと牧師:依存型 渡辺俊彦

私たち日本人の人間関係の距離の取り方には、1つの特徴があります。それは、依存型の人が多いということです。依存型の人は、少しのことで落ち込みやすく、うつになりやすい傾向を持っています。

2016年10月08日16時31分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング