三谷和司の記事一覧

三谷和司

福音の回復(20)イエスの足跡・その3:人の真実な姿 三谷和司

私たちは、人の価値を判断する眼鏡を持っている。その眼鏡を「価値観」というが、その眼鏡が仮に故障していて、本来「○」である自分を「×」にしていたならどうだろう。本人は「○」であるにもかかわらず「×」だと思って生きることになる。

2016年10月12日15時28分

三谷和司

福音の回復(19)イエスの足跡・その2:価値観のチェック 三谷和司

同じ出来事に対し、ある人は良かったと言い、ある人は悪かったと言う。この違いは、人の価値観の違いによる。自分を「ダメな者」と思うのも、「良き者」と思うのも、全ては人が持つ価値観に左右される。本人の資質に左右されるわけではない。

2016年09月28日23時21分

三谷和司

福音の回復(18)イエスの足跡・その1:価値観の働き 三谷和司

聖書はイエスのことを、「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」(ヨハネ1:29)と言い、罪を取り除くために来られたことを証しする。「キリストが現れたのは罪を取り除くためであったことを、あなたがたは知っています」(Ⅰヨハネ3:5)

2016年09月14日16時48分

三谷和司

福音の回復(17)神の恵み 三谷和司

生きるために、人は「神の言葉」を必要とする。「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる」(マタイ4:4)。だから敵は、人が「神の言葉」を食べられないよう罠を仕掛けてくる。

2016年08月31日7時59分

三谷和司

福音の回復(16)本当の戦い 三谷和司

人が生きるには「神の言葉」を必要とする。「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる」(マタイ4:4)。しかし、「神の言葉」を食べさせない敵がいる。その敵は、「この世の心づかい」と「富の惑わし」だとイエスは言われた。

2016年08月17日6時45分

三谷和司

福音の回復(15)戦う相手は誰? 三谷和司

人の問題は、心の糧として必要な「神の言葉」が食べられないことにある。そのせいで、人は「つらさ」を覚える。そこで、「神の言葉」を食べさせない「敵の全貌」を明らかにしてきた。

2016年08月03日11時26分

三谷和司

福音の回復(14)恐れ 三谷和司

イエスは、「この世の心づかい」と「富の惑わし」という「経験」が御言葉をふさぐと言われた。その「経験」には、人の価値を「うわべ」で判断させ、見えるものに「安心」と「安全」を確保させようとする「肉の価値観」が潜んでいた。

2016年07月20日9時56分

三谷和司

福音の回復(13)律法 三谷和司

イエスは、「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる」(マタイ4:4)と言われた。人が生きるには、「神の言葉」を必要とすると言われた。ところが、「神の言葉」をふさぐ敵がいる。

2016年07月07日10時33分

福音の回復(12)「共通の価値観」 三谷和司

福音の回復(12)共通の価値観 三谷和司

人は神との結びつきを失う「死」を背負って以来、神に愛されていることが見えなくなり、永遠に生きることもできなくなった。

2016年06月23日9時55分

三谷和司

福音の回復(11)褒められた理由 三谷和司

前回に続き、自らの「経験」に惑わされ、「神の言葉」がふさがれてしまう体験をしてみたい。その前に、私たちが共通に積み上げてきた「経験」がどのようなものか確認しておこう。

2016年06月08日21時34分

三谷和司

福音の回復(10)実を結ばない者 三谷和司

「死」は、神と人との関係を壊し、人に対し、見えるものにしがみつかずにはいられなくした。見えるもので安心するという、御心に反する「経験」を積み上げさせた。

2016年05月25日7時51分

三谷和司

福音の回復(9)「死」が原因 三谷和司

神に似せて造られた人に、なぜ御心に反する生き方ができるのか。なぜ御心に反する「経験」を積み上げることができるようになったのか。その疑問を解くために、アダムとエバが罪を犯したことで入り込んだ「死」について見てきた。

2016年05月11日7時01分

福音の回復(8)「死」とは何か 三谷和司

福音の回復(8)「死」とは何か 三谷和司

人の脳には、積み上げてきた「経験」を基に意味を補完する機能がある。「有名な外科医」と聞くと人は「男性」を連想するが、そうした連想が脳による「補完機能」である。

2016年05月01日0時23分

三谷和司

福音の回復(7)補完機能 三谷和司

イエスは、私たちが当たり前のように積み上げてきた「この世の心づかい」と「富の惑わし」という「経験」が御言葉をふさぐと言われた。

2016年04月13日17時16分

三谷和司

福音の回復(6)惑わされても気付かない 三谷和司

私たちを惑わし、罪を犯させてくる敵は、自らが積み上げてきた「経験」である。ところが、人は自らの「経験」に惑わされるとは夢にも思わない。そのため、惑わされても全く気付かない。気付かないから、前回述べたような甚大な被害が人に及ぶ。

2016年03月30日21時42分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング