英語お宝情報(24)インド人青年と中学生の友情 木下和好

英語お宝情報(24)インド人青年と中学生の友情 木下和好

中学生だった私は、英語をアメリカ人レベルに話すことに憧れ、実際その方向に向かって学びに励んでいた。それで私は、なるべく多くの英語を母国語とする人たちと出会うことを望んでいた。

2018年03月12日20時21分

牧師の小窓(123)H兄からの手紙 福江等

牧師の小窓(123)H兄からの手紙 福江等

今回のコラムでは、私どもの教会の1人のクリスチャンについてご紹介したいと願っています。お名前はH兄としておきます。この方は92歳とご高齢になり、動脈瘤という危険なものを心臓の近くに抱えながらも、お元気に過ごしていらっしゃいました。

2018年03月12日19時48分

多くのクリスチャンが取り除かなければならない聖書的ではない3つの態度

多くのクリスチャンが取り除かなければならない聖書的ではない3つの態度

キリストの性質に形づくられるという過程には、神に敵対する態度を取り除き、キリストのような態度に置き換えることが含まれる。では、神が私たちから取り除こうとしておられる態度とは何だろうか。

2018年03月10日23時48分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(133)人生の運・不運、神はどうして不合理なことをするのか? 正木弥

運・不運は、人間の努力や心掛けと関係なく、好都合な事態、あるいは不都合な事態になることをいいます。どうしてそうなるのか、人間には分かりません。分からないことは、人生で幾つもあります。例えば、そもそもの「生まれ」もそうです。

2018年03月10日21時58分

聖書をメガネに 国立公文書館訪問記―加藤丈夫館長から「時を貫く記録を守る」を学ぶ 宮村武夫

聖書をメガネに 国立公文書館訪問記―加藤丈夫館長から「時を貫く記録を守る」を学ぶ 宮村武夫

3月8日午後3時、雨が降り寒さを覚える中、北の丸公園隣接の国立公文書館を訪問、私より40歳以上若い矢田喬大社長と共に、加藤丈夫館長からよく整い静かな情熱が伝わってくる特別講義を、家庭教師から教えられるように拝聴する機会を与えられました。

2018年03月10日20時42分

神と素晴らしい「静思の時(ディボーション)」を持つための3つのヒント

神と素晴らしい「静思の時(ディボーション)」を持つための3つのヒント

クリスチャンは、祈り、礼拝し、聖書を読むために、まとまった時間を取り、またその時間をより充実したものにするよう、奨励されている。この鍛錬は「静思の時」または「ディボーション」などと呼ばれ、神との日々の歩みにおいて最も重要なものだ。

2018年03月09日22時12分

現代世界と終末論(5)キリスト再臨こそ真の希望 込堂一博

現代世界と終末論(5)キリスト再臨こそ真の希望 込堂一博

2月21日、ビリー・グラハム氏は99歳で天に召された。私は、青年時代に直接、そのメッセージを何回も聞く機会に恵まれ、同氏の著作『神との平和』『世界は燃えている』『聖霊』『天使』などから、多くの信仰的励ましを頂いてきた。

2018年03月09日14時03分

平林けい子

主は生きておられる(44)後期高齢者の恵み 平林けい子

後期高齢者の恵みってありますか。医療費ですか。いいえ。助けをお願いすることがいっぱいいっぱい増えるので、感謝することがいっぱいいっぱい増えるのです。小さな感謝、中くらいの感謝、大きな感謝。後期高齢者は、感謝の鈴なりではありませんか。

2018年03月09日9時42分

フランシスコ・ザビエル像

戦国に光を掲げて―フランシスコ・ザヴィエルの生涯(12)いつまでも続く希望

一行が豊後に着いたのは、10月初旬のことであった。日出の港には、ポルトガル船が停泊しており、ポルトガル商人メンデス・ピントーと船長ドアルテ・デ・ガマはザヴィエルと抱き合って再会を喜んだ。

2018年03月08日18時18分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(41)お話し相手・付き添いサービス 広田信也

ブレス・ユア・ホームの提供するサービスの中に、「お話し相手・付き添いサービス」というものがある。高齢化社会の必要に応える、関心の高い事業内容が案内されていることから、当社のホームページの中では閲覧頻度が極めて高い。

2018年03月08日11時45分

後藤牧人

日本宣教論(60)神社神道の成立 後藤牧人

こうして、曲折を経て成立した神社神道であった。政府は、主要な神社を官営とし、運営費と人件費のすべてを公費で負担した。これらは大・中・小の官幣社と国幣社である。さらに、県社、郡社、村社など、地方行政が負担するものがあった。

2018年03月07日17時11分

菅野直基

最高の人生とはどんな人生? 菅野直基

若い頃、「抜け目なく振る舞い、人生のチャンピオンになろう!」と思って頑張っていました。でも、いつも人生のチャンピオンでいることは不可能です。坂道をのぼれば、坂道をおりなければなりません。ギターの弦を張って演奏し終わったら、弦をゆるめなければなりません。

2018年03月07日16時16分

ナッシュビルからの愛に触れられて(17)クライストチャーチの礼拝に出席! 青木保憲

ナッシュビルからの愛に触れられて(17)クライストチャーチの礼拝に出席! 青木保憲

ナッシュビルツアー最大のイベント、それはクライストチャーチの礼拝に出席することである。こういった体験はなかなか日本ではできない。大きなイベントであれば大集会を計画することは可能だが、通常の礼拝で2千人規模の集会を体験することは、まず日本ではあり得ない。

2018年03月06日21時02分

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(84)ダグラス・マッカーサー  篠原元

百人一読―偉人と聖書の出会いから―(84)ダグラス・マッカーサー  篠原元

日本と世界の歴史にかなりの影響を与えたマッカーサー元帥。就寝前には必ず聖書を読むほど熱心なクリスチャンだったようです。彼がこう言っています。「私はクリスチャンとして育ち、キリスト教の教えを心から信じている・・・」

2018年03月06日15時41分

神声人語―御言葉は異文化を超えて―(41)ハイラム・ビンガム 浜島敏

神声人語―御言葉は異文化を超えて―(41)ハイラム・ビンガム 浜島敏

南太平洋にある環礁の1つで、鬱蒼(うっそう)としたジャングルの緑の葉の中から1人の褐色肌の現地人が現れました。兵隊が振り向いてライフルを向ける間もないほどの速さでした。

2018年03月05日23時00分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング