三谷和司の記事一覧

福音の回復(49)十字架の意味(前編) 三谷和司

福音の回復(49)十字架の意味(後編) 三谷和司

キリストの十字架は、私たちの罪を背負った十字架であった。その罪とは「神と異なる思い」であり、それは神との結びつきを失う「死」が原因であった。罪となる「神と異なる思い」は、まさしく「死」から来た「とげ」であった。

2017年12月09日19時08分

福音の回復(49)十字架の意味(前編) 三谷和司

福音の回復(49)十字架の意味(前編) 三谷和司

なぜ、キリストは十字架にかかられたのか。どうして、十字架にかかる必要があったのか。今回は、「十字架の意味」について考えてみたい。十字架の意味については、昔から議論が繰り返されてきたが、今回はその議論に参戦してみたい。

2017年12月09日19時07分

三谷和司

福音の回復(48)罪の源流を探る―2つの罪 三谷和司

今回は、「罪」の理解を深めるために「罪の源流」を探ってみたい。源流が分かれば「罪」の姿も鮮明になり、どうして罪を「死に至らない罪」と「死に至る罪」に分類するのかも分かるようになる。

2017年11月23日18時39分

三谷和司

福音の回復(47)救いは取り消されることがある? それともない? 三谷和司

今回のコラムは、いったん手にした「救いの義」が、行いによって取り消されることがあり得るのか、あるいは「堕落」は可能なのかについて考えてみたい。要は、本当に信じるだけで救いが確定し、何があろうとも天国に行けるのかということである。

2017年11月08日6時19分

三谷和司

福音の回復(46)信じるだけで救われる―2つの義 三谷和司

今回のコラムは、神からの「義」は2つあることを説明したい。それが分かると、聖書は一貫して、「信じるだけで救われる」ことを、すなわち神の「恩恵」を受け取りさえすれば救われることを教えていると分かる。

2017年10月26日16時04分

三谷和司

福音の回復(45)誰が救われるの?―信仰による義認、予定説(後編) 三谷和司

日本で広く使われている聖書は、「新共同訳聖書」「口語訳聖書」「新改訳聖書」であろう。それらの聖書には、イエス・キリストを信じる「信仰」によって人は義とされることが書かれている。

2017年10月13日6時52分

三谷和司

福音の回復(45)誰が救われるの?―信仰による義認、予定説(前編) 三谷和司

今回は、「信仰による義認」を再解釈し、前回述べた救いの話との整合性を試みてみたい。最初に、人が救いに至るまでの道のりを見ておこう。それを見ると、従来の「予定説」や「信仰による義認」が支持される背景がよく分かる。

2017年10月13日6時50分

三谷和司

福音の回復(44)誰が救われるの?―障がい者の救い(後編)

聖書は、イエス・キリストのことを、「永遠のいのち」とも表現する。したがって、神との結びつきを取り戻すという「救い」は、人が「永遠のいのち」に接ぎ木されることを意味する。

2017年09月28日7時29分

三谷和司

福音の回復(44)誰が救われるの?―障がい者の救い(前編)

これは、ある教会で実際に起きた出来事である。クリスチャンの親が、成人した自分の息子を連れて教会に通っていた。息子は知的障がい者で、上手く話すことはできなかったが、賛美するときは手を挙げ、一生懸命口をもぐもぐさせていた。

2017年09月28日7時28分

福音の回復(43)不安とは何?―不安の正しい解決

福音の回復(43)不安とは何?―不安の正しい解決 三谷和司

人は訳も分からず「不安」になる。一生懸命生きているのに、一生懸命頑張っているのに、「不安」は消えない。何をしようとも「不安」がつきまとってくる。一体、「不安」の正体は何なのだろうか。私たちはなぜ「不安」になるのだろう。

2017年09月13日5時49分

福音の回復(42)弱さとは何? 三谷和司

福音の回復(42)弱さとは何? 三谷和司

前回のコラムでは、「愛」について詳しく説明した。「愛」とは、神と結びつこうとする内なる運動である。人の本質は、そうした運動をするように造られていた。

2017年08月30日6時42分

福音の回復(41)愛とは何?―苦しみからの解放 三谷和司

福音の回復(41)愛とは何?―苦しみからの解放 三谷和司

今回のコラムは、「愛」について語りたい。「愛」と聞いて、ある人は、愛とは寛容で、親切でといった話を連想するかもしれない。ある人は、愛に満ちた神の話を連想するかもしれない。しかし、これからしようとするのはまったく次元の異なる「愛」の話である。

2017年08月16日14時54分

三谷和司

福音の回復(40)真の勇気―それは絶望する勇気 三谷和司

プールで飛び込みができない男の子がいた。一緒にいた母親は叫んだ。「飛び込む“勇気”もないの」と。その昔、敵の攻撃に怯(おび)える兵士に向かって王は叫んだ。「敵と戦う“勇気”ある者はいないか」と。ある時、駅のホームから落ちた老人がいた。すぐさま若者が飛び降り老人を助けた。

2017年08月02日7時29分

三谷和司

福音の回復(39)迷い出た羊 三谷和司

ある時、卑しい者と呼ばれていた取税人や、罪人と呼ばれていた人たちが皆、イエスの話を聞こうと集まって来た。イエスは、そんな彼らを喜んで受け入れ、一緒に食事までした。

2017年07月19日7時04分

三谷和司

福音の回復(38)ノアの箱舟 三谷和司

人は「ノアの箱舟」の話をどう読むだろう。一般に「ノアの箱舟」は、神が人の罪を見て怒り、人を造ったことを悔やんで滅ぼした出来事として読まれる。人は「ノアの箱舟」を、神が人の罪を裁くことを教えた話として読む。

2017年07月05日7時40分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング